昭和四十六年 大久保清の犯罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭和四十六年 大久保清の犯罪
ジャンル ノンフィクションドラマ
原作 筑波昭『昭和46年、群馬の春 大久保清の犯罪』
脚本 池端俊策
演出 山泉脩
出演者 ビートたけし
手塚理美
音楽 三宅榛名 
時代設定 1971年
製作
製作総指揮 堀川とんこう
プロデューサー 八木康夫
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年8月29日
放送時間 月曜21:02 - 22:54
放送分 112分
回数 1
テンプレートを表示

昭和四十六年 大久保清の犯罪』(しょうわよんじゅうろくねん おおくぼきよしのはんざい)は、1983年8月29日の21時02分 - 22時54分にTBS系列で放送された、単発のテレビドラマ。副題は「戦後最大の連続女性誘拐殺人事件」である。

概要[編集]

筑波昭の著書『昭和四十六年、群馬の春 大久保清の犯罪』(草思社[1]を原作に、1971年大久保清が起こした連続女性殺害事件をドラマ化。事件の残虐性のほか、背景にある大久保の家庭事情も描く。大久保を演じるのはビートたけし。また、八木康夫が初めてプロデュースしたドラマである。

かつてジャパンホームビデオより、VHSでソフト化された(廃盤)。またTBSチャンネルBS-TBSで放映されたこともある。

キャスト[編集]

犯人とその家族
  • 大久保清(36):ビートたけし
  • 大久保敏江(29)(清の妻):木内みどり
  • 大久保キヌ(63)(清の母):大塚道子
  • 大久保善次郎(62)(清の父):坂野比呂志
  • 大久保貞吉(49)(清の兄):三上寛
  • 大久保静乃(当時22)(貞吉の妻):水島美奈子
事件関係者
  • 瀬間宏子(21)(殺人の被害者):手塚理美
  • 瀬間彰(36)(宏子の兄):辻萬長
  • 瀬間好枝(30)(彰の妻):菅本烈子
  • 広島幸枝(18)(ナンパされた女子高生):志方亜紀子
  • 片桐真美(19)(強姦の被害者):岡本かおり
  • 神崎陽子(17)(ナンパされた女子高生):紗貴めぐみ
  • 山村郷子(20)(殺人の被害者):八神康子
  • 大川美知子(17)(殺人の被害者):川上麻衣子
  • 小林孝子(21)(殺人の被害者):太田あや子
  • 森川周蔵(48)(榛名公園の管理人):奥村公延
捜査陣


スタッフ[編集]

  • 原作:筑波昭『昭和四十六年、群馬の春 大久保清の犯罪』
  • 脚本:池端俊策
  • 音楽:三宅榛名
  • 演出:山泉脩
  • 演出補:山津俊一、中野昌宏、高木郁夫、上條晃、杉山登
  • プロデューサー:八木康夫
  • 制作:堀川とんこう
  • 製作著作:TBS

その他[編集]

  • 1983年4月11日に、本作品の制作発表会見が行われる予定であったが、遺族や被害者からクレームが起こり、急遽中止となった。
  • 以下2作品は、本作に続くビートたけし主演の実録ドラマシリーズとして、同局で放送された。
    • 『イエスの方舟 イエスと呼ばれた男と19人の女たち』(1985年) - イエスの方舟事件がモチーフ。演出・脚本・プロデュースは本作と同じである。
    • 『説得 エホバの証人と輸血拒否事件』(1993年) - 1985年に起きた、エホバの証人による小学生への輸血拒否事件がモチーフ。演出・プロデュースは本作と同じである。
  • たけし率いるたけし軍団に、かつて新大久保清というお笑いタレントが在籍していた。この芸名は、本作の製作時期に彼が弟子入りしたため、たけしの思いつきで付けられた。

脚注[編集]

  1. ^ 2002年7月に『連続殺人鬼 大久保清の犯罪』と改題し、文庫化されている(新潮社・新潮OH文庫、ISBN 4-10-290164-7)。

外部リンク[編集]