坂野比呂志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

坂野 比呂志(さかの ひろし、1911年明治44年)10月6日 - 1989年平成元年)5月25日[1])は、昭和時代漫談家活動弁士を経て、浅草名物の芸人となった。ガマの油売りバナナの叩き売り等の物売り芸[2]大道芸)で、1982年(昭和57年)[1]第37回文化庁芸術祭大衆芸能部門1部大賞受賞[3]

生涯[編集]

東京深川に生まれる[2]。活動弁士・熊岡天堂[4]の弟子となった後、浅草オペラ田谷力三榎本健一の舞台を踏み、軽演劇漫才漫談司会など、スタイルを変えながらも、第二次世界大戦前後も浅草を離れることなく芸能活動を続けた根っからの「浅草芸人」で、浅草の生き字引と呼ばれた。

1982年(昭和57年)度第37回文化庁芸術祭(大衆芸能部門)に、「大道芸=坂野比呂志の世界」公演(於・木馬亭)で参加し、大賞を受賞した[3]。がまの油売り、バナナの叩き売り、物売り口上など、演目は三十数種を数える。

晩年の1985年、大道芸で遊ぼうという趣旨で集まった有志十数人で結成した「大江戸観光倶楽部」に大道芸の指導を依頼され、1987年1月、「大江戸観光倶楽部」を母体に坂野の要望により、正式に坂野比呂志大道芸塾が発足した(「浅草雑芸団」)。

映画[編集]

  • 『さくら盃・義兄弟』 1969年3月29日公開
  • 時代屋の女房』 1983年3月19日公開

著書[編集]

  • 『香具師の口上でしゃべろうか』草思社、1984年1月

関連書籍[編集]

  • 下平富士男『坂野比呂志の大道芸』亜洲企画、1982年12月 ISBN 9784795237025
  • 室町京之介『新版 香具師口上集』創拓社、1997年12月 ISBN 9784871382229 - 受賞公演の実況CD付きの口上記集。

現在も日本の大道芸・物売り芸を実演する人たちのテキスト。

音源[編集]

上記のCD付き書籍以外に多数。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 坂野比呂志 デジタル版 日本人名大辞典+Plus』 - コトバンク、2017年5月12日閲覧。
  2. ^ a b ★坂野比呂志とは・・・ - 浅草雑芸団~坂野比呂志大道芸塾~、2017年5月12日閲覧。
  3. ^ a b 昭和57年度文化庁芸術祭大賞受賞(pdf)(文化庁)、2017年5月12日閲覧。
  4. ^ 『日本放送史』によれば、(東京)放送局開局直後に「映画物語」を放送の人気種目にしたのは熊岡天堂だった。p.496

参考資料[編集]