ビートたけし殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビートたけし殺人事件
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 難波一弘
原作 そのまんま東
脚本 奥村俊雄
プロデューサー 近藤邦勝桂邦彦
出演者 ビートたけし
そのまんま東
かとうかずこ
たけし軍団
ビートたけし殺人事件
放送時間 月曜 - 木曜23:00 - 23:27(27分)
放送期間 1989年1月16日 - 同年1月19日(4回)
ビートたけし殺人事件2 失われた魔人の伝説
放送時間 土曜21:30 - 23:48(138分)
放送期間 1989年10月7日(1回)
テンプレートを表示

ビートたけし殺人事件(―さつじんじけん)とは、そのまんま東原作ビートたけし主演のTBSドラマである。

製作の経緯[編集]

ビートたけしたけし軍団(一部)が起こしたフライデー襲撃事件により芸能活動を自粛していたそのまんま東が、執筆した推理小説である。通常の推理小説とは違い、序盤はそのまんま東がどのようにしてたけしさんの弟子になったか?という経緯から描かれており、たけしにアドバイスされた「お笑いは常に戦国だ」という言葉と、読めと言われた「平家物語」が事件のヒントとなっている。内容に関しては「たけし軍団の1人」の目線で描かれている。また、「オレたちひょうきん族」末期にビートたけしが収録を休んでいた理由までも詳しく書かれている。

放送に関して[編集]

通常は2時間ドラマとして放送される内容であるが、このドラマは30分枠の「ドラマ23」にて全4回で放送されている。ビデオにはまとめて2時間ドラマ風に納められている。

製作はTBSであるが、事件の捜査(トリック)においてフジテレビがどうしても必要だった為か、当時としては珍しい、他局にて事件現場(ビートたけしの死体発見現場)としてスタジオが使用されている。

事件のトリックとして、脳移植がテーマになっており、現実ではありえない事件の内容となっている。

このドラマをきっかけに、そのまんま東はかとうかず子と交際し結婚した。

アイキャッチでは「ビートたけし殺人事件」と共に、そのまんま東のナレーションをバックにビートたけしと軍団の集合写真が使用されているが、殺害された軍団はアイキャッチごとに黒いシルエットに変化していく演出がなされている。

ドラマでは出演していないが、原作ではビートたけしの母である北野さきが登場し、ビートたけしの生い立ちを調べていたそのまんま東の情報提供者として登場している。また、たけし軍団以外のメンバー(つまりたけし軍団セピア)も登場しており、会議場所になった東の家に10人以上集まるという流れになっているが、ドラマではごちゃごちゃになるという事と、原作でもセピアは誰一人として死んでいないので出演していない。ちなみにドラマで登場するかとうかずこは原作には一切登場しておらず、ドラマをより面白くするためのオリジナルキャラクターである。

この原作とドラマが好評だった為、ビートたけし殺人事件放送10ヶ月後に「ビートたけし殺人事件2 失われた魔人の伝説」というオリジナルドラマが放送された。ちなみにこれは2時間ドラマとして放送されたが、前作とは全く違う内容となっており、登場人物であるトローリーも架空の人物として登場しオリジナル作品として仕上がっている。前作の原作者である東は、「タイトルどおり、インディジョーンズを目指している」と、冒険ドラマに仕上がったとコメントしている。(下記詳細)

どちらの作品もビデオ化されているがDVD化はされていない。パート1に関してはTBSのドラマDVDボックスを購入した方が応募できるプレゼントとしてDVDが景品としてプレゼントされた。

あらすじ[編集]

パート1[編集]

ある日、夜まで仕事がオフだったそのまんま東が自宅で睡眠をとっていた。すると突然弟弟子のラッシャー板前から、「殿(ビートたけしが軍団から呼ばれている愛称)がいなくなった」と連絡が入る。東は、「いつものことだ」(これは製作当時、オレたちひょうきん族や他の番組をいろいろな理由をつけて頻繁に休んでいた為である)と思っていたが、何度も電話をするので、不審には思ったものの、殿の事なので、この日放送される「ビートたけしのオールナイトニッポン」でひょいと現れると思いラジオ局で待ち構えていたのだが、その場にも現れなかった。翌日太田プロ(当時、たけしと軍団が所属していた事務所)に軍団全員が集められ、改めて「ビートたけしがいない」と判断した事を伝えた。その為、他のレギュラー番組を太田プロの芸人で穴埋めすると言われホッとしていたのも束の間、東が自宅に帰ると、警察の人が待ち構えており、井口 薫仁(ガダルカナル・タカ の本名)が転落死したと告げられる。

そして、数日前に公園で死亡した浮浪者がたけし失踪に大きく関わっていた。

パート2[編集]

ある日。軍団全員がビートたけしの自宅に招待され、待機するように連絡を受けていた。すると、たけしの家に電話が掛かってきて、警察から、「ビートたけしが死亡した」という連絡を受ける。驚いた軍団は事件現場に急行すると、川の上にある橋でビートたけしが首を吊って死んでおり、驚きを隠せなかったが、突然ビートたけしは生き返りこれがドッキリであった事を告白する。

その後、ニュースでビートたけしの元相方であるトローリー(ビートきよしとは別人)が浅草の劇場で飛び降り自殺をしたと報道される。東が訪ねると、娘が対応してくれて「父は数年前から酒びたりだった」と告白され、その原因が元相方のたけしにあると主張していた。しかも、自殺にたけしが関与している疑惑が浮上し、自殺する寸前、たけしに似た男とトローリーが言い争っている事を目撃されていた。そんな折、たけしが突然、タイ・バンコクに行くと言い出し、一緒に軍団のつまみ枝豆大森うたえもんと連れ飛び立ってしまう。

出演者・放送時間[編集]

パート1
1989年1月16日(月)~19日(木)[23:00~23:27] 全4回
そのまんま東 ビートたけし かとうかずこ 大森うたえもん ガダルカナル・タカ つまみ枝豆 ダンカン 井手らっきょ 松尾伴内 柳ユーレイ ラッシャー板前 グレート義太夫 初井言榮 小松方正
パート2
1989年10月7日(土) [21:30~23:48]
そのまんま東 ビートたけし 名取裕子 川谷拓三 浜村純 かとうかずこ 鶴田忍 伊藤麻衣子 たけし軍団(大森うたえもん ガダルカナル・タカ つまみ枝豆 ダンカン 井手らっきょ 松尾伴内 柳ユーレイ ラッシャー板前 グレート義太夫 )

共通スタッフ[編集]

関連作品[編集]

そのまんま東が執筆した推理小説の第2作目で、作品としてはオレたちひょうきん族が舞台になっている、その影響で、制作・放送はフジテレビが行なった。主役は明石家さんまで、ビートたけし殺人事件とは違い、ひょうきん族の実際のスタッフも俳優として出演している。
  • 伝言ダイヤル殺人事件
上記2冊がヒットしドラマも制作された為に作られた作品。しかしながら、あまり売れてはおらず、ドラマ化されていない幻の作品。
TBSにて2007年2月12日放送。公式サイトでは「TBSでは、来たる2007年2月に単発ドラマ『和田アキ子殺人事件』を放送する。ビッグスターの名前を配した“殺人事件モノ”としては、これが1989年の『ビートたけし殺人事件 失われた魔人の伝説』(TBS)以来の企画となる。」と本作について触れている。
TBS系列 ドラマ23
前番組 番組名 次番組
パパが私で私がパパで
(1989.1.4 - 1.12)
ビートたけし殺人事件
(1989.1.16 - 1.19)
TBS系列 ドラマチック22
対決!江戸っ子姑と
浪花っ子姑2

※22:00 - 23:54
(1989.9.30)
MBS制作】
ビートたけし殺人事件2
失われた魔人の伝説
(1989.10.7)
ちょっとだけ覗かせて
結婚編

※22:30 - 24:24
(1989.10.14)