M10 (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

M10(マグニチュード テン)は、1992年10月19日深夜 - 1993年10月1日にテレビ朝日生放送されていた深夜バラエティ番組である。略称はM10(エムテン)。

概要[編集]

放送時間は月 - 金深夜1時(翌午前1時) - 2時30分。曜日毎に出演者、特色を変え、スタジオからリアルタイムで進行するワイド番組であった。取り扱ったテーマは料理、社会、お笑いなど多岐にわたる。録画映像はあまり使われず、もっぱらスタジオ出演者によるショー形式をとった。

出演者[編集]

月曜
火曜
水曜
木曜
金曜

準レギュラーとして、ハイヒール(リンゴ・モモコ)中山秀征などが週替わりで出演。 のちに中山秀征山田雅人が司会をするようになった。

エピソード[編集]

やしきたかじんが出演していた金曜日には、「たかじん 男の料理」というタイトルで、本番中にたかじん・トミーズ雅が服部栄養専門学校の生徒と一緒に料理を作るコーナーを放送。たかじんは毎回、巻紙のような進行表を自作するなど、当コーナーのために綿密な準備を進めていた。

しかし、中山と大竹まことをゲストに迎えた1992年12月11日放送分の当コーナーで「こんにゃくステーキ」を作ろうとしたところ、調理に必要な「」(「味の素」)が用意されていないことにたかじんが激高。本番中にもかかわらず、いわゆる「味の素事件」を起こした(詳細はやしきたかじん#味の素激昂事件を参照)。この一件では、トミーズ雅が「『味の素を入れた』ということにしましょう」と軌道修正を試みたものの、たかじんは怒りのあまり調理を放棄。そのままスタジオを後にした。

たかじんは、関西テレビで2008年6月20日に放送された冠番組ムハハnoたかじん』において、生放送中に「味の素事件」を再現。「味の素事件」に至った背景として「かねてから当番組のスタッフと意思疎通などの点で折り合いが悪かったので、クビになる気で事件を起こした」と明かしたうえで、「事件を起こしたにもかかわらず、後日(当番組の)プロデューサーに『次回の放送から録画にしましょう』と言われて驚いた」と語っていた。

関連項目[編集]