北野うし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北野 うし(きたの うし、1873年(明治6年)9月 -[1] 1963年(昭和38年)[2])は女義太夫の太夫(語り手)である。

ビートたけしら有名人を輩出した北野家の祖である。

人物[編集]

明治6年9月、阿波国徳島城下通町で粉問屋を営む北野鶴藏の娘として生まれた。実家は裕福な商家であったと伝えられる。その後、女義太夫の太夫となり、芸名竹本八重子を名乗る。[3] 日本では明治20年代から30年代にかけて娘義太夫が大流行し、うしも花形の一人であったという。
折からの不況で家計を助けるために明治25年に上京。以後は東京各地の寄席に出演していた。

明治後期に娘義太夫を引退し、息子の徳次郎をもうける。

大正後期、成人した徳次郎は明治大学を卒業後セメント会社に勤務し、北野家はある程度裕福であったとされる。この時期うしは義太夫の指導をしていたが、名家を訪ねたときに奉公に来ていた機転の良い娘を知り、養女にして息子の妻に迎えた。この娘が小宮さき千葉県市原市出身)で、1923年1月に徳次郎と結婚。しかし同年8月18日に不幸にも徳次郎が虫垂炎に罹り急死したため、替わりにうしの実の甥で腕の良い漆職人(後にペンキ職人)正端菊次郎を1925年8月17日婿に迎え北野家を継がせた。[4]

その菊次郎とさきの夫婦には、北野重一(宇野製作所取締役営業本部長も務めた。2012年没。)、明治大学教授)、末っ子の(お笑い芸人のビートたけし)ら合計で5人の子供(残る2人の内1人は一般人《中山安子》、もう1人は幼少期に末っ子の武の生誕前に死去)が生まれた。うしはたけしら兄弟の父方の大叔母であり、母方の養祖母である。

さきやたけしの著書や発言によれば、菊次郎は仕事の腕が良い反面、酒癖が悪く浪費家で、菊次郎とさきの結婚後の北野家は貧しかったとのことであり、うしも苦労したという。

晩年にかけても家で義太夫の講師を務めたこともあったという。たけしは、自らの芸人の才覚はうしから受け継いだものだと語っている。

菊次郎とさき』・『たけしくん、ハイ!』などの、たけしによる著作物に彼女が登場する。

1963年死去。享年90歳。

北野うしを演じた人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」
  2. ^ 2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」
  3. ^ 2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」
  4. ^ 2016年12月21日NHK放送「ファミリーヒストリー」