ここがヘンだよ日本人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ここがヘンだよ日本人
ジャンル 討論番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 オフィス北野(企画協力)
プロデューサー 田代誠、阿部龍二郎
出演者 ビートたけし
江口ともみ
そのまんま東
テリー伊藤 ほか
エンディング エンディングテーマを参照
放送開始から2001年3月まで
放送時間 水曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1998年10月21日 - 2001年3月21日
2001年4月から放送終了まで
放送時間 木曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2001年4月12日 - 2002年3月14日

特記事項:
ナレーション:バッキー木場
テンプレートを表示

ここがヘンだよ日本人』(ここがヘンだよにほんじん)は、1998年10月21日から2002年3月14日までTBS系列で放送された討論バラエティ番組

この番組の前身は、1997年10月1998年4月にスペシャル番組として放送された『たけしの外国人100人バトル〜ここがヘンだよ日本人〜』という番組で、視聴率が好評だったことを受けてレギュラー化したのが本番組である。開始当初から2001年3月21日までは毎週水曜 22:00 - 22:54 (JST) の放送だったが、2001年4月から水曜の同枠が連続ドラマ枠に変更されたことから、4月12日放送分から最終回となった2002年3月14日まで木曜の同時刻に放送された。

通称および略称は「ここヘン」(番組内でもこの略称が用いられていた)。

概要[編集]

多数(主に100人)の外国人出演者が日本で生活する中で感じた様々な疑問を指摘し、日本人パネラーと討論をかわしていく。物真似タレントのホリが行う「テリー伊藤が激高した際に『ふざけんじゃねーよこの野郎!』などと暴言を吐く様」は本番組のテリーが元となっている。

また、外国人出演者は紹介時のテロップでは自営業、会社員、学生(主に大学院生)、エンジニア、英会話講師などと表示されていたが、実際は大半が稲川素子事務所[1]に所属する外国人タレント[2]であったことが明らかになっている[3]

特別企画[編集]

定期的に特番として『ここがヘンだよ外国人』と題し、こちらは日本から見た外国の変な所を指摘していくテーマが中心となり『ここがヘンだよアメリカ人』(銃乱射事件に関連し放送)『ここがヘンだよ中国人』『ここがヘンだよアフリカ人』『ここがヘンだよ関西人』といった特定の論客と議論する企画の他、番組で問題発言を繰り返すテリー伊藤を糾弾する『ここがヘンだよテリー伊藤』、ワイドショーで話題の著名人を毒舌で切るデヴィ夫人をスペシャルゲストとして呼んで『ここがヘンだよ宇宙人 デヴィ夫人スペシャル』と称して生放送で外国人たちと議論する派生企画や、番組にレギュラー出演する特定の外国人の日常に密着取材を行うコーナーもあった。

また、特別企画としてゾマホン・ルフィンが祖国ベナンで教育発展の第一歩として小学校(たけし小学校)を建設・開校するまでのドキュメント企画を1999年9月から2000年4月にかけて放送した[4]。他には「日本の芸人は世界に通用するのかコンテスト」という企画もあり、こちらではたけしと浅草キッドが進行役を務めていた。内容は日本のお笑いタレントが自身のギャグやコントを外国人出演者の前で披露し、終了後に外国人から自分の出身国でも通用するか否かを審査してもらい、その得点を競うというシンプルな内容だったが、外国人出演者からはその披露した芸に対して辛辣な意見が飛び出したことも多々あった(後述)。

番組の変遷[編集]

番組開始当初は外国人が感じた日本のヘンな所について討論するという単純明解な内容とゾマホン・ルフィンを筆頭とする外国人出演者のインパクト強烈なキャラクターが受けた事で、他局でもテイストの似た番組が制作・放送されるなど一世を風靡した。

しかし番組の長期継続によって、後期には『ここがヘンだよ憲法9条』『ここがヘンだよ日韓関係』『日の丸・君が代問題』『小泉内閣(2001年当時)についての議論』といった、社会問題や政治問題に関して知識を持ち合わせていない視聴者にとっては複雑な内容が増えていった。

他にはいじめ虐待といった現在でも社会問題になっているテーマについても議論されていた。特にいじめ問題は番組ではたびたび議論が行われ、当初は外国人から見た日本のいじめについての議論が中心だったが、いじめが原因で不登校になった人がスタジオで自身が体験したいじめの内容やいじめに対する考え方を語るほどにまで発展[5]。これをきっかけに、いじめを受けたことのある人達が現役教師・文部省(放送当時)の寺脇研・さらには人をいじめた経験のある人達とスタジオで議論を交わした一連のシリーズを「イジメと戦う」と題して、長期にわたり行われた。

さらに元々は基本的に特番のみ行われていた『外国人50人vs日本人50人』も後期では頻繁に見られた。

また、番組で外国人が座っていた席の番号札は番組開始当初から2000年3月ごろまではオレンジ色だったが、2000年4月からはスタジオのセットリニューアルに伴って黄色に変わり、以降最後まで使用された。

番組の問題点[編集]

この番組は討論がヒートアップすると過激な暴言、情け容赦のない野次、人間性を疑われかねない侮辱の言葉が毎回のように飛び交い、最悪の場合は乱闘寸前の事態(後述)にまで発展した。開始当初から番組に対し「出演者の言葉遣いが悪い」「発言に偏見がある」「低俗番組」といったクレームの意見が多く寄せられていた。

『子供とメディアに関する意識調査』(日本PTA全国協議会主催)の『親が子供に見せたくない番組』ではワースト10にランクインした事があったり、会社のイメージを大切にする花王などのスポンサーはCMを流していたものの提供の表示を自粛していた。

また、この番組はプライムタイムの番組であったにもかかわらず同性愛問題やAVについても討論したことがある。特に後者では小室友里本城小百合バクシーシ山下清水大敬といった著名なAV関係者が勢ぞろいして出演し、自説を述べたこともある。

番組に関連したエピソード[編集]

  • 番組開始当初、「ここがヘンだよ日本の警察」というテーマで議論した際、フィリピン人の女性出演者から「日本の警察は欧米人と私たちフィリピン人とでは対応に差がある」という旨の不満を話したところ、中国人女性や韓国人女性が賛同。その後、発展途上国出身の出演者も同調して一気に警察への不満噴出の場と化してしまい「警察は人種差別をしている」という意見にまで発展、収拾がつかなくなった。その後納まったものの、以後番組内で警察についてテーマをあげる事はなかった。
  • 1999年11月に番組開始当初からレギュラー出演していたイラン人男性Sが川崎駅にて期限切れの定期券を偽装して乗車しようとした容疑で現行犯逮捕された。さらにその後の身元調査で滞在期間の更新をしていなかった(不法滞在、不法就労が成立)事が発覚し、即座に強制送還されるという事件を起こした[6]。以後、総集編でこの出演者が映り込んだ際には顔をぼかし処理した。
  • 『外国人と仕事をした経験を持つ人50人vs外国人50人』というテーマで討論した際にパキスタン人男性Aが以前、番組内で「務めていた会社で、同僚から外国人の下で働きたくないと言われた」事を話した事、番組で日本人の文句を言った事で職場解雇された事、「自分の会社では休まない人にはボーナスを与えていた。けど、私も休まず働いてたのにボーナスを一切貰えなかった」とカミングアウトした。その後、家族と一緒にパキスタンに帰国する様子が番組内の特集として放送された[7]
  • 1999年10月13日に放送された『同性愛者のリベンジ第2弾』にて、スタジオに来た日本人のゲイTが「もしもあなた達の身内や子供がゲイになったらどうしますか?」という趣旨の質問をした。この質問に対し、インド人男性Aが「自分の子供がもしホモになったら殺す」と発言。さらにこのインド人男性は質問したTに対して「子供だけじゃなくて、もしあなたが私の近所に住んでたり、親戚であったら私はあなたも殺すよ」と挑発し、サニー・フランシスも「同じインド人として同意見ですよ」と同調。その後、同性愛に反対していたナイジェリア人男性Yも「(ゲイには)生きる資格はない!」「はっきり言って、自分の子供がそうなったら殺します!」とインド人男性に同調した上で、同性愛そのものを全否定する発言をした。
これらの発言を聞いたパネラーのラモス瑠偉は「お前、人の命を何だと思ってるんだ!」「何で生きる資格ないの、お前らにそんな事決める権利はないんだ! 自分の息子なんだぞ!」と激怒。ゲイTは同性愛反対派に対して「子供を殺すって、親が精神病なんだよ!」「お前らも精神病だ!」と反論した[8]
このTの発言に、バングラデシュ人男性Mが「あの人、この前の放送でお母さんのせいにしてたの!」「何でお母さんのせいにするんだよ!バカじゃねえのコイツ」と声を荒げながら反論した[9]。この言葉にTは「母親殺すなんて言ってねえぞ、この野郎!」と反論したが、バングラデシュ人男性は「黙れ!」と返した。この態度に対してTは「すぐそうやって威嚇するってのは、レベルが低いんだよレベルが!」と発言。この発言にバングラデシュ人に同調していたパキスタン人男性Aが逆上し、他の出演者の制止を振り切りながらTの方へと詰め寄っていった。
パキスタン人男性が取り押さえられ、席に戻されたのを確認したTは「こうやってね、文明のレベルが低い人間が反対して暴力訴えるんですよ!」と発言した(この時、反対派からは「調子に乗るな!」などの野次が飛んでいた)。その後、見かねたサムエル・ポップ・エニング(以下、ポップ)が仲裁に入り、「熱くなるのは良いけど、喧嘩はしないで下さい!」とパキスタン人男性に注意した。しかしこの言葉にパキスタン人男性は再度逆上し、今度はポップに詰め寄ろうとした事で他の外国人出演者から「帰れ!」と野次が飛び、パキスタン人男性は荷物を取り出してスタジオから退場しようとしたが、テリー伊藤やスタッフらに制止されて再び着席した。
ようやくスタジオが落ち着きだした所で、テリー伊藤がインド人男性Aに「アンタ(殺すって)本気で言ったのか?」と質問し、インド人男性は「もちろん本気だよ」と返答。これに対しテリーは「アンタはテレビで面白おかしく喋ろうとしてた!」「子供殺すなんて言うなバカタレ!」と一喝した事で、一部から拍手喝采が起こった。
討論が軌道修正した後、ゾマホンが「ここにいる外国人の皆さんに覚えておいて欲しいことがあります。日本には『ペンは剣よりも強い』ということわざがあって、これからは人それぞれ意見や考え方がいくら違っても、喧嘩したり暴力行為に出るのは良くないです」と忠告した。しかし、その後も乱闘騒ぎが何度も起こった。
番組内で同性愛をテーマに討論した事によって、それまで同性愛に比較的寛容だった日本の歴史上で初めて宗教的理念に基づいたあからさまなホモフォビアが、公共の電波に乗って流布した最初の出来事となった。
  • 1998年12月16日に放送された「ここがヘンだよ98年10大ニュース」の中で取り上げられたドイツのリントナー村長(当時)が性転換を原因にリコールされた一件を討論した際、ゾマホンが「黒人文化や社会、特にアフリカにはゲイ・レズビアンは存在しない。ゲイとかレズは私にとっては精神の病気であると思う」と発言した事で番組を見た同性愛者と討論する事態にまで発展した(1999年9月1日、同年10月13日放送分)。後の2000年3月29日に放送された「ここがヘンだよアフリカ人」の中で「アフリカにゲイはいるのか?」という検証を行った結果、アフリカのとある国(放送では某国として国名を伏せていた[10])でひっそりと暮らす数人のゲイの様子が放送された。
  • 1999年3月24日放送の「ここがヘンだよ外国人」で、上岡龍太郎が「和歌山奈良の人間が大阪ひったくりをしている」といった趣旨の発言をし、この回のオンエア終了後に苦情が殺到した。この発言が事実と異なる趣旨のテロップも流されたものの、後日TBS関係者が県庁に出向き謝罪する形となった。
  • 2000年6月放送の「ここがヘンだよ関西人」で、オーディションに合格した関西の芸能事務所所属の俳優数人が素人の関西人として出演し、過剰なまでにステレオタイプな関西人を演じたことについて問題視とされている[11][12]
  • こちらは本番組の放送終了後に起こった出来事だが、番組にレギュラー出演していたマレーシア人男性Tが2004年に関税法違反の容疑で逮捕された。この男性は稲川素子事務所の俳優・タレントとして様々な映画やドラマに出演経験していたが、この事件直後に稲川素子事務所のホームページから全ての情報が削除された。同様に、レギュラー出演していたナイジェリア人男性Yも2007年強姦の容疑で逮捕され、刑務所に留置された。本人は現在も冤罪だとして容疑を否認し続けており、裁判が続いている[13][14]
  • 2012年6月16日、指定暴力団稲川会系幹部の男性Kが神奈川県横須賀市の商店街空き地にネイルサロンを出店すると偽って、空き店舗対策の奨励金30万円を騙し取って暴力団事務所を開いたとする詐欺容疑で逮捕された。Kは2000年に番組で「少年犯罪」をテーマに討論した際、暴走族の一人として出演していた。
  • 2001年2月28日放送分で北海道情報大学講師(当時)有道出人ら数人がゲスト出演し、小樽市の公衆浴場で行われていた「外国人お断りの温泉」について「(決まりは)見た目だけで差別されている」といった議論が行われた。外国人からは差別に同情する意見もあったが「外国人禁止は北海道だけ」「経営者の身になって考えたのか」との意見が飛び出し、放送当時小樽市や浴場と係争中だったことから「最終的にはお金目当てか」と言われる始末であった。番組では外国人出演者が小樽市の浴場や役所を取材した旨の内容が放送された。なお、裁判は放送終了後の2005年に有道ら原告は浴場には勝訴したが、小樽市には敗訴という内容で結審した[15]

出演者[編集]

日本人出演者[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

「日本の芸人は世界に通用するのかコンテスト」にて、ビートたけしのアシスタントを務めていた。また、2000年末に『SAMBA・TV』内で放送された「ここがヘンだよ宇宙人 デヴィ夫人スペシャル」ではたけしの司会代理も務めた。

レギュラーパネラー[編集]

2000年からレギュラー出演。

その他のパネラー[編集]

帰化日本人[編集]

1999年 - 2000年までレギュラー出演。
番組開始当初から2000年までレギュラー出演。時折、たけしや江口に代わって議論中に挙手する外国人出演者の番号を指名していた。
アメリカとの二重国籍者。番組開始当初から全ての回において出演。

外国人出演者[編集]

日本の芸人は世界に通用するのかコンテスト出演者[編集]

  • 海老一染之助・染太郎 - あまり得点は稼げなかったが、老人の一生懸命な姿に好感を覚えた女性がいた。
  • 江戸家猫八 - 第1回目には3代目が、第2回目には4代目(当時は江戸家子猫)が出場。動物声帯模写は外国人から高い評価を受けた。
  • 梅垣義明 - 第1回大会と第2回大会に出場。前者では鼻からピーナッツを飛ばすネタを披露。アメリカ人男性Jから「こういう芸人はサンフランシスコに行けばいくらでもいるが、アメリカでは絶対に売れない」と、ナイジェリア人男性Yから「面白いというか汚かった」と酷評された。後者では美空ひばりの「悲しい酒」を熱唱しながらオムツの中にを入れるネタを披露したが、オーストラリア人女性Mからは「こういう馬鹿馬鹿しい方が面白い」、韓国人女性Sからは「芸はそれほどでもなかったけど歌は上手いと思った」と評価されたがミャンマー人女性Hからは「もうちょっとマシな芸ないかな?私の国ならとっくに逮捕されてます」と酷評された。
  • モリマン - 陰部を露出し賛否両論の事態になったが、島崎ほどの低評価を受けなかった。
  • ゼンジー北京 - 中国人から「芸名の“北京”はどういう意味か」と聞かれ、「私は中国をとても尊敬している。いつか北京に行ってみたいと思い、この芸名にした」と答えた。
  • 村崎太郎・次郎 - 伝統芸である猿回しを披露。しかしこれに対し、アメリカ人男性Jが「これ(猿回し)を見てると、その猿が可哀想に見えて仕方がない」「これは動物虐待じゃないのか」と激怒した。この事態を機に後の放送分で、動物を用いた曲芸の在り方としてスタジオで再度激しい討論が行われた。
  • 藤井隆 - 出演者の1人であったママドゥをネタに当時一世を風靡したギャグ「ホット!ホット!」を披露。これにママドゥの近くにいた外国人も合わせて踊っていたが、イラン人男性Sからは「芸なんかじゃない。ただのバカ踊り」、フィリピン人女性Aからは「全然面白くない」と酷評された。
  • 鉄拳
  • ブラック・ボックス - たけし軍団に現在でも在籍してるかつて赤P-MANダイオウイカ夫が組んでたコンビ。当番組の前説も担当していたため、その繋がりで出演。番組では「ゾマホンが自動車学校の講師だったら」という設定のコントを行った。
  • なかやまきんに君 - 筋肉ネタを披露。しかし、外国人からは「寒い」と一蹴され、挙句の果てにはどこからか、生卵を投げつけられた。
  • チャンバラトリオ
  • 坂田利夫 - 登場して早々に外国人から「アホ」呼ばわりされ、最初は本人も「アホと言うな!」と反論。最後はたけしに「(外国人の皆さん)引いてますよ」と言われていた。点数はかなり低く、バングラデシュ人男性Mからは「(放送当時の芸歴)35年?やめた方が良いよ」、クレメント・アダムソンからは「可愛いんですけど、下らない。違う職業に就いた方が良い」と酷評された。
  • テント
  • 汗かきジジイ - ネタを披露しようとした直後「あまりに下品なネタであるため放送できません」と中断のメッセージが挿入。終了後、スタジオが静まり返った様子が流れた。
  • 海原はるか・かなた
  • Mr.ボールド
  • 島崎俊郎 - アダモステを披露したが、アフリカ出身の出演者から「我々黒人を侮辱しているのか」などの大ブーイングが起こった。酷評された点数を見て、「俺の芸はモリマンのあそこより酷いのか!」と叫んだ。
  • エスパー伊東 - 番組では「高速梅干し30個60秒食い」と「バッグ入り」を披露。前者では外国人達から「帰れ!」コールの嵐を受け、サニー・フランシスからは「梅干しを粗末にするな。バチ当たるぞ」と呆れられた。しかしその一方でゾマホンからは「彼の行動を見ていたら『人生は甘くない』というのを感じて応援したくなった」とコメントされた。
  • 電撃ネットワーク - あまりに過激な芸風から外国人出演者から、「こういうことをしているのを見てお前らの家族はどう思う?」「こういうパフォーマンスを自分の国で披露したら殺されます」などの呆れの声が飛んだ。
  • PaniCrew - 「世界に通用するが、アメリカの芸だ」と指摘された。

ナレーター[編集]

エンディングテーマ[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:恒川省三田中直人都築浩小笠原英樹あべシマダ秀樹播田ナオミ佐藤雄介
  • リサーチ:インスティテュート・ワープ
  • TD:阿部智昭
  • VE:吉永明久、飯泉亮
  • CAM:早川征典
  • 照明:荒井徹夫
  • 音声:尾崎宗弘
  • PA:鈴木紀浩
  • 音響効果:阿部宰、井田栄司
  • 編集:日下石京子、菅原正一
  • MA:山下知康、小田嶋洋
  • TK:鈴木明日香
  • 美術プロデューサー:和田一郎、安田和郎
  • 美術デザイン:西條実
  • 装置:中尾政治
  • 装飾:飯島義次
  • 持ち道具:貞中照美
  • 衣裳:軽石真央
  • 特殊メカ:春日公一
  • 電飾:近藤明博
  • メカシステム:大谷圭一
  • メイク:アートメイクトキ
  • タイトル:薮内省吾、藤田二郎
  • CG:大宮司徳盛
  • 題字:下村哲也
  • AP:西沢雅文、原田康弘
  • ディレクター:古谷英二、むたゆうじ、織田智、水谷曜子、藤村卓也
  • チーフディレクター:正木敦
  • プロデューサー:田代誠阿部龍二郎
  • 協力:稲川素子事務所
  • 技術協力:東通、PEC、オムニバスジャパン、TDKビデオセンター、TAMCO
  • 収録スタジオ:東京メディアシティ
  • 企画協力:オフィス北野
  • 制作協力:ファルコン
  • 制作:TBSエンタテインメント(2000年4月以降にこのクレジットを表示)
  • 製作著作:TBS

脚注[編集]

  1. ^ 現在ではゾマホンやガウのように別の芸能事務所に移籍した者や、クレメントのように芸能界を引退した者もいる。
  2. ^ 主に俳優、モデル、歌手、コメンテーター、ライターとして活動する人が多い。
  3. ^ 『ニッポン人はホントに「世界の嫌われ者」なのか?』(柳沢有紀夫、新潮社、2009年)では本項目の記述を受ける形で、この件を掲載したが、本書の巻末の解説には、この番組に出ていた権容奭により、裏話が記述されている。稲川素子事務所のタレントは全体の三分の一で残りは留学生や一般人(ただし、一般人でありながら不定期にテレビ出演するようになった者も多い)とのこと。ただし、過激な発言はほとんどはタレントによるもので、まともな発言は猪瀬直樹、ドイツ人、イギリス人に語られるのが暗黙の了解であったという。
  4. ^ 途中、一部の村人達からの反対があったもののゾマホンの必死の説得の末に協力。学校も2000年4月1日に無事開校した。
  5. ^ 2000年1月26日放送「学校に行かない子供達」より。
  6. ^ 番組では事件については一切触れなかった。
  7. ^ 2000年1月19日放送。
  8. ^ 放送当時は「精神病」の箇所は効果音で伏せられていたが、2001年に放送された総集編にて再びこのやり取りが流れた際には無修正で放送された。
  9. ^ この発言の有無については、番組では全く言及されなかった。
  10. ^ この国では同性愛者は凶悪犯罪者も同然とされるため。
  11. ^ 21世紀ジャーナリストフォーラム2007 基調講演「メディアの描く<内なる他者>カンサイの現在」 Archived 2011年8月10日, at the Wayback Machine.
  12. ^ 新聞研究』2009年6月号(No.695)関西ジャーナリズムの今「地域公共圏の形成に努力を─メディアのステレオタイプな関西観の問題」黒田勇
  13. ^ ただし、この外国人出演者は稲川素子事務所などの芸能事務所に所属するタレントではなく、一般の外国人出演者だった。
  14. ^ [1][リンク切れ][2]
  15. ^ 札幌高判平成16年9月16日。及び判例検索システム平成13(ワ)206 判決全文 15項、17-18項

関連項目[編集]

TBS系 水曜22:00枠(1998年10月 - 2001年3月)
前番組 番組名 次番組
ここがヘンだよ日本人
【ここまでバラエティ枠】
TBS系 木曜22:00枠(2001年4月 - 2002年3月)
人間解析ドキュメント ZONE
【日曜18:30枠へ移動して継続】
ここがヘンだよ日本人
【ここまでバラエティ枠】