笑ってる場合ですよ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笑ってる場合ですよ!
Studio alta.jpg
番組生放送が行われていた
新宿スタジオアルタ
ジャンル 帯番組 / バラエティ番組
放送時間 平日 12:00 - 13:00(60分)
放送期間 1980年10月1日 - 1982年10月1日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー 横澤彪・大野三郎(フジテレビ)
出演者 B&B
ツービート
紳助・竜介
のりお・よしお
ヒップアップ
明石家さんま
春風亭小朝
山田邦子
九十九一
劇団東京乾電池
ほか
音声 モノラル放送
オープニング 作曲石田勝範

特記事項:
DJ(ナレーター):岩尾良二水島裕
テンプレートを表示

笑ってる場合ですよ!』(わらってるばあいですよ)は、フジテレビ系列1980年10月1日から1982年10月1日まで平日(毎週月曜日 - 金曜日)の12:00 - 13:00(JST)に生放送されていたバラエティ番組である。

概要[ソースを編集]

本番組は、前番組『日本全国ひる休み』をリニューアルし、フジテレビ全体やランチタイム番組の改革を図るべく企画された新しい平日お笑い番組であった。

漫才ブームの仕掛け人・横澤彪(フジテレビ名プロデューサー)がプロデュースし、スタジオアルタからの公開生放送

司会B&B島田洋七洋八)、レギュラーのツービートビートたけしきよし)や紳助・竜介島田紳助松本竜介)ら(いずれも後に土曜日20時台の『オレたちひょうきん族』に出演)、当時の若年層に人気のあった漫才・コントタレントが続々と登場し、フジテレビの看板ランチタイム番組に育てあげ、番組スタイルが後番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』に受け継がれていくことになる。

なお、タイトルの由来は、上司が「今、フジテレビは笑っている場合じゃないだろ!!(当時視聴率が全般的に低迷していた)」と言ったことにヒントを得たもの。

後のバラエティ番組よりも過激な企画が多く、特にツービートが担当した「勝ち抜きブス合戦」は大顰蹙を浴びてしまった[1]。そのことが2年で終了した原因とも言われている(漫才ブームの終息による影響とも言われる)。

番組開始からしばらくおいて、1週間の主なコーナーなどを編集してまとめ、それをスタジオに招いた観客と一緒にB&Bが見ながら進行する番組として『もう一度笑ってる場合ですよ!』という総集編番組が日曜日にスタートしている(関東ローカルで放送がスタートし、後にテレビ静岡など数局が同時または時差でネット)。

出演者・番組末期(1982年4月 - 最終回)[ソースを編集]

末期の1982年4月以降はB&Bが総合司会から月曜日の司会に縮小し、残りを各曜日別司会・レギュラーになった。

月曜日[ソースを編集]

火曜日[ソースを編集]

  • ツービート
  • 山田邦子

水曜日[ソースを編集]

木曜日[ソースを編集]

金曜日[ソースを編集]

※レギュラーが休暇や地方公演などで不在の場合は片岡鶴太郎甲斐智枝美らが代役を務めた。そして、明石家さんま・西川のりお島崎俊郎は後番組『笑っていいとも!』にて再登板を果たした。

番組フォーマット[ソースを編集]

オープニング[ソースを編集]

司会のB&Bの即席漫才から始まり、観客全員が「笑ってる場合ですよ!」とタイトルコールした後出演者全員が手拍子で登場。ナレーション(岩尾良二水島裕)による出演者紹介の後、再びタイトルコール → 提供表示(一部地域のみ) → CM → 最初のコーナー ※●は末期のコーナー

B&Bのコーナー[ソースを編集]

フジテレビほか一部のネット局ではこのコーナーの途中で下部に提供クレジットの字幕が流れ、以降はPT枠になっていた。

  • 月曜日:一発ギャグ勝負(視聴者投稿) → 私もレポーター → 奥様ダジャレですよ → 不明 → ●B&Bのホンマかいな!
  • 火曜日:もうすぐ結婚式(結婚直前のカップルが登場・カップル本人による再現ドラマもあった)
  • 水曜日:B&B昼のいこい(※)
  • 木曜日:誰でものど自慢(●末期は月曜に移動)
  • 金曜日:不明

日替りコーナー[ソースを編集]

  • 月曜日:ザ・ぼんちの物まねグランプリ - 『クイズグランプリ』形式でものまねをするコーナー。井手らっきょいっこく堂がこのコーナーで芸能界入りした。●末期では金曜に移動。 → ●底抜けトンチ教室 - NHKラジオ『とんち教室』と日本テレビ底ぬけ脱線ゲーム』を合わせたようなコーナー。レギュラーメンバーと落語家が対決していたが、数か月で終了。
  • 火曜日:ツービートのロック&ブス - ビートたけし足立区バンドをバックにロックナンバーを歌った後、勝ち抜きブス合戦(素人が登場しどちらがブスか競いあう)に突入。 → ●きよし・邦子の栄養料理学入門 - ビートきよしと栄養士の資格を持つ山田邦子の料理コーナー。 ●タケちゃんの恋人交換 → 夫婦交換 → マネージャー交換
  • 水曜日:紳竜の料理好きやねん - 島田紳助が毎回玄人はだしの料理の腕前を披露。できあがった料理をB&Bと共に葉書を紹介しながら会食。※ → ●紳竜の肉体蟻地獄(挑戦コーナー)&葉書紹介 → ●家族団欒(出演者全員でコント仕立てで送る) ●ヒップアップのザ・グレートショー(末期では水曜のみ演芸コーナーが無かった)
  • 木曜日:春風亭小朝のちょっと教えて(雑学コーナー)→明石家さんまの「減点マネージャー」(NHK三波伸介の「減点パパ」のマネージャーとタレント版) → ●若妻の告白・私はだまされた(さんま、のりお・よしおによる模擬裁判、最末期では人生相談に)
  • 金曜日:のりおよしおのウグイス道場 → のりお・よしおの「この男に愛の手を」 → ●九十九一のクイズ&ゲーム → 根暗バンザイ(視聴者参加のコーナー、イモ欽トリオも出演した)

日刊乾電池ニュース[ソースを編集]

劇団東京乾電池柄本明角替和枝ベンガル綾田俊樹高田純次小形雄二大橋恵里子岩松了田岡美也子六平直政蛭子能収松金よね子)が演じる時事コント(かつてこの枠で放送されていた『おとなの漫画』と同形式)

お笑い君こそスターだ![ソースを編集]

将来お笑いをリードしようとする若手を育成するため日本テレビ系列の『お笑いスター誕生!!』に対抗した企画。タイトルは『スター誕生!』に対抗してフジテレビで放送されていた『君こそスターだ!』に由来する。

このコーナーでは毎回アマチュア、あるいはプロでもまだブレークしていない無名のお笑いタレントに門戸を開放し、全国の視聴者からの支持が一定量集まれば合格で、これを5日間勝ち抜けばグランドチャンピオンとなるというものである。グランドチャンピオンに輝いた芸人が発表された後、天井に吊るされたくす玉が割れて大量の紙吹雪風船が降り、観客からの拍手・歓声で新たなスターの門出を祝福された。

コーナーからは山田邦子ダウンタウン(当時は「ひとし・まさし」)や、ザ・ホープハイヒールモモコ、そのまんま東(現:東国原英夫、当時は「オスカル・メスカル」)、大川興業、斉藤ゆう子(現・斉藤祐子)、越前屋俵太プリティ長嶋ポップコーンといった人材を輩出した。

ちなみに後にフジテレビ編成制作局バラエティ制作センター部長となる水口昌彦京都大学工学部電子工学科時代の1981年に、後に長崎放送アナウンサーとなる竹内淳と組んだ漫才コンビ「にっちもさっちも」で5日連続で勝ち抜き、11代目チャンピオンになっている[2]

他にもフジテレビアナウンサー・牧原俊幸も素人として、島田洋七曰く自分の祖母(佐賀のがばいばあちゃん)やDJ KOOTRF)等も番組に出演した。

当時文化放送で放送中の『ザ・マンザイクイズ』の司会を担当していた当時同局アナウンサー大野勢太郎(当時は「大野正」名義)が素人として「ぼんちの物まねグランプリ」に出演というハプニングも話題となった。

演芸コーナー[ソースを編集]

日替りで当時最も売れていたお笑い芸人が持ちネタを披露。このコーナーからは全国ネットスポンサーになっていた。提供クレジット表示の時は、アルタ前の風景をバックに「笑ってる場合ですよ! さらに番組はつづきます」といったテロップが出ていた。

あの人に聞け![ソースを編集]

洋七の「人は見かけによらぬもの!聞いてみなけりゃ分からない!ワカマッチャ〜!」のフレーズで始まるクイズコーナー(「ワカマッチャ〜」は、「バカ!」「ブリブリっ子だよ!」となる事もあった)。洋八がアルタ前(人が混雑した時には、通行人を2階の「バルコニーステージ」に上げて行ったこともある。)に出向き、通行人を掴まえて洋七がその人にいろいろと質問。それがそのままクイズとなったもの。解答者は曜日別レギュラー・東京乾電池メンバー・ゲストが務めた。時折、放送時間の関係上、そのままエンディングに突入したこともあった。●末期では各曜日司会が務めた。

エンディング[ソースを編集]

エンディングでは、オープニングと同様に出演者全員が手拍子で登場。ナレーターが「それではまた明日(来週)」と言った後、出演者と観客全員が「笑ってる場合ですよ!」とコールし、CM → 提供表示 → 次回予告テロップが出て終了していた。

負傷事故[ソースを編集]

番組終了には直接結びつかなかったが、放送日が祝日(成人の日)と重なった1981年1月15日には、殺到した観覧希望者(当時番組観覧は先着順で、中には小学生までいたという)が将棋倒しとなり、2人が負傷する事態になった。この結果、やむなく番組初の無観客放送となった(翌日の新聞には「笑ってる場合じゃない!」といった見出しで報じられた)。これが次番組の『笑っていいとも!』における観覧者制限にもつながっている。その事故の中には当時中学生だった玉袋筋太郎浅草キッド)もいたという[3]

公開放送[ソースを編集]

1981年7月21日放送分と1982年7月21日放送分、「としまえん」にて公開放送を行った。

スタッフ[ソースを編集]

ネット局と放送時間[ソースを編集]

系列は当番組終了時(1982年10月1日)のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1981年3月まではフジテレビ系単独加盟局
山形県 山形テレビ フジテレビ系列
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
広島県 テレビ新広島
岡山県・香川県 岡山放送
愛媛県 テレビ愛媛
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1982年3月までは日本テレビ系列とのトリプルネット局
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
1982年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列

備考[ソースを編集]

なお、遅れネットや系列外での放送が登場するのは、後番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』であり、本番組までは同時ネットか非ネットのどちらかだった。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊ポスト2013年11月22日号 ビートたけしの21世紀毒談
  2. ^ 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)286ページ(「竹内淳」の項目)
  3. ^ TVでた蔵「2011年7月3日放送 テレビ朝日 冒険JAPAN!関ジャニ∞MAP”. ワイヤーアクション (2011年7月3日). 2016年3月14日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

フジテレビ系列 平日平日12:00 - 13:00枠
前番組 番組名 次番組
日本全国ひる休み
(1980.3.31 - 1980.9.30)
笑ってる場合ですよ!
(1980.10.1 - 1982.10.1)
森田一義アワー 笑っていいとも!
※12:00 - 12:55
(1982.10.4 - 2014.3.31)
おばあちゃんの知恵袋
※12:55 - 13:00
(1982.10.4 - 1983.3)