たけしのここだけの話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KINCHOおもしろ倶楽部
たけしのここだけの話
ジャンル トーク番組
放送時間 日曜 22:30 - 23:00(30分)
放送期間 1988年10月2日 - 1990年9月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 IVSテレビ制作
関西テレビ
企画 広田明
牛丸謙壱
演出 玉井浩
プロデューサー 越智武彦
望月政道
出演者 ビートたけし
山口美江
音声 モノラル放送

特記事項:
キャスト・スタッフ・収録時等の画像
テンプレートを表示

たけしのここだけの話』(たけしのここだけのはなし)は、1988年10月2日から1990年9月30日までフジテレビ系列で放送されていたトーク番組である。関西テレビIVSテレビ制作の共同製作。放送時間は毎週日曜 22:30 - 23:00 (日本標準時)。

概要[編集]

前番組『スターご勝手対談』と同じくKINCHOの一社提供番組で、同じく『KINCHOおもしろ倶楽部』枠で放送されていた。『スターご勝手対談』までは関西テレビ大阪本社の製作で、収録も本社内のスタジオで行われていたが、本番組からは東京支社での製作になり(同時に制作担当を自社から制作プロダクションへの外注に変更)、収録も東京都内のスタジオへと変更された。

本番組の司会はビートたけし山口美江で、毎回ゲストを迎えてトークを展開していた。第1回目のゲストは三田佳子、最高視聴率を記録した回のゲストは山田邦子、最低視聴率だった回のゲストは大屋政子。前番組までは公開放送だったが、本番組では観客を入れず、ラジオのブースをイメージしたスタジオでトークを展開する形式だった。また、番組の収録終了前にはたけしたちと各回のゲストをカメラで写真撮影し、その写真を基に作成したテレホンカードを視聴者プレゼントにしていた。

1990年10月に日本テレビ系列で、本番組と同じスタッフによる『蝶々・たけしの21世紀まで待てない!!』(読売テレビ製作)が開始されることになったため、番組は同年9月30日放送分をもって終了した。最終回では総集編を放送し、当該回のラストではたけしが「2年間ありがとうございました」と挨拶して番組を締めくくった。

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:広田明(KTV)、牛丸謙壱
  • 構成:豊村剛、平松邦宏、ダンカン、田中直人
  • 技術:八峯テレビ
  • TD:吉田勝美
  • SW:毛利敏彦
  • カメラ:元木宏
  • 映像調整:竹内荘七
  • 音声:宮本勝
  • 照明:式顕義
  • デザイン:ねもとまさ乙(CAVIN)
  • 美術制作:大野正夫(CAVIN)
  • VTR編集:舘澤政則(アートプラザ)
  • MA:赤松茂雄(アートプラザ)
  • 音効:金子喜久夫
  • AP:西村薫
  • ディレクター:伊藤孝宏
  • 演出:玉井浩
  • プロデューサー:越智武彦(KTV)、望月政道
  • 制作協力:オフィス北野
  • 制作:IVSテレビ制作、関西テレビ

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 日曜22時台後半枠
関西テレビ製作・KINCHO一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
スターご勝手対談
(1987年4月5日 - 1988年9月25日)
たけしのここだけの話
(1988年10月2日 - 1990年9月30日)
新伍&紳助のあぶない話
(1990年10月7日 - 1992年9月)