藤原弘達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤原 弘達
(ふじわら ひろたつ)
Hirotatsu Fujiwara.jpg
明治大学教授時代の藤原弘達(1960年頃)
誕生 1921年大正10年)7月31日
広島県尾道市
死没 (1999-03-03) 1999年3月3日(77歳没)
職業 日本の政治学者評論家
国籍 日本の旗 日本
テンプレートを表示

藤原 弘達ふじわら ひろたつ1921年大正10年〉7月31日 - 1999年平成11年〉3月3日)は、日本政治学者評論家広島県尾道市生まれ。「ふじわら こうたつ」と呼ばれることが多い。

略歴[編集]

福山誠之館中学第六高等学校を経て、1945年昭和20年)、東京大学法学部を卒業(政治学博士)。東京大学丸山眞男に師事[1]明治大学教授を務めたのち政治評論家となり、きわめて攻撃的な独自の右翼的政治論評で一世を風靡した[要出典]

1957年、大宅壮一が創設した「ノンフィクションクラブ」に参加する[2]

人物[編集]

思想以前の人間成長[編集]

子どもの頃は、総理大臣になろうと思っていた。 戦後、東京大学に戻り、丸山真男のもとで勉強をし始めたが、大学に赤旗が翻っている光景を見て、この国は共産主義に なるのではないかと思っていた。

東京大学に対する見解[編集]

出身である東京大学から寄付を求められていたが、医学部から始まった東大紛争が、未だ存在しているとの根拠で、拒否していた。 日本教育改造案では、東京大学を 廃校にせよとの記述があり、学生運動に対する大学当局の姿勢を批判している。

テレビ界での活動[編集]

TBSの『時事放談』で細川隆元とホストを務めた他、同局のニュースショー『JNNニュースコープ』で金曜日と土曜日[3]のメインを務めた。また、企業のトップをゲストに招いてゴルフを交えた対談番組『藤原弘達のグリーン放談』(テレビ東京)の司会もしていた。

晩年は、フジテレビの『たけし・逸見の平成教育委員会』に放映開始時から数回出演。「たけし落とし」を最初に獲得した「生徒」であり、同番組の第1回の最優秀優等生でもある。

またラジオでは、TBSラジオで平日午前7時から放送されていた「サラリーマンニュースショー・朝のファンファーレ」のニュース・パーソナリティーを長く務め、番組冒頭では「おはよう!!サラリーマン諸君!!今朝のニュースパーソナリティーは藤原弘達です」と言うのが定番だった。

創価学会・公明党に対する批判[編集]

藤原弘達は1962年(昭和37年)から創価学会を非難する論評をしており[4][5]1969年(昭和44年)8月、2か月後に創価学会公明党政教一致などを批判する『創価学会を斬る』を出版するという広告が出ると間もなく、公明党の中央幹部の藤原行正や『聖教新聞』主幹(当時)の秋谷栄之助などから出版の中止や、書き直しなどを要請された。藤原は2回目の1969年(昭和44年)9月14日の約1時間40分に及ぶ藤原行正・秋谷栄之助との会話を隠しマイクで録音した。同年直後に藤原のインタビューがマスコミによって報道された。藤原はこれを出版阻止を目的とした創価学会による言論弾圧の脅しであり、金銭授受による買収工作であったと表明した。

年明けの6か月後、テープの内容が誌上で公開された(『週刊朝日』、昭和45年3月20日号)(藤原行正 『池田大作の素顔』 講談社)。今度は公明党委員長(当時)の竹入義勝の依頼を受けた自民党幹事長(当時)の田中角栄から2度に渡り出版の中止や書き直しを求められたが、これも断り出版に踏み切った。

出版された該当著作の書き出しは「日本の極貧層は約五百万人である。創価学会の公称会員は一千万以上であるが実際には五百万人くらいであろう。両者は五百万人でありこの数は一致する。創価学会員全員が日本の極貧層とはいわないが、日本の底辺層の民衆である」という内容。

藤原の主張を最初に公にしたのは、日本共産党機関紙『赤旗』(当時)の記事およびそれに続く同党活動員による街頭でのビラ配りであった[要出典]日本共産党系の書店の店頭にはいち早く藤原の著書が陳列された[要出典]これは事件の直前に起こったNHKテレビでの共産党対公明党の政治討論会の内容の影響、および直後の総選挙の影響が考えられる[要出典]藤原はそれまで日本共産党に対する痛烈な批判評論、非難評論を行ってきたので、政敵であったはずの日本共産党によるこれらの対応は、この言論出版妨害がいかに悪質であったかを象徴している[要出典]。これに続きマスメディア社会党民社党日本共産党の議員による国会予算委員会で政府への追及が起こった。マスコミは後にこれを言論・出版の自由の侵害の問題(「言論出版妨害事件」)と呼んだ。

この件の数年後に起こった宗門との問題について、創価学会の会長(当時)であった池田大作が公式に「猛省」表明を行い、創価学会と公明党を制度的に分離することなどを約束した。声明の中には公明党の議員が創価学会の役職に就かないことが含まれており、これは即座に実行された。この件は創価学会と宗門との問題であり、藤原弘達とは直接関係がない[要出典]。藤原の1969年の著書『創価学会を斬る』および他の創価学会批判本にまつわる「言論出版妨害事件」についての世論の批判を受け、創価学会会長の池田大作が1970年に謝罪した[6][7]

1990年平成2年)以降は主だった活動がなかったが、1994年(平成6年)に藤原は創価学会に反対する保守派の政治家、宗教団体などが設立した「四月会」(発音は「死学会」の意味)[要出典]に顧問として参加。実質的な活動はなかった[要出典]

1999年(平成11年)3月3日死去。

藤原の自宅に不特定多数の者から匿名で「おめでとうございます」などという藤原の死亡を祝う電報が届いたり電話が頻繁にかかっていたとの遺族の証言が『週刊新潮2000年(平成12年)3月30日号に掲載された[8]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『近代日本政治思想史序説』三和書房、1952年。 
  • 『政治学以前』文雅堂書店、1957年。 
  • 『保守独裁論』中央公論社、1958年。 
  • 『現代日本の政治意識』創文社、1958年。 
  • 『国会議員選挙要覧』弘文堂、1959年。 
  • 『教養としての政治』文雅堂書店、1960年。 
  • 『日本の椅子』文芸春秋新社、1962年。 
  • 『サブ・リーダーの政治意識』民主主義研究会、1963年。  - 藤原弘達執筆。
  • 『おしゃべり自叙伝』展望社、1964年。 
  • 『官僚 日本の政治を動かすもの』講談社〈講談社現代新書〉、1964年。 
  • 『実力者 政治力とその背景』実業之日本社〈実日新書カルチュア〉、1964年。 
  • 『吉田茂 その人その政治 怪奇な"ワンマン"のすべて』読売新聞社、1965年。 
  • 『犬猿の仲 政党における離合集散の論理』光文社〈カッパ・ブックス〉、1965年。 
  • 『ガラッ八教授世界考察 見た歩いた考えた』ダイヤモンド社、1967年。 
  • 『日本教育改造案』日新報道〈この日本をどうする 1〉、1969年。 
  • 『創価学会を斬る』日新報道〈この日本をどうする 2〉、1969年10月。ISBN 4-8174-0206-7 
  • 『体験的マスコミ批判』日新報道〈この日本をどうする 3〉、1970年。 
  • 『続・創価学会を斬る』日新報道、1971年。 
  • 『近代日本の国家原理』日新報道、1971年。 
  • 『人材総点検』日新報道〈この日本をどうする 4〉、1971年。 
  • 『新・創価学会を斬る 傷つけられた大衆の怒声』日新報道、1972年。 
  • 『田中内閣の動向と新聞販売店』東京新聞販売同業組合〈東京組合文献シリーズ 6〉、1972年11月。 
  • 『悪童のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その1〉、1973年。 
  • 『失恋のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その2〉、1973年。 
  • 『官僚の構造』講談社〈講談社現代新書〉、1974年。 
  • 『屈辱のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その3〉、1975年。 
  • 『不安の時代に処す』日本書籍、1978年10月。 
  • 『弘達侃侃諤諤』読売新聞社、1978年11月。 
  • 『弘達喧喧囂囂』読売新聞社、1979年4月。 
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 6巻、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。ISBN 978-4-05-002683-8  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 7巻、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。ISBN 978-4-05-002684-5  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 8巻、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。ISBN 978-4-05-002685-2  - 発売:学習研究社。
  • 『弘達戦戦兢兢』読売新聞社、1980年2月。 
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 1巻、藤原弘達著作刊行会、1980年2月。ISBN 978-4-05-002829-0  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 2巻、藤原弘達著作刊行会、1980年3月。ISBN 978-4-05-002882-5  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 4巻、藤原弘達著作刊行会、1980年6月。ISBN 978-4-05-003057-6  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 3巻、藤原弘達著作刊行会、1980年7月。ISBN 978-4-05-003101-6  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 5巻、藤原弘達著作刊行会、1980年10月。ISBN 978-4-05-003272-3  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 9巻、藤原弘達著作刊行会、1980年11月。ISBN 978-4-05-003747-6  - 発売:学習研究社。
  • 『藤原弘達の生きざまと思索』 10巻、藤原弘達著作刊行会、1980年12月。ISBN 978-4-05-003787-2  - 発売:学習研究社。
  • 『男にとって闘いとは何か 弘達流「生きざま」の研究』PHP研究所〈PHP business library〉、1982年5月。ISBN 978-4-569-20791-9 
  • 『弘達激談 ホンネ・内幕・裏の裏』講談社、1982年5月。ISBN 4-06-145944-9 
  • 『どくぜつ登板 弘達横談270』報知新聞社、1982年8月。 
  • 『おもしろ大物図鑑 弘達の言いたい放題 大物の泣き所はここだ!』山田いさおえ、日本文芸社、1982年10月。ISBN 4-537-00779-6 
  • 『遺恨十年筆誅三昧』学習研究社、1983年3月。ISBN 4-05-100195-4 
  • 『弘達大激突』講談社、1983年4月。ISBN 4-06-200482-8 
  • 『弘達エッセンス』 1巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年4月。ISBN 4-06-183215-8 
  • 『弘達エッセンス』 2巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年4月。ISBN 4-06-183216-6 
  • 『弘達エッセンス』 3巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年5月。ISBN 4-06-183244-1 
  • 『弘達エッセンス』 4巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年5月。ISBN 4-06-183245-X 
  • 『弘達エッセンス』 5巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年6月。ISBN 4-06-183264-6 
  • 『弘達エッセンス』 6巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年6月。ISBN 4-06-183265-4 
  • 『弘達エッセンス』 7巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年7月。ISBN 4-06-183288-3 
  • 『弘達エッセンス』 8巻、講談社〈講談社文庫〉、1984年7月。ISBN 4-06-183289-1  - 藤原弘達年譜:pp.396-419。
  • 『角栄、もういいかげんにせんかい』講談社、1984年9月。ISBN 4-06-201426-2 
  • 『創価学会・公明党をブッタ斬る いま、なぜこの悪質な組織の欺瞞性を問題にするのか』日新報道、1985年10月。ISBN 978-4-8174-0134-2 
  • 『独断の戦後史 この四十年をいかに斬るか』PHP研究所、1985年12月。ISBN 4-569-21679-X 
  • 『中曽根政治の功と罪 いまだから話せる こんな中曽根を踏み越えろ』日新報道、1987年12月。ISBN 4-8174-0187-7 
  • 『虫ケラどもをひねり潰せ 「21世紀は日本の世紀」の大ウソ』光文社〈カッパ・ブックス〉、1988年5月。ISBN 4-334-00471-7 
  • 『創価学会池田大作をブッた斬る』日新報道、1988年11月。ISBN 4-8174-0206-7 
  • 『わが父ヒロヒト天皇 Never ending century the 20th』ファラオ企画、1990年11月。ISBN 4-89409-017-1 

論文[編集]

  • 日本人文科学会 編「思想的緊張関係 日本ナショナリズムの戦後形態――日本革命菊旗同志会の場合」 『社会的緊張の研究』有斐閣、1953年。 
  • 「西園寺公望論」 『五十周年記念論文集』明治大学政治経済研究所、1954年。  - 明治大学政経論叢第23巻第3・4号(政経学部五十周年記念号)。
  • 小田切秀雄浅田光輝 編「いわゆる「昭和維新」」 『近代日本断面史』青木書店〈青木新書〉、1955年。 
  • 福武直 編「日本人の社会意識」 『日本の社会』毎日新聞社〈毎日ライブラリー〉、1957年。 
  • 臼井吉見 編「自由民主党の政治感覚」 『現代教養全集』 第21、筑摩書房、1960年。 
  • 大宅, 壮一桑原, 武夫阿川, 弘之 編「アフリカ旅日記」 『世界の旅』 第3、中央公論社、1962年。 
  • 日本弁護士連合会 編「時事放談」 『特別研修叢書』 昭和44年度、日本弁護士連合会、1970年7月。 

共著[編集]

  • 富田信男「国民政治意識の基調と変化の態様」 『弓家七郎博士古稀記念論文集』 第31巻第6号、明治大学政治経済研究所〈明治大学政経論叢〉、1964年。 
  • 富田信男 『政治悪への挑戦』ダイヤモンド社、1967年。 
  • 富田信男 『保守独裁の底辺』文雅堂銀行研究社、1968年。  - 現代日本の政治意識(藤原弘達)の続編。
  • 富田信男 『現代政治と議会制民主主義』有信堂〈Yushindo sosyo〉、1969年。 
  • 石原慎太郎羽仁進 『いかに国を守るか』日新報道、1970年。 
  • 小浪義明新谷波夫 『裸のデヴィ夫人 波瀾の半生における実像』八雲井書院、1970年。 
  • 内藤国夫 『創価学会に未来はあるか 「興」から「亡」へ動き出した巨大集団の実相』日新報道、1979年9月。 
  • 細川隆元 『隆元・弘達の実録「時事放談」うらおもて』山手書房、1979年4月。 
  • 長谷川慶太郎 『激動を射る』プレジデント社、1982年10月。 
  • 長谷川慶太郎 『転換期の処方箋 「激動を射る」第二弾』プレジデント社、1983年6月。 
  • 山口敏夫 『この日本をどうするか 中東・日米関係・コメと人・教育・不公正是正・政治改革を語る』日新報道、1990年12月。ISBN 4-8174-0249-0 

編著[編集]

  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 1巻、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。ISBN 4-05-102293-5  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 2巻、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。ISBN 4-05-102294-3  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 3巻、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。ISBN 4-05-102295-1  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 4巻、藤原弘達著作刊行会、1986年10月。ISBN 4-05-102339-7  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 5巻、藤原弘達著作刊行会、1986年10月。ISBN 4-05-102340-0  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 6巻、藤原弘達著作刊行会、1987年2月。ISBN 4-05-102341-9  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 7巻、藤原弘達著作刊行会、1987年2月。ISBN 4-05-102342-7  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 8巻、藤原弘達著作刊行会、1987年4月。ISBN 4-05-102343-5  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 9巻、藤原弘達著作刊行会、1987年9月。ISBN 4-05-102634-5  - 発売:学習研究社。
  • 藤原弘達 編 『藤原弘達のグリーン放談』 10巻、藤原弘達著作刊行会、1988年7月。ISBN 4-05-102635-3  - 発売:学習研究社。

翻訳[編集]

その他[編集]

  • 1968年頃から、ある不動産会社の原野販売の広告(『週刊サンケイ』(昭和43年10月28日号)『週刊読売』(昭和44年1月3日号))に藤原の推薦文が掲載されるようになった。この原野販売はいわゆる原野商法であり、藤原は断りもなく広告に文章を使われたとして不動産業者に抗議をしたが、既に雲隠れ状態となっていた。代わりに藤原の事務所には、北海道大滝村の原野を買わされた被害者からの抗議の電話がかかり続けた[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院会議録情報 第038回国会 法務委員会 第15号 昭和36年5月24日
  2. ^ 大隈秀夫「大宅壮一を読む」(時事通信社)プロローグ
  3. ^ 1965年(昭和40年)からスタートされた日曜版も含む
  4. ^ 『時』(1962年)4月号 参議院の目〃創価学会〃-第三勢力をねらうその実力と組織に(『 文藝春秋昭和38年(1963年)7月号
  5. ^ 藤原弘達 『角栄、もういいかげんにせんかい』(講談社 1984年9月)藤原によると、その都度創価学会信者から激しい抗議の手紙が相次いだという。その一方で、創価学会系の出版社が発行している雑誌(『』)への寄稿、講演会への出席などを誘う懐柔策も採られていたという。その後、元学会会員だった植村左内隈田洋(ペンネームは福島泰照)などが書いた創価学会批判の本が創価学会側の妨害に会い、出版できなかったと主張。藤原によると、彼をマスコミに出られなくし、教授としての地位を奪おうとするためと思われる中傷やいやがらせが、エスカレートするようになったと主張している。藤原は『新評』(新評社)紙上で「公明党七つの大罪」という論評を書いたが、これに対しても、掲載前から圧力があり、同雑誌の発売後も、広告代理店などに手を回して、圧力をかけてきたと主張。さらに、毎日新聞社記者・内藤国夫の公明党批判の本も各方面から圧力を受けたとし、創価学会・公明党の問題を指摘すること以上に、言論に対する圧力に対して人間の権利を確保するための闘いとしての認識が強まったというと後に主張している。懇意にしていた書店、出版社主から本の出版を断られたので、「日新報道」という小出版社を選んだと表明した。
  6. ^ 島田裕巳『創価学会』 岩波書店、2004年6月20日。ISBN 4-10-610072-X。pp.95-96
  7. ^ 固定資産税賦課徴収懈怠違法確認(住民訴訟)請求事件,損害賠償(住民訴訟)請求事件 東京地方裁判所 平成16年3月25日 全文 (PDF)
  8. ^ 「藤原弘達「創価学会を斬る」は今も生きている」『週刊新潮』第45巻13号(通号 2245号)、新潮社、2000年3月30日、 pp. 55-56、 ISSN 0488-7484
  9. ^ 原始林売りつけ暴利 PR文を藤原弘達氏『朝日新聞』1970年(昭和45年)10月23日夕刊 3版 11面

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]