本田維憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本田 維憲
ほんだ これのり
生年月日 (1936-05-06) 1936年5月6日(81歳)
出生地 大分県竹田市君ケ園
出身校 明治大学政治経済学部政治学科卒業
前職 大分放送
所属政党 無所属

日出町町長
当選回数 2回
在任期間 1996年10月15日 - 2004年7月26日
テンプレートを表示

本田 維憲(ほんだ これのり、1936年5月6日 - )は、日本政治家。元大分県速見郡日出町長(2期)。株式会社ハーモニーランド監査役、株式会社日出ハイテック代表取締役社長を歴任。

略歴[編集]

1936年(昭和11年)5月6日、大分県直入郡松本村(現・竹田市)で軍医をしていた本田文生と妻千枝の三男として生まれる。

1960年(昭和35年)に明治大学政治経済学部政治学科を卒業し[1]、株式会社ラジオ大分(現・株式会社大分放送)に入社[2]。秘書部長、総務局長等を歴任し、1994年(平成6年)に大分放送を退職[3]。この間、1975年(昭和50年)に日出町に移住。

1996年(平成8年)に民間出身として初めて日出町長に当選(一期)。2000年(平成12年)には任期満了に伴う町長選で再選(二期)。

平成の大合併では、隣接する杵築市山香町大田村との合併を推進する立場をとった[3]2003年(平成15年)1月に設置された4市町村合併協議会(法定協議会)では、日出町は新市名を速見市とし、庁舎を日出町に置くことを主張し、新市の名称や庁舎の位置をめぐって協議が難航。いったんは協議会の解散も決議されたが、2004年(平成16年)6月18日に新市名を杵築市、新庁舎の位置を日出町役場とすることを決定した。しかし、7月12日に4市町村で行われた合併関連議案の審議では、他市町村が可決した一方、日出町は否決。本田は7月20日に責任をとって町長の辞表を提出した[4][5][6]

年表[編集]

  • 1936年 - 大分県竹田市に生まれる。
  • 1955年 - 大分県立竹田高等学校卒業。
  • 1960年 - 明治大学政治経済学部政治学科卒業。
  • 1960年 - 株式会社ラジオ大分(現・株式会社大分放送)入社。
  • 1978年 - 秘書部長、役員室次長兼任。
  • 1987年 - 東京支社次長、業務部長、総務部長兼任。
  • 1991年 - 株式会社メディアワーク(現・株式会社OBSメディアワーク)常務取締役、総合計画室長兼務。
  • 1993年 - 株式会社メディアワーク専務取締役、総務局長兼務。
  • 1994年 - 株式会社大分放送退職。
  • 1996年 - 日出町長当選(一期)。民間出身で初当選。
  • 1996年 - 株式会社日出ハイテック代表取締役社長[7]
  • 1996年 - 株式会社ハーモニーランド監査役。
  • 1996年 - 大分県沿岸漁業振興協議会委員。
  • 1997年 - 大分県都市計画地方審議会委員。
  • 1998年 - 中央保健所運営協議会委員。
  • 2000年 - 日出町長当選(二期)。任期満了に伴う町長選で再選。
  • 2000年 - 別杵速見地域広域市町村圏計画策定審議会委員。
  • 2001年 - 日出町とオーストラリアヌーサ市が友好協定を締結。
  • 2002年 - 東九州自動車道大分県北建設促進期成会副会長。
  • 2002年 - 大分県基地周辺整備対策協会副会長。
  • 2002年 - 全国町村下水道推進協議会大分県支部長。
  • 2003年 - 日出町、杵築市、山香町、大田村の4市町村合併協議会の会長に就任。
  • 2003年 - 大分県土地改良事業団体連合会理事。
  • 2003年 - 宇佐・国東半島観光協会会長。
  • 2004年 - 町長を退任。

政策[編集]

  • 日出町100年の町づくり第一歩、先人達がつちかったものを大切に受け継ぎ、新しくスケールアップした発想で21世紀に展開します。
  • 行政だけではなく町民の活力と発想を活かした町づくり。クリーンでガラス張りの町政の推進。
  • こどもたちに託せる未来の創造。緑と海に囲まれた日出町の自然を大切に。

人物[編集]

参考文献[編集]

  • 曽野綾子・坂谷豊光『湯布院の月』(1998年5月15日、毎日新聞社、89頁、161頁)
  • 曽野綾子『曽野綾子自伝 この世に恋して』(2012年12月27日、ワック、7頁 写真:曽野綾子の右隣)

脚注[編集]

  1. ^ 会員紹介 明治大学マスコミクラブ
  2. ^ 九州民放クラブ大分会報 大分みんく 第70号 (PDF) 九州民放クラブ大分、2016年7月、4頁 9頁
  3. ^ a b 官庁速報ヘッドライン 【トップインタビュー】本田維憲・大分県日出町長 人口増続く「豊かな町」に 時事通信社、2003年10月7日
  4. ^ 日出町長 辞任の意向 異例の展開 混乱また/合併”. 2004年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月30日閲覧。 大分合同新聞、2004年7月13日
  5. ^ 合併協議における再出発事例 総務省
  6. ^ 森川洋「九州における「平成の大合併」の比較考察(中) (PDF) 自治総研通巻404号 2012年6月号
  7. ^ 株式会社日出ハイテック おおいたバーチャル国際見本市(一般社団法人大分県貿易協会)
  8. ^ 交流育む場30年 日出町などの囲碁愛好者でつくる「日碁会」 大分合同新聞、2017年6月19日朝刊 10頁
  • 「日出町長選 "民間出身"が功奏す」大分合同新聞、1996年9月30日朝刊
  • 「日出町長選 大差”感激でいっぱい”」大分合同新聞、2000年10月2日朝刊、夕刊
  • 「きずなさらに強く 相互交流の促進目指す」大分合同新聞、2001年10月10日朝刊
  • 「ふるさと発 日出町子ども議会 小学6年生24名が参加」朝日新聞、1999年1月15日朝刊、29頁
  • 「地方行政 道標 "歴史に学ぶ"」時事通信社、1999年5月20日
  • 「日出町のボート泊地計画 論議不足否めず」毎日新聞、2000年1月22日朝刊
  • 「最前線 "九州ブロック"」西日本新聞、2000年5月19日朝刊、34頁
  • 「異例の再提案 福祉センター契約 日出町議会、一転可決」毎日新聞、2000年5月24日朝刊、25頁
  • 「日出町議会 "町長の辞職願 同意"」大分合同新聞、2004年7月26日夕刊、11頁
  • 「本田日出町長の退任式」大分合同新聞、2004年7月27日朝刊、10頁
  • 「独立独歩町を磨く」合併10年 現場からの報告」朝日新聞、2014年3月26日朝刊


外部リンク[編集]