細川隆元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
細川 隆元
ほそかわ たかちか
生年月日 1900年1月17日
出生地 熊本県熊本市
没年月日 (1994-12-19) 1994年12月19日(94歳没)
出身校 東京帝国大学
前職 朝日新聞東京本社編集局長
所属政党日本社会党→)
無所属

選挙区 熊本2区
当選回数 1回
在任期間 1947年4月26日 - 1948年12月23日
テンプレートを表示

細川 隆元(ほそかわ たかちか、1900年1月17日 - 1994年12月19日)は、日本政治評論家衆議院議員熊本県熊本市出身。有職読みでりゅうげんと呼ばれた。

プロフィール[編集]

中学濟々黌旧制第五高等学校(現熊本大学)を経て1923年東京帝国大学法学部を卒業、同年朝日新聞社に入社する。記者を務め1936年政治部長、1940年ニューヨーク支局長、1944年編集局長。

1947年朝日新聞社に在籍したまま熊本県知事選に出馬するも落選した。同年、朝日新聞を退社して日本国憲法成立直後の第23回衆議院議員総選挙日本社会党から熊本2区から出馬して初当選、衆議院議員を1期務めた。

その後、政治評論家に転身し1957年から始まったTBSの『時事放談』で小汀利得(後に藤原弘達)とホストを務めた。歯に衣着せない毒舌で影響力を誇り、特に保守本流の立場での言動が目立った。

ビートルズ来日の際には日本武道館を会場とすることに対して、小汀ととも、ファンの少年少女を批判する言論を張り、彼らを「コジキ芸人」と罵倒した。

1994年12月19日、脳梗塞のため94歳で死去。

著書[編集]

  • 『昭和人物史――政治と人脈』(文藝春秋新社, 1956年)
  • 『大狸小狸』信友社 1957
  • 『実録朝日新聞』中央公論社 1958
  • 田中義一』(三代宰相列伝)時事通信社 1958
  • 『現代の政治家 政界のホープ五十人』雪華社 1960
  • 『朝日新聞外史 騒動の内幕』秋田書店 1965
  • 『戦後日本をダメにした学者・文化人』山手書房 1978
  • 『隆元のはだか交友録――時事放談こぼれ話』(山手書房 1978年/改訂版, 1983年)
  • 『隆元のわが宰相論――戦後歴代総理の政治を語る』(山手書房, 1978年)
  • 『対話こそ人生だ――隆元さわやか対談集』(山手書房, 1980年)
  • 『男でござる 暴れん坊一代記』山手書房 1981
  • 『天皇陛下と語る』(山手書房, 1982年)
  • 『隆元の一九八四年 ― 心残りで死にきれん』(山手書房, 1984年)

共著[編集]

  • 『時事放談「四人組」の大放談』藤原弘達、土屋清加藤寛[要曖昧さ回避]共著 山手書房 1979
  • 『隆元・弘達の実録「時事放談」うらおもて』(藤原弘達との対談、山手書房, 1979年)
  • 『生存か滅亡か 岐路に立つ日本』藤原弘達、土屋清、加藤寛共著 山手書房 1981
  • 『世相は踊る 時事巷談 黙っていては悪がはびこる』斎藤栄三郎共著 通産新報社出版局 1981
  • 『黙っておれるか』竹村健一共著 山手書房 1981
  • 『隆元・先端技術に挑む―牧野昇がすべてに答える』牧野昇との対談、山手書房, 1983年/集英社文庫 1985年)
  • 『耐えてこそ勝つ 人を活かし企業を活かす』坪内寿夫共著 山手書房 1984
  • 『ちょっと待て先端技術―21世紀、人間は幸福になれるのか』(牧野昇との対談、山手書房 1984年/集英社文庫, 1985年)

縁戚[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 細川護熙については、細川立孝の血統ではないかとの説もあるが、真相は定かではない。