半保護されたページ

吉川美代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

よしかわ みよこ
吉川 美代子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1954-05-08) 1954年5月8日(68歳)
血液型 AB型
最終学歴 早稲田大学教育学部
所属事務所 TBSスパークル
職歴 TBS編成局アナウンス部担当部長
→同部スペシャリスト局長
→同アナウンス部担当局長
→経営企画室担当局長・キャストプラス出向[1]
キャスト・プラス
活動期間 1977年 -
配偶者 独身(離婚歴あり)
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演経歴土曜ワイドラジオTOKYO
JNNおはようニュース&スポーツ
JNNニュースコープ
JNNニュースの森』(週末)
CBSドキュメント
みのもんたの朝ズバッ!
(コメンテーター)など
その他 TBS解説委員(2004年 - 2014年)
TBSアナウンススクール校長(2001年 - 2014年)
キャスト・プラス取締役(2014年 - 2016年)

吉川 美代子(よしかわ みよこ、1954年5月8日 - )は、日本アナウンサーニュースキャスター司会者

神奈川県横浜市出身。TBSスパークル(旧:キャスト・プラス)所属。早稲田大学教育学部卒業。血液型AB型。趣味はジャズを歌うこと。ラッコや海洋動物にも造詣が深い。

1977年4月、TBSにアナウンサー第17期生として入社。アナウンサー兼解説委員、TBSアナウンススクール校長、プリンスウィリアムサウンドサイエンスセンター研究員、日本鯨類研究所非常勤理事[2]等を歴任後、2014年5月31日に同社を定年退職してからは、キャスト・プラス取締役(2016年10月に退任)の他にキャスター、フリーアナウンサー、コメンテーターも務める。

来歴

子供の頃からTBSラジオをよく聴いていた等の理由から、アナウンサーに憧れていた[3]。本格的にアナウンサーを志したきっかけは、中学生時代に吉川の通っていた中学校ブラスバンド部がTBSラジオの番組『こども音楽コンクール』に取り上げられたことである。生徒を代表して吉川がブラスバンド部の紹介を行った所、当時同番組の司会を担当していたアナウンサーの山本文郎に「素晴らしい紹介だったよ。君は将来の吉川アナウンサーですね」と褒められたことが強く印象に残り、以後アナウンサーになることを将来の目標とするようになる[4]。中学と神奈川県立横浜平沼高等学校では放送部に所属し[3]、高校卒業後は早稲田大学教育学部に進学[5][6][7]、大学在学中は成績が優秀だったため、大隈奨学金を授与[3]。しかし、大学生時代は特に放送研究会のようなサークルには入っていなかった[4]。大学卒業の時には「アナウンサーは狭き門で自分にはコネもないし、現実として難しそう」と思い、父親が中学教師だったこともあり、同じく中学の社会科教師を目指し、教員採用試験にも合格していた[3]

就職活動時に当時の東京放送(現:TBS)のアナウンサー採用試験を受けた際に、3次試験で1分間の自己紹介をすることになったが、吉川の目の前に座っていた面接官の一人が偶然にも前述の山本であったため、吉川は機転を利かせて事前に考えていた自己紹介内容を変更し、中学時代に山本から言われた一言がきっかけでアナウンサーを志すようになったエピソードを話したという(ちなみに、この吉川の自己紹介について山本は◎の採点を付けたとのこと)[6][7]

TBSの同期に神津栄子(旧姓:浅井)、三雲孝江[8][9]。同社にとっては9年ぶりの女性アナウンサー採用となった[9][3]。若手時代は、「TBSの松坂慶子と呼ばれた[10]

アナウンサー1期先輩の生島ヒロシとは仲が良く[11]、生島は吉川のことを「美代ちゃん」と呼んでいた。

先述の採用試験のエピソードもあって、入社以降も山本から度々声をかけて励ましてもらう等、親しくしていた(山本は吉川と20歳離れているため、山本は吉川を「美代子」と呼び、娘の様に接していた。また、吉川は山本を「文(ぶん)さん」と呼んでいた)。入社2年目の1978年には、かつて山本が担当していた『こども音楽コンクール』の司会への抜擢を山本自ら吉川に告げた所、吉川は大変喜んだという[6]

1981年1月 - 3月は国会記者クラブ記者を兼務。当時は報道を担当する女性アナウンサーは少なかったため、報道という慣れない仕事で思い悩む吉川に、山本は頻繁に声をかけて励まし、吉川もいつも楽しんで仕事をしている山本の姿に刺激を受け、目標にしていたという[6]

1993年6月9日の特別番組「朝見の儀」中継ではスタジオにてアナウンスを担当[12][13]

山本が1994年にTBSを退社してフリーになってからも、吉川と山本との交流は続いていた。2008年に山本が再婚して以降、ある時、山本から「美代子、俺の奥さんの料理は美味いから食べに来いよ」と誘われていたが、都合が付かず行けずにいる内に2014年2月に山本が死去し、約束を果たせなかったことを悔やんでいると語っている[7]

2014年5月31日に、TBSを定年退職となり、当日に『サワコの朝』にゲスト出演[14]。6月にキャスト・プラス取締役[15]7月1日、講師・カルチャーコメンテーターとの兼務。2016年10月、取締役を退任。)、NPO「全国万引き犯罪防止機構」広報委員会委員長、警察大学校講師等を務める。TBSアナウンススクールの校長職を岡田泰典が承継[16]

退職翌月の6月28日にはフジテレビの『新・週刊フジテレビ批評』にゲスト出演し、法政大学教授の稲増龍夫と「テレビ局女子アナウンサー」を巡って討論を繰り広げた[17][18]

2016年11月30日、2017年4月から京都産業大学現代社会学部の客員教授に就任することが発表された[19]

2017年、吉川は過去に初期ガンの手術を受けたことを明かした。これに関連し、2021年10月4日、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演した際には、同番組出演の9年前(2012年頃)にガン手術を受け、その5年後に寛解を宣言されたものの、その3年後(2020年頃)に別の場所へのガン再発が見つかったと述べた。しかし、2012年の手術時は1カ月で復帰し[20]、その後もテレビ出演や教育活動を続けている。

人物

TBS時代には特に後輩の女性アナウンサーに対する指導の厳しさがしばしば取り上げられ、後述する日本テレビ解決!ナイナイアンサー』では「日本一厳しい女性アナウンサー」と紹介された。これについて、吉川自身は「注意してあげるのが親切。恥をかくのは本人。だから厳しいとか言われたくない、感謝されたいくらい」として、「ほめる所はちゃんとほめた上で、ここはダメと叱る」という持論を2017年4月28日の東京メトロポリタンテレビジョンTOKYO MX5時に夢中!』出演時に述べている[21]

2003年4月から2009年3月までTBSに在職していた小林麻耶とは2015年2月22日放送の日本テレビ『行列のできる法律相談所』で小林の退職後に初となる6年ぶりの対面を果たした。吉川が番組に現れる前に小林は、テレビで吉川を見ると無意識に姿勢を正してしまう、TBS入社直後に吉川から「華美な服装をしないように」と注意されたが従わず、それ以来は吉川との会話がなかった、そもそも入社時に吉川が自分の内定に反対していたグループのトップだったと聞いていた、などのエピソードを披露した。一方、後から登場した吉川は採用に反対していないとした上で、実況テストの際に「局アナで情報を伝えるよりもタレントの方が個性が活かせると思っていた」と延べ、内定後にも1年間アナウンススクールで勉強したことを「凄い根性だと思った」と評価し、同番組の最後に二人は握手を交わした[22]。ただ、採用試験時については小林不在時の2018年8月25日放送の読売テレビ特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』出演において、「小林は頭のてっぺんから出るような(高い)声」をしていたので「だから私(吉川)は評価しなかった」と振り返っている[23]。その後も小林については厳しい言葉をかける事があり、2019年8月16日放送のフジテレビバイキング』では小林の話し方に対して吉川が「やだ~!じゃないでしょ!」とたしなめ「一度でもTBSアナウンサーを名乗った時期があるのなら、『やだ~!』はダメです!」と番組中で叱責した。

2005年4月から2010年末までTBSに在職した青木裕子については、2014年10月28日放送の『解決!ナイナイアンサー』出演時に、入社時の研修ではニュース読みの悪さにと比較してレオ・ブスカーリア著の絵本『葉っぱのフレディ』を朗読させたら上手で、青木の退社時にこれを伝えたと明かした。同番組の司会は青木の夫であるナインティナイン矢部浩之で、子どもができたら読み聞かせをやるように薦めた吉川の言葉を妻の青木が夫婦間の子育てで実践していると答えた[24]

また、2009年4月から2014年9月までTBSに在職した田中みな実についても、2019年8月10日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』内で1年間にわたるアナウンススクールでの指導から「根性のある頑張りや、アシスタントの実力は天下一品」と高く評価した[25]

このように概ね肯定的な評価を下す後進の女性アナウンサーがいる一方、吉川は上記の番組内でテレビ局を早期に退職して芸能プロダクション所属のタレントになる女性アナウンサーに対して苦言を述べている[25]。また、男性アナウンサーと比較してタレント性を求められる例がたびたびある女性アナウンサーがしばしば「女子アナ」と呼ばれることについて、吉川は2014年に『週刊朝日』誌上で「『女子アナ』という言葉には、意識していなくてもどこか軽く見下すような響きがあって嫌いです。『女子アナ』と呼ばれて浮かれていないで、プロとしての技術を磨いてほしいです。」という言葉を作家の林真理子に対して述べた[15]。TBS退職後に出演した同年6月28日放送のフジテレビ新・週刊フジテレビ批評』でも、同局が1980年代に進めた「軽チャー路線」から定着した女子アナという呼称に「アナウンサーが軽く見られている」と批判を加え、TBSの採用方針にも苦言を呈して、「育てることをしなくなった放送局にも責任がある」と述べた[17]

吉川は2022年5月9日に公開されたサントリー社のペットボトル緑茶飲料、伊右衛門『特茶』のCM動画に出演したが、この中では同商品についての情報をニュースキャスター役として紹介する際に「若者言葉」と称される多くの俗語を頻用するナレーションを演技し、通常のイメージとは大きく異なる姿がマスメディアの記事として取り上げられた[26]

アナウンサー以外については、俳優の安田顕の大ファンであり、安田が『全力!脱力タイムズ』に出演した際には、「会えてうれしい」と感激をあらわにした[27]

私生活では2度の離婚経験があることを2018年のテレビ出演で自ら明かしている[28]

出演

テレビ

ラジオ

ウェブテレビ

CM

著書

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ “人事、TBSテレビ (2)”. 日本経済新聞. (2014年4月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNMSJD30501_S4A400C1000000/ 2014年4月3日閲覧。 
  2. ^ 役員名簿(平成19年6月15日現在) (PDF) 財団法人日本鯨類研究所 (Internet Archive)
  3. ^ a b c d e 日刊スポーツ 2015年2月28日 21面「あの人に聞きたい 著名人にロングインタビュー 吉川美代子さん(上)」
  4. ^ a b 日刊ゲンダイ 2017年10月24日 19面「喜怒哀楽のサラリーマン時代」
  5. ^ 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)、「TBS」のページより。
  6. ^ a b c d 『アナウンサーが教える 愛される話し方』第1章『アナウンサー歴37年でわかった「話し方」の大切さ』より。
  7. ^ a b c 2014年7月20日放送『行列のできる法律相談所』”. TVでた蔵 (2014年7月20日). 2015年1月13日閲覧。
  8. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1977.4<17期生> 浅井栄子 三雲孝江 吉川美代子」
  9. ^ a b 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、26-27頁。「77.4 <17期生> *女性アナの採用は9年ぶり 浅井 栄子 三雲 孝江 吉川美代子」
  10. ^ 「ライオンのごきげんよう」 2014年10月29日(水)放送内容”. 価格.com (2014年10月29日). 2015年1月13日閲覧。
  11. ^ 2014年10月11日放送『メレンゲの気持ち』”. TVでた蔵 (2014年10月11日). 2015年1月13日閲覧。
  12. ^ a b c d 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「吉川美代子 R「土曜ワイドラジオTokyo」「ワールド・トゥデイ(1988)」 TV「ニューススコープ(1984)」「ニュースの森(1992)」「新サンデーモーニング」☆93.6.9 特別番組「朝見の儀」中継(スタジオにてアナウンス)」
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、27頁。「吉川美代子… R「野球はドラマだ(77)」「ラジオエッセイ(77)」「ラジオ民謡お話どんどん(77)」「歌謡曲ゴールデンスタジアム(78)」「こども音楽コンクール(78)」「大沢悠里ののんびりワイド(79)」「加瀬英明のハローワールド(79)」「久米宏の土曜ワイドラジオTokyo(80)」「ナイターワイドスペシャル」「ワールド・トゥデイ(88)」 TV「おはよう700日本中継(77)」「ザ・ベストテン(78)」「JNNおはようニュース&スポーツ(83)」「ニューススコープ(84)」「JNNスポーツ&ニュース(90)」「ニュースの森(92)」「JNNニュース」「新サンデーモーニング<リポーター>(97)」 ☆93.6.9 特別番組「朝見の儀」中継(スタジオにてアナウンス)」
  14. ^ “TBS吉川美代子アナ 31日で定年退職…若手アナへ“苦言”も”. スポーツニッポン. (2014年5月31日). オリジナルの2014年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140531105444/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/31/kiji/K20140531008266770.html 2014年5月31日閲覧。 
  15. ^ a b “元TBSアナ「“女子アナ”という言葉は嫌い」 〈週刊朝日〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)”. 朝日新聞デジタル. (2014年6月9日). http://dot.asahi.com/wa/2014060600056.html 2014年6月12日閲覧。 
  16. ^ 新校長としての挨拶より。”. TBS. 2014年6月7日閲覧。
  17. ^ a b “元TBSアナ吉川美代子氏 フジ番組で“古巣に苦言”の波紋”. 日刊ゲンダイ. (2014年6月30日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/151483 2014年6月30日閲覧。 
  18. ^ 新・週刊フジテレビ批評・"女子アナ"に物申す”. フジテレビジョン (2014年6月28日). 2014年6月30日閲覧。
  19. ^ “元TBS吉川美代子アナが京都産業大客員教授に就任「熱気あふれる授業を」”. スポーツ報知. (2016年11月30日). オリジナルの2016年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161130092100/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161130-OHT1T50105.html 2016年11月30日閲覧。 
  20. ^ 元TBS吉川美代子アナ がん再発していた 医師から「再発なし」診断の3年後”. デイリースポーツ (2021年10月4日). 2022年5月8日閲覧。
  21. ^ 吉川美代子「恥かくの本人」小林麻耶らに過去鬼指導”. 日刊スポーツ (2017年4月28日). 2022年5月8日閲覧。
  22. ^ 小林麻耶、吉川美代子の言葉に涙”. 日刊スポーツ (2015年2月23日). 2022年5月8日閲覧。
  23. ^ 小林麻耶さんを「私は評価しなかった」 吉川アナ明かす”. デイリースポーツ (2018年8月25日). 2022年5月8日閲覧。
  24. ^ 青木裕子 大先輩吉川美代子の指示実践”. デイリースポーツ (2014年10月28日). 2022年5月8日閲覧。
  25. ^ a b 田中みな実を恩師・吉川美代子がべた褒め 学生時代の意外な姿も”. サンケイスポーツ (2019年8月10日). 2022年5月8日閲覧。
  26. ^ “吉川美代子、CMでアッと驚く若者言葉を連発「やばみざわ」「ぴえん超えてぱおん」”. ORICON NEWS. (2022年5月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2234033/full/ 2022年5月15日閲覧。 
  27. ^ 安田顕、『脱力タイムズ』初登場「裏の裏の、そのまた裏を突いてくるような面白さ」” (日本語). マイナビニュース (2021年12月16日). 2022年1月31日閲覧。
  28. ^ 吉川美代子、今の女子アナに"吉川節"さく裂! 田中みな実にも言及”. マイナビニュース (2018年4月14日). 2022年5月8日閲覧。
  29. ^ 「朝ズバッ!」 2014年2月27日(木)放送内容”. 価格.com. 2014年6月12日閲覧。
  30. ^ カイギ/事件は会議室じゃない!「カイギ」で起きている!”. dtvチャンネル (2021年3月31日). 2021年4月2日閲覧。

参考文献

  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。

外部リンク