藤原行正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤原行正
ふじわら ぎょうせい
生年月日 (1929-02-09) 1929年2月9日(88歳)
出生地 関東州大連市(現・中華人民共和国の旗 中国遼寧省
所属政党 (無所属 →)
(公明政治連盟→)
公明党→)
無所属
称号 藍綬褒章(1984年)

選挙区 杉並区選挙区
当選回数 7回
在任期間 1963年4月 - 1989年7月22日

当選回数 2回
在任期間 1955年4月 - 1963年3月
テンプレートを表示

藤原 行正ふじわら ぎょうせい1929年(昭和4年)2月9日 - )は、日本政治家

杉並区議会議員(2期)、東京都議会議員(7期)、公明党中央執行委員、都議会公明党幹事長を歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

関東州大連出身。6人兄弟の次男。戦後、熊本県天草引揚げのあと1948年(昭和23年)上京。1949年(昭和24年)創価学会に入会し、当時会長だった戸田城聖と知り合う。

杉並区議会議員に初当選[編集]

1954年(昭和29年)、創価学会男子部第7部隊長の任命を受ける。1955年(昭和30年)4月、学会の政界進出第1弾となった第3回統一地方選挙では東京都杉並区議会議員選挙に無所属(学会推薦)で立候補、初当選。

東京都議会議員に当選[編集]

1963年(昭和38年)4月に東京都議会議員に初当選。以後、1989年(平成元年)6月まで7期26年間、都議会議員を務め上げる。

1969年(昭和44年)創価学会と公明党が、創価学会を批判する本の出版・流通を妨害したとされる「言論出版妨害事件」に、公明党の中央幹部会員として事件に関わる。

この間、1970年(昭和45年)6月に公明党中央執行委員、1973年(昭和48年)には都議会公明党幹事長に就任する。

1984年(昭和59年)に、藍綬褒章を受章。これと自らの議員生活30周年記念を兼ねて高輪プリンスホテル(当時)でパーティーを開催するが、そこで池田大作に反旗を翻す決意を表明[1]

1985年(昭和60年)、7期目の都議会選挙に当選するが、都議会公明党幹事長の職から下ろされる[1]

定年を前に公明党から都議会選挙での公認を外され、創価学会批判の急先鋒となる[1]

池田大作暗殺計画[編集]

1988年(昭和63年)9月18日東京都新宿区西新宿ヒルトン東京である暴力団幹部に会い、着手金2億5千万円と成功報酬2億5千万円で池田の殺害を依頼した。しかし藤原が着手金を払えなかったため、10月5日、契約は頓挫し発覚した [2][3][4]

政界引退[編集]

1989年(平成元年)6月、区議会議員2期・都議会議員7期を務め引退。この頃より、反創価学会の活動が明確化する。その後、同時期に池田を批判する論文を発表して公明党、創価学会を除名された大橋敏雄と歩調を合わせるようになった。反学会活動家として活動し始めたは藤原のほうが先だが、一部では大橋の行動に藤原が同調したという見方もされている。それから10年を経て、藤原の議員在職中長く党中央執行委員長を務めた竹入義勝も反学会に転じ、藤原、大橋と行動を共にしている。

役職歴[編集]

  • 公明党
    • 中央執行委員
  • 都議会公明党
    • 幹事長

著書[編集]

『池田大作の素顔』 講談社1989年4月 ISBN 4062041863

脚注[編集]

  1. ^ a b c 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4022612861
  2. ^ 『地涌(じゆ)からの通信 - 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う〈1〉』 はまの出版1991年3月 ISBN 4893611232
  3. ^ 『暁闇 - 二枚舌・山崎正友と宗門問題』 報恩社2002年12月 ISBN 4902059002
  4. ^ 聖教新聞 2005年2月10日付