第4次安倍内閣 (第2次改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第4次安倍第2次改造内閣
Abe Government 20190911.jpg
国務大臣任命式後の記念撮影
(2019年9月11日)
内閣総理大臣 第98代 安倍晋三
成立年月日 2019年令和元年)9月11日
終了年月日 2020年(令和2年)9月16日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
自公連立政権
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第4次安倍第2次改造内閣(だいよじ あべ だいにじ かいぞうないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁安倍晋三が第98代内閣総理大臣に任命され、2019年令和元年)9月11日から2020年(令和2年)9月16日まで続いた日本の内閣である。

自由民主党公明党による自公連立政権を形成する。令和時代に入ってから初めて発足した内閣であり、徳仁天皇として認証式を行った初めての内閣である(皇太子時代にも認証式を代行したことがある[注釈 1])。なお、閣僚の認証式は通常、皇居宮殿正殿、松の間で執り行われるが、2019年8月以降は松の間が即位礼正殿の儀高御座御帳台組み立て準備のために使用を取り止めていたため、代替措置として竹の間で執り行われた[2]

安倍晋三による通算11回目の組閣であり、これは憲政史上最多の組閣回数である。

安倍晋三の辞意表明に伴って施行された2020年自由民主党総裁選挙に於いて内閣官房長官菅義偉が第26代総裁に選出されたことを受け、2020年9月16日の午前の閣議に於いて内閣総辞職を行った。安倍の総理大臣連続在任日数は憲政史上最長の2822日に及んだ[3]

内閣の顔ぶれ、人事[編集]

第4次安倍第1次改造内閣自公連立政権)の閣僚のうち、留任は麻生副総理、菅官房長官の2名にとどまり、歴代の安倍晋三内閣において最大の改造となった。また、改造前から引き続き閣内に留まった4名は、4名とも引き続き従前の内閣総理大臣臨時代理就任順位のまま順位の変更は無かった。第4位のみ改造で退任した鈴木俊一に代わり、改造で再入閣した高市早苗が新たに指定された。

2019年10月31日、河井克行法相が2019年参院選での買収疑惑を報じられたことを受け辞任。後任には森まさこが就任した。

国務大臣[編集]

2019年(令和元年)9月11日任命[4]

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 安倍晋三 Shinzō Abe Official (cropped).jpg 衆議院
自由民主党
細田派
自由民主党総裁
副総理
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融)
麻生太郎 衆議院
自由民主党
麻生派
デフレ脱却担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第1位(副総理
留任
総務大臣
内閣府特命担当大臣
(マイナンバー制度)
高市早苗 Sanae Takaichi 200609.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位
再入閣
法務大臣 河井克行 Kawaikatsuyuki.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
初入閣
2019年10月31日免
森まさこ Mori Masako (2019).jpg 参議院
自由民主党
(細田派)
再入閣
2019年10月31日任
外務大臣 茂木敏充 Toshimitsu Motegi.jpg 衆議院
自由民主党
竹下派
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第3位
横滑り
文部科学大臣 萩生田光一 Koichi Hagiuda 201608.jpg 衆議院
自由民主党
(細田派)
教育再生担当
国立国会図書館連絡調整委員
初入閣
厚生労働大臣 加藤勝信 Katsunobu Katō.jpg 衆議院
自由民主党
(竹下派)
働き方改革担当 再入閣
農林水産大臣 江藤拓 Taku Etō (2019).jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
初入閣
経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償・
廃炉等支援機構)
菅原一秀 Isshu Sugawara cropped 2 Yukiya Amano Isshu Sugawara and Toshiro Ozawa 20130627.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
産業競争力担当
ロシア経済分野協力担当
2025年国際博覧会担当
原子力経済被害担当
初入閣
2019年10月25日免
梶山弘志 Kajiyama hiroshi.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
再入閣
2019年10月25日任
国土交通大臣 赤羽一嘉 Kazuyoshi Akaba.jpg 衆議院
公明党
水循環政策担当 初入閣
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力防災)
小泉進次郎 Shinjiro Koizumi.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
初入閣
防衛大臣 河野太郎 衆議院
自由民主党
(麻生派)
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第5位
横滑り
内閣官房長官 菅義偉 Yoshihide Suga cropped 2 Joint Press Announcement of the Okinawa Consolidation Plan.jpg 衆議院
自由民主党
(無派閥)
沖縄基地負担軽減担当
拉致問題担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第2位
留任
復興大臣 田中和徳 Tanaka Kazunori (2019).jpg 衆議院
自由民主党
(麻生派)
福島原発事故再生総括担当 初入閣
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(防災)
武田良太 Ryota Takeda.jpg 衆議院
自由民主党
二階派
行政改革担当
国家公務員制度担当
国土強靭化担当
初入閣
内閣府特命担当大臣
(少子化対策)
(沖縄及び北方対策)
(消費者及び食品安全)
(海洋政策)
衛藤晟一 Eto Seiichi (2019).png 参議院
自由民主党
(二階派)
一億総活躍担当
領土問題担当
初入閣
内閣府特命担当大臣
(クールジャパン戦略)
(知的財産戦略)
(科学技術政策)
(宇宙政策)
竹本直一 Naokazu Takemoto - World Economic Forum on East Asia 2011 (cropped).jpg 衆議院
自由民主党
岸田派
情報通信技術(IT)政策担当 初入閣
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策)
西村康稔 Yasutoshi Nishimura cropped 2 Urmas Paet and Yasutoshi Nishimura 20140131.jpg 衆議院
自由民主党
(細田派)
経済再生担当
全世代型社会保障改革担当
新型コロナ対策担当
(2020年3月6日以降[5]
初入閣
内閣府特命担当大臣
(地方創生)
(規制改革)
北村誠吾 Seigo Kitamura.jpg 衆議院
自由民主党
(岸田派)
まち・ひと・しごと創生担当 初入閣
国務大臣
内閣府特命担当大臣
(男女共同参画)
橋本聖子 Hashimoto Seiko (2019).jpg 参議院
自由民主党
(細田派)
東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当
女性活躍担当
初入閣

内閣官房副長官、内閣法制局長官[編集]

2019年(令和元年)9月11日任命。

職名 氏名 出身等 備考
内閣官房副長官 西村明宏 衆議院/自由民主党(細田派)
岡田直樹 参議院/自由民主党(細田派)
杉田和博 民間(警察庁 留任
内閣法制局長官 近藤正春 前内閣法制次長/経済産業省

副大臣[編集]

2019年(令和元年)9月13日任命。

職名 氏名 出身等 備考
復興副大臣 菅家一郎 衆議院/自由民主党(細田派)
横山信一 参議院/公明党
御法川信英 衆議院/自由民主党(麻生派) 内閣府、国土交通副大臣兼任
内閣府副大臣 大塚拓 衆議院/自由民主党(細田派)
平将明 衆議院/自由民主党(石破派
宮下一郎 衆議院/自由民主党(細田派)
寺田稔 衆議院/自由民主党(岸田派) 総務副大臣兼任
亀岡偉民 衆議院/自由民主党(細田派) 文部科学副大臣兼任
松本洋平 衆議院/自由民主党(二階派) 経済産業副大臣兼任
御法川信英 衆議院/自由民主党(麻生派) 復興、国土交通副大臣兼任
石原宏高 衆議院/自由民主党(石原派 環境副大臣兼任
山本朋広 衆議院/自由民主党(無派閥) 防衛副大臣兼任
総務副大臣 長谷川岳 参議院/自由民主党(細田派)
寺田稔 衆議院/自由民主党(岸田派) 内閣府副大臣兼任
法務副大臣 義家弘介 衆議院/自由民主党(細田派)
外務副大臣 鈴木馨祐 衆議院/自由民主党(麻生派)
若宮健嗣 衆議院/自由民主党(竹下派)
財務副大臣 遠山清彦 衆議院/公明党
藤川政人 参議院/自由民主党(麻生派)
文部科学副大臣 上野通子 参議院/自由民主党(細田派)
亀岡偉民 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府副大臣兼任
厚生労働副大臣 稲津久 衆議院/公明党
橋本岳 衆議院/自由民主党(竹下派)
農林水産副大臣 伊東良孝 衆議院/自由民主党(二階派)
加藤寛治 衆議院/自由民主党(細田派)
経済産業副大臣 牧原秀樹 衆議院/自由民主党(谷垣G
松本洋平 衆議院/自由民主党(二階派) 内閣府副大臣兼任
国土交通副大臣 青木一彦 参議院/自由民主党(竹下派)
御法川信英 衆議院/自由民主党(麻生派) 復興、内閣府副大臣兼任
環境副大臣 佐藤ゆかり 衆議院/自由民主党(二階派)
石原宏高 衆議院/自由民主党(石原派) 内閣府副大臣兼任
防衛副大臣 山本朋広 衆議院/自由民主党(無派閥) 内閣府副大臣兼任

大臣政務官[編集]

2019年(令和元年)9月13日任命。

職名 氏名 出身等 備考
復興大臣政務官 藤原崇 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府大臣政務官兼任
青山周平 衆議院/自由民主党(細田派) 内閣府、文部科学大臣政務官兼任
中野洋昌 衆議院/公明党 内閣府、経済産業大臣政務官兼任
内閣府大臣政務官 神田憲次 衆議院/自由民主党(細田派)
今井絵理子 参議院/自由民主党(麻生派)
藤原崇 衆議院/自由民主党(細田派) 復興大臣政務官兼任
進藤金日子 参議院/自由民主党(二階派) 総務大臣政務官兼任
青山周平 衆議院/自由民主党(細田派) 復興、文部科学大臣政務官兼任
中野洋昌 衆議院/公明党 復興、経済産業大臣政務官兼任
和田政宗 参議院/自由民主党(無派閥) 国土交通大臣政務官兼任
加藤鮎子 衆議院/自由民主党(谷垣G) 環境大臣政務官兼任
渡辺孝一 衆議院/自由民主党(岸田派) 防衛大臣政務官兼任
総務大臣政務官 木村弥生 衆議院/自由民主党(無派閥)
斎藤洋明 衆議院/自由民主党(麻生派)
進藤金日子 参議院/自由民主党(二階派) 内閣府大臣政務官兼任
法務大臣政務官 宮崎政久 衆議院/自由民主党(竹下派)
外務大臣政務官 尾身朝子 衆議院/自由民主党(細田派)
中谷真一 衆議院/自由民主党(竹下派)
中山展宏 衆議院/自由民主党(麻生派)
財務大臣政務官 井上貴博 衆議院/自由民主党(麻生派)
宮島喜文 参議院/自由民主党(細田派) 留任
文部科学大臣政務官 佐々木さやか 参議院/公明党
青山周平 衆議院/自由民主党(細田派) 復興、内閣府大臣政務官兼任
厚生労働大臣政務官 小島敏文 衆議院/自由民主党(岸田派)
自見英子 参議院/自由民主党(無派閥)
農林水産大臣政務官 河野義博 参議院/公明党
藤木眞也 参議院/自由民主党(岸田派)
経済産業大臣政務官 宮本周司 参議院/自由民主党(細田派)
中野洋昌 衆議院/公明党 復興、内閣府大臣政務官兼任
国土交通大臣政務官 門博文 衆議院/自由民主党(二階派)
佐々木紀 衆議院/自由民主党(細田派)
和田政宗 参議院/自由民主党(無派閥) 内閣府大臣政務官兼任
環境大臣政務官 八木哲也 衆議院/自由民主党(石破派)
加藤鮎子 衆議院/自由民主党(谷垣G) 内閣府大臣政務官兼任
防衛大臣政務官 岩田和親 衆議院/自由民主党(岸田派)
渡辺孝一 衆議院/自由民主党(岸田派) 内閣府大臣政務官兼任

内閣総理大臣補佐官[編集]

2019年(令和元年)9月11日任命。

職名 氏名 所属等 備考
内閣総理大臣補佐官
(ふるさとづくりの推進及び少子高齢化対策担当)
秋葉賢也 衆議院/自由民主党(竹下派)
内閣総理大臣補佐官
(国家安全保障に関する重要政策担当)
木原稔 衆議院/自由民主党(竹下派)
内閣総理大臣補佐官
(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地方創生、
健康・医療に関する成長戦略並びに科学技術イノベーション政策担当)
和泉洋人 民間(国土交通省 留任
内閣総理大臣補佐官
(広報、経済の好循環実現のための中堅・中小企業政策
及びロシア経済分野担当)
長谷川榮一 民間(経済産業省 内閣広報官/留任
内閣総理大臣補佐官
(政策企画の総括担当)
今井尚哉 民間(経済産業省) 内閣総理大臣秘書官兼任[6]

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。
※ 内閣官房副長官(政務)は副大臣に含む。
太字はいわゆる自民党五役
※ 有隣会の所属議員は、他派閥と掛け持ちしている議員を含め衆参30名。
※ 慣例により形式的に派閥から離脱中の総理大臣、衆参議長、党幹部は派閥所属議員に含む。
名称 勢力 国務大臣 副大臣 政務官 補佐官 その他
細田派 97 4 8 7 0 総裁選挙対策委員長、参議院幹事長、幹事長代行
麻生派 54 3 3 4 0 衆議院議長参議院議長総務会長
竹下派 53 2 3 2 2 参議院議員会長
公明党 57 1 3 3 0
無派閥 54 6 1 3 0
岸田派 46 2 1 4 0 政務調査会長
二階派 46 2 3 2 0 幹事長
石破派 19 0 1 1 0
有隣会 18 0 1 1 0
石原派 11 0 1 0 0 国会対策委員長
民間 / 0 0 0 3
- / 20 25 27 5 /

内閣改造[編集]

首相の安倍晋三は2019年9月3日、自民党役員会において内閣改造、党役員人事を11日に行うと表明した[7]

第2次政権発足以降、一貫して同一のポストに就任している麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官は続投した。

歴代安倍内閣の中では、最多となる6人の無派閥議員がいる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2016年1月28日に執り行われた石原伸晃大臣の認証式は、当時の天皇(明仁)がフィリピン訪問中のため、皇太子であった徳仁親王によって代行された[1]

出典[編集]

  1. ^ “甘利担当相辞任 後任は首相盟友石原氏 皇太子さまが認証”. 毎日新聞. (2016年1月28日). https://mainichi.jp/articles/20160129/k00/00m/010/141000c 2019年9月17日閲覧。 
  2. ^ 2019年9月12日中日新聞朝刊2面
  3. ^ 日本経済新聞
  4. ^ “改造内閣発足、首相「改憲成し遂げる」 与野党論議促す”. 中日新聞. (2019年9月12日). https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019091202000073.html 2019年9月12日閲覧。 
  5. ^ “西村康稔大臣を“新型コロナ担当相”に任命”. 日テレNEWS24. (2020年3月6日). https://www.news24.jp/articles/2020/03/06/06605510.html 2020年4月18日閲覧。 
  6. ^ 今井首相秘書官、補佐官も兼務に(2019年9月12日)朝日新聞、2019年9月12日閲覧
  7. ^ "安倍首相、11日に内閣改造を表明 二階幹事長と人事で意見交換か". 産経ニュース. 産業経済新聞社. 3 September 2019. 2019年9月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]