小泉隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小泉 隆
所属政党 公明政治連盟→公明党

東京都議会第21代副議長[1]

当選回数 5回[1]
在任期間 1955年4月30日-1959年4月29日
1963年4月30日-1965年6月14日
1965年7月23日-1977年7月22日[1] -
テンプレートを表示

小泉 隆(こいずみ たかし)は、日本宗教家政治家宗教法人創価学会蒲田支部長、理事、参事会議長、第2代理事長、会長代行、最高顧問などを歴任した。東京都議会議員(5期)および第21代副議長[1]

1952年池田大作と白木かね[2]との結婚仲人、媒酌人を務めたが、1960年の池田の第3代会長就任には反対した[3]。理事長在任中の1955年4月、第3回統一地方選挙で東京都議会議員に大田区選挙区から立候補、初当選した。1957年公職選挙法違反事件「大阪事件 (創価学会)」で買収の嫌疑により逮捕起訴されたが、翌1958年無罪判決が出された。

脚注[編集]

[ヘルプ]