大橋敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大橋敏雄
おおはし としお
生年月日 (1925-11-03) 1925年11月3日
出生地 日本の旗 福岡県北九州市
没年月日 (2017-01-31) 2017年1月31日(91歳没)
死没地 日本の旗 福岡県北九州市
所属政党 (公明政治連盟→)
公明党→)
無所属
称号 旭日重光章
正四位

選挙区 福岡県第2区
当選回数 8回
在任期間 1967年1月30日 - 1990年1月24日

選挙区 北九州市八幡区選挙区
当選回数 2回
在任期間 1962年 - 1967年
テンプレートを表示

大橋 敏雄(おおはし としお、1925年11月3日 - 2017年1月31日[1])は、日本政治家。元衆議院議員(8期)。旭日重光章正四位[2]

経歴[編集]

1925年11月3日、福岡県八幡市に生まれる。

1962年、福岡県議会議員選挙・北九州市八幡区選挙区に公明政治連盟公認で出馬し初当選(連続2回)する。

1964年12月、公明党結成に参加する。

1967年2月、衆院選福岡2区に公明党から立候補し、初当選(連続8回)する。

太平洋戦争の終戦で抗戦を訴えた厚木航空隊事件の首謀者小園安名大佐の名誉回復を訴えていた[3]

1979年、衆議院科学技術振興対策特別委員長に就任する。

1990年2月、衆院選を機に政界引退。公明党は後継者として東順治を擁立する。

人物[編集]

  • 1988年5月、現職公明党国会議員ながら、月刊『文藝春秋』において「池田大作への宣戦布告」とする論文を発表。これは池田大作による公明党と創価学会への影響力を批判した。公明党は大橋の批判文章を正面から取り上げることは避けた上で、かなり前の不明瞭な政治献金と女性問題を理由に大橋を除名とした。
  • 以後、元都議団長の藤原行正らと公明党・創価学会批判を行う。大橋の行動に対して藤原が同調したという報道も一部であった。また大橋が国会在任中、ずっと党中央執行委員長の地位にあった竹入義勝も後に党を除名され、大橋、藤原と行動を共にした。

著書[編集]

  • 『吹けば飛ぶ男の奮戦記』 人間の科学社。

注釈[編集]

  1. ^ 元衆院議員の大橋敏雄氏死去 時事ドットコム 2017年2月3日付
  2. ^ 『官報』6970号、平成29年3月3日
  3. ^ 71回 衆議院 社会労働委員会 14号昭和48年04月12日