新堀俊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新堀 俊明(しんぼり としあき、1934年2月17日[1] - 2018年3月18日[2])は、日本のアナウンサーニュースキャスタージャーナリスト

東京都新宿区出身。早稲田大学文学部卒業[3]

来歴・人物[編集]

牛込生まれ[4]1959年4月ラジオ東京TBSの前身)にアナウンサー(6期生)として入社(同期にはアナウンサーの池田孝一郎石井智川野昌宏里見恭夫土屋統督藤田和弘料治直矢相場君子今井登茂子加藤かな子加藤珪子土井誉子蛭田玲子がいる)[5][6]、主にニュース報道番組ナレーターを担当[7][8]1963年11月報道局ニュース部、1965年12月ニュース取材部、1967年10月ラジオニュース部兼テレビニュース部、1967年11月ラジオニュース部兼アナウンサー研修室付、1970年4月テレビ本部報道局テレビニュース部兼解説室委員に在籍し[8][9]、報道記者として総理官邸自民党大蔵省通産省経済企画庁科学技術庁財界などを担当[10]解説委員として『JNNニュースデスク』→『JNNニュースコープ』のキャスター、『サンデーモーニング』の初代レギュラーコメンテーターを担当[2][11]1992年3月にTBSを退社し[7][8]日本大学芸術学部放送学科教授に就任(退職後は同大学非常勤講師)。

報道記者時代には、ベトナム戦争後のハノイ西側ジャーナリストとして初めて取材し、その傷跡を克明にレポートした。この時、取材を共にしていたのが、後に日本人初の宇宙飛行関係者(宇宙飛行士)となった秋山豊寛である。[要出典]

『ニュースコープ』を担当していた頃の『すばらしき仲間』(1983年10月16日放送分)では、当時夕方のワイドニュースを担当していた民放3局の看板ニュースキャスター(日本テレビ小林完吾フジテレビ山川千秋テレビ朝日小松錬平)を招き、「勢ぞろい!!キャスター裏話」と題して局の垣根を越えた座談会を企画した。新堀の司会のもと、当時話題になっていたロッキード事件の判決報道や読み手としての秘めたる思いを語り合った[注釈 1]

2018年3月18日、肺炎のため死去。このニュースは同月25日の放送の『サンデーモーニング』にて報じられた[2][11]。84歳没。

出演番組[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書

  • 信頼される伝え手めざすアナウンサー(1985年、あいうえお館)

監修

  • 5つの話で国際問題がわかる(1994年、同文書院

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 放送時の模様については『すばらしき仲間』(1983年10月16日放送分)座談会出演者の小林完吾の著書に写真のみで収録されている[12]

出典[編集]

  1. ^ 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年、97頁。「生年月日 1934年2月17日」と明記。
  2. ^ a b c d “サンモニ初代コメンテーター・新堀俊明さん亡くなる…関口宏「いろいろ教えていただいた」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年3月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180325-OHT1T50040.html 2018年3月25日閲覧。 
  3. ^ 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年、97頁。「出身校 早稲田大学文学部」と記述。
  4. ^ 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年、97頁。「出身地 東京、牛込」と記述。
  5. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、236-237頁。「1959.4<6期生> 14人入社(男8・女6) 池田孝一郎、石井智、川野昌宏、里見恭夫、新堀俊明、土屋統督、藤田和弘、料治直矢、相場君子、今井登茂子、加藤かな子、加藤珪子、土井誉子、蛭田玲子」
  6. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、11-12頁。「59.4 <6期生>14人入社(男8・女6)応募2000人、池田孝一郎、石井智、川野昌宏、里見恭夫、新堀俊明、土屋統督、藤田和弘、料治直矢、相場君子、今井登茂子、加藤かな子、加藤珪子、土井誉子、蛭田玲子」
  7. ^ a b c d e f 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、236-237頁。「新堀俊明[1992.3退社]『ニュース、報道番組、ナレーター』 R「ダイヤモンドハイウェイ(1963) TV「JNNニュースデスク」「ニュースコープ」「サンデーモーニング」」
  8. ^ a b c d e f g h i j 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、11-12頁。「新堀 俊明…[63.11 報道局ニュース部][65.12 ニュース取材部][67.10 Rニュース部兼TVニュース部][67.11 Rニュース部兼アナウンサー研修室付][70.4 TV本部報道局TVニュース部兼解説室委員][92.3 退社]  『ニュース、報道番組、ナレーター』 R「ダイヤモンドハイウェイ(63)」 TV「20世紀の記録(62)」「昼ニュース(63)」「第一次世界大戦(66)」「JNNニュースデスク(70.4)」「クローズアップ(79)」「ニュースコープ(81)」」
  9. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、16頁。「1963年11月1日 『報道局への大量異動』 ◇ニュース部へ異動 近江正俊、落合博一、薗田潤、新堀俊明、土屋統督、料治直矢、川野昌宏、川戸貞吉、藤林英雄、小泉正昭、野中泰子、佐藤紀子」
  10. ^ 新堀俊明への講演会依頼-日本大学講師 元 TBSニュースキャスター 写真・プロフィール・著書 | 講演 講演会 講師への講演依頼・紹介派遣はシステムブレーンへ”. 2014年8月23日閲覧。
  11. ^ a b c “元TBSアナ新堀俊明さん死去、関口宏が追悼「思い出がたくさん」”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2018年3月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180326/geo18032605010006-n1.html 2018年3月26日閲覧。 
  12. ^ 小林完吾 『この愛、こだまして すべてのいのちに優しさを』 廣済堂出版、1992年9月15日、297頁。ISBN 4-331-50374-7

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年
  • 小林完吾 『この愛、こだまして すべてのいのちに優しさを』 廣済堂出版、1992年9月15日ISBN 4-331-50374-7
  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月