小林完吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし かんご
小林 完吾
プロフィール
愛称 完吾さん
出身地 日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
生年月日 (1932-04-27) 1932年4月27日(84歳)
血液型 A型
最終学歴 國學院大學文学部日本文学科
所属事務所 オフィスこばやし
職歴 元ラジオ南日本(現:南日本放送)アナウンサー
日本テレビアナウンサー
フリーアナウンサー
活動期間 1960年 -
ジャンル 報道音楽情報バラエティ
配偶者 小林愛子(1962年 - )
出演番組・活動
過去 NNN日曜夕刊
NNNきょうの出来事
NNN昼のニュース』など
その他 各地での講演・執筆活動

小林 完吾こばやし かんご1932年4月27日 - )は、日本アナウンサーニュースキャスター司会者ジャーナリスト[1]タレント[2]。愛称は「完吾さん[3]」。

神奈川県鎌倉市出身[4]。血液型はA型[5]

6人兄弟(兄2・姉2・弟)の5番目で三男[6][7][8]。声質はバリトン[9]。祖父は洋画家小林萬吾[4]。親戚には元九州朝日放送アナウンサーで現在の福岡市長である高島宗一郎[10]。両親は共に東京都出身[11]

南日本放送、日本テレビに在職後、フリーアナウンサーとなる。

来歴[編集]

1960年2月6日、ラジオ南日本に入社、放送界入り。1963年9月2日、日本テレビ放送網に移籍。1992年4月、日本テレビ放送網を定年退職。フリーとなりオフィスこばやしを立ち上げる。

人物[編集]

大学まで[編集]

1 - 2歳の頃、医者に「助からない」と宣告された重い肺炎を患う[12]

神奈川県立師範学校付属小学校[13]の時、いじめにあったことから登校拒否となる[4]

高校は、名門といわれる湘南高校に入学したが[4]、勉強について行けず、すぐに登校しなくなり1年で中退、進駐軍のハウスボーイになる[14][15]。その一方で、飲み屋をうろつき回る、喧嘩をするなどの不良行為を行っていた[16]。また、高校在学中に江藤淳辛島昇吉野壮児らと友人となった[4]

米軍キャンプでのアルバイト中に上司から叱責を受けたのがきっかけとなり、再起のため湘南高校の定時制課程に入学した[16]。湘南高校定時制課程時には国立横浜病院病理研究室病理助手解剖担当、歯科医院助手、肥料問屋の丁稚として働きながら夜学に少しでも活気をと応援団を結成し自ら応援団長を務めたり、また、生徒会長も務めた[17][18][19]

國學院大學文学部日本文学科へ進学。大学2年時に自殺未遂事件を起こしたが、立ち直ることを決意[20][16]。教員資格は取得しているものの、1955年頃の教育実習先の中学校では、そろそろ学生達の教師に対する反発が始まりかけていた目を見てみると、「やるならやってやろうじゃないかという気持ちが、高まって冷静な気持ちでいられなかった。教員室の中では、先生同士の偽善的な雰囲気が我慢できなくて教頭先生が、同僚の教師にはいい顔をし、上司の校長先生に対してもいい顔をして右往左往しているのを見て、一週間同じ職員室にいたら殴り合いになると思う。」と教員にはならなかった[21]。女子アナになった先輩から、声をほめられたことをきっかけにしてアナウンサーを志した[20][16][21]

南日本放送時代[編集]

大学卒業時には28歳で、就職試験の年齢制限で内定にもありつけず、四苦八苦の末に、鹿児島県ラジオ南日本にアナウンサーとして採用される。その際、「これで母を喜ばせる。」と内心思ったものだった[22]

大学卒業後、1960年2月6日鹿児島県ラジオ南日本にラジオアナウンサー[23]として入社[24]宮田輝高橋圭三藤倉修一長島金五といったNHKスターアナウンサーの全盛時代に[22]『サンデージュークボックス』のディスクジョッキーでアナウンサーとして放送界にデビュー、新人アナウンサーとしては破格の担当でもあった[25]。主にニュース、音楽番組DJを担当[4]。地方農業番組『明けゆく農村』では担当する際には地元を知る為にあえて志願したという[25]

1962年にラジオ南日本同期入社の技術職の愛子と出会い、結婚した[4][6][26]

1963年3月、先輩から日本テレビへの移籍話があり、結局、なかなか決まっておらず、日本テレビの話がまとまらないまま[4]5月に南日本放送を退社[24]

日本テレビ時代[編集]

1963年9月2日にニュースアナウンサーとして日本テレビにスカウトされて移籍する[19]。日テレに移籍してからの最初の担当番組は相撲中継だったが[6]、「お前がやると歌舞伎中継になる」と担当からも外された[25]

けさの訪問』等のインタビュアーを経て[23]1974年から『NNNきょうの出来事』のメインキャスターとなり、看板ニュースアナウンサーに[23]。歯切れの良い口調とスマートさで人気を博し、日本テレビのスターアナウンサーとなる[27]。独特の低音による「あ、さて」の名調子で知られた。同番組では、櫻井よしこと深夜の時間帯に落ち着いたニュースを伝え、地味ながらも次第に幅広い支持を受け、根強いファンを得るに至った。またTBSテレビクイズダービー』にはNNNきょうの出来事として櫻井と組んで出場している[28]

1983年2月、アナウンス部次長待遇の時に徳光和夫と共に、日テレの『おもしろまじめ放送局』(おもしろ:徳光、まじめ:小林)キャンペーンキャラクターとして起用され[29]、一躍茶の間の人気者となり[6][23]、脚光を浴びる[30]。4月には局アナでありながら『笑っていいとも!』(フジテレビ)の人気コーナー「テレフォンショッキング」にも徳光と共に出演した[31]。『おもしろまじめ放送局』のまじめアナウンサーとして活躍した事が評価され「ゆうもあ大賞」を受賞[32]。おもしろまじめとは生真面目さが笑いを招く人間でもあったが、後年、「おもしろまじめはあくまでも虚像です。」と小林は、一笑に付す[11]

1985年にはイギリスロック・ミュージシャン、ポール・ハードキャッスルのヒット曲「19(Nineteen)」の日本語リミックス版(Extended Japanese Mix)において「ベトナム戦争では…」という小林のナレーション音声がサンプリング音源として使用され、話題となった。

NNN日曜夕刊』、『NNN昼のニュース』、『NNN JUST NEWS』のメインキャスターとしても活躍した他、バラエティ番組禁断!イモリ帝国』も担当した。

1990年には日本テレビが提携に関わった映画『良いおっぱい悪いおっぱい』に出演[33]

アナウンサーとしての活動のかたわら、自分の体験談をもとに、いじめや非行などに悩む少年と親を対象とした講演活動を始める。愛子との間に1男1女。1980年1月27日に長男はダウン症を持って生まれたが、5月10日細気管支炎によりわずか生後105日(約3ヶ月)で他界[34]。ダウン症の長男の誕生と死は小林一家にとって非常に重要な体験となった。長女は埼玉県立豊岡高等学校から跡見学園短期大学を卒業し、会社員として過ごしていたが、一念発起し医療の道を志し、北里大学医療衛生学部に入学。言語療法士(現在の言語聴覚士)の資格を取得した。その後横浜市立大学附属市民総合医療センターに勤務し、患者の治療とカウンセリングに当たった(現在同センターは退職し別の施設に勤務)。長女が長男の死と家族の体験を医療に役立てたいという一家の夢を叶えたことは小林にとっても喜びであったらしく、トーク番組『いつみても波瀾万丈』(1994年10月16日放送)[35]、講演等で度々話題にしている[36]。その長男への思いを綴った手記『優しさをありがとう』、『愛、見つけた』を出版した[37]

日本テレビ在職中、局舎の近所にある大野屋酒店で商品を購入する際にも解説をしながら購入していた[要出典]

埼玉県入間市在住ということもあってか埼玉西武ライオンズのファンであり、「読売巨人軍」と同系列の日テレ在籍時代は周囲から浮いた存在だったと後に発言している[要出典]

フリー転身後[編集]

1992年4月27日、日本テレビアナウンサーの主催で日本テレビ定年退職記念パーティー「アナウンサー34年ご苦労さま 完吾さんの誕生日を祝う会」を開催[38]、この日に編成局アナウンス部チーフアナウンサー兼副参事[23]を最後に日テレを定年退職し、フリーとなり[39]埼玉県入間市に個人事務所・オフィスこばやしを立ち上げる[6][23](代表・マネージャー・経理・運転手は愛子[40])。音楽番組『今夜も歌わナイト!』の司会等でのテレビへの出演[41][23]、ダウン症の長男を持った経験から医療への関心が高く、引き続き教育・福祉問題に関する講演活動[41]で全国を回ったほか、執筆活動[42][43]、がんばらない介護生活を考える会賛同者[44]広島県立保健福祉短期大学客員教授も務めた[39]

テレビドラマ静かなるドン』に出演した際、小林の演ずる近藤勇足は主役の中山秀征の父親で関東最大の暴力団「新鮮組」二代目組長。第1話で新鮮組に対立する組織に射殺され、主役の中山が三代目を世襲するという設定。実際には勇足が殺害されるシーンはなく、第2話以降は遺影としての出演とアナウンサーとしてオープニングナレーションも担当する。日テレを定年退職後にフリーとなってからは、ビデオ映画NHK時代劇と2度の出演依頼があったが、いずれも「役者じゃないから」と辞退していた。3回目の役者としての出演依頼となった『静かなるドン』は放映局が古巣の日テレとあって快諾した。小林自身は堅物というイメージが強かったが、「僕はヤクザ映画が大好き。一度は親分役をやってみたかった。憧れのドンになれるならと思い切って挑戦した。修羅場を想像して、どう倒れようとか、凄絶な死に様を演じようとか、あれこれ考えていた。こんなに簡単に終わってしまうとは、思いもよらなかった。もう少し生きていて芝居をしたかった。」と振り返っている。収録の際に背中の入れ墨に感激し、撮影後に「背中の入れ墨を落とさずに帰宅し家族に見せた。」と照れ笑いしたという。役に扮した遺影の写真には「記念にもらった。僕の本当の葬儀でも遺影に使うよ。」と笑顔で話していた。[2][45][46]

1996年10月、伝通院での講演中に脳出血で倒れるが、一命を取りとめる[47][48][42]。小林には高血圧の持病があり、ストレスがかなり影響したとみられている[49][50]。発病直前の生活については、脳卒中の家系だったので、血圧は常に気にしていた。ほとんど毎日が晩酌をしている。食事は塩辛い物と脂っこい物が大好き[48]

1997年6月には、自動車の運転免許を取得、厚生省脳卒中検討会委員も務めた[50]

講演会の最初に司会者が小林を紹介し終わると、早速小林は「私は、人様が紹介してくれることには口を挟むのは嫌な方だから黙っているが、ただ小林先生というのは勘弁して下さい。小林完吾だけで結構です。」と話を切り出し、確かにどんな人にも先生と呼ぶのが多すぎると批判があることも確かなことである[21]。小林はよく教職大会で講演依頼があり、「無垢な子供たちの心に、どういう人格を育ててみたいのかをぜひ聞いてみたい」と、その時になぜ教職を選ばれたか問いかけるそうである[21]

1998年5月、大腸憩室炎せん孔で手術入院[51][52]5月9日に退院[53]

2001年4月には、脳卒中脳梗塞)で倒れ、リハビリ生活を送った[50][42]。現在は回復し、その経験を各地で講演している[47]

出演番組[編集]

南日本放送[編集]

日本テレビ[編集]

フリー[編集]

出演映画[編集]

出演CM[編集]

その他[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書
  • 愛、見つけた 小さな命の置きみやげ(1983年、二見書房
  • 愛、ふたたび 辛い命を支える人たち(1985年、二見書房)
  • 優しさをありがとう この愛、こだまして(1991年、廣済堂出版)
  • この愛、こだまして すべてのいのちに優しさを(1992年、廣済堂出版) - 後述の『小説city』に連載された内容を追加対談・加筆修正して再構成したもの。
  • いのち、生まれ・生き・老いて(1992年、エルゼビア・ジャパン
共著
  • 愛あればこそ 在宅介護した1600日の看老記(1996年、講談社) - 夫人・愛子と。
雑誌連載
  • 週刊読売(1983年 - 1984年)「リレー対談 おもしろまじめアナのちょっトーク」
  • 小説city(1991年1月号 - 12月号、廣済堂出版)「完吾の『優しさありがとう』対談」

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 小林の著書『この愛、こだまして すべてのいのちに優しさを』小林の主な担当番組一覧には、「城山すずめ」と誤記[25]
  2. ^ 『広報としま』No.905には「『追跡』のゲストコメンテーター」と記述されているが誤り[41]

出典[編集]

  1. ^ ●千葉県理学療法士会30周年記念式典のご案内」、『千葉県理学療法士会ニュース』97号、千葉県理学療法士会、2001年8月2016年12月25日閲覧。
  2. ^ a b “小林完吾やくざのドン、 21日、日テレで役者デビュー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社): p. 23. (1994年10月8日) 
  3. ^ 小林完吾 1985, p. 221, 4§.
  4. ^ a b c d e f g h 小林完吾 1983, pp. 28–30, 1§.
  5. ^ 小林完吾のプロフィール、出演情報、スケジュール | 【スタスケ】 芸能人・タレントスケジュール”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA. 2016年11月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 小林完吾 1992, p. 272, 巻末特別寄稿§.
  7. ^ 小林完吾 & 小林愛子 1996, pp. 11–20, 1§.
  8. ^ 私の介護録 悔いなき看取りを、157頁。
  9. ^ 小林完吾 1992, p. 7, 巻頭特別寄稿 新井満 せつないまでにまっすぐなまなざしを持つ人―わが小林完吾観§.
  10. ^ 渡邉裕二 (2015年8月3日). “これじゃ福岡市・高島市長もメンツ丸潰れ!? 世界遺産登録に続いて…TGCの北九州市開催裏事情!!”. 芸能ジャーナリスト・渡邉裕二のギョウカイヘッドロック. HOLIDAY BLOG. 2016年9月19日閲覧。
  11. ^ a b “人生のアルピニスト 小林 完吾さん フリーアナウンサー”. 介護ジャーナル (イメージラボラトリー). (1999年4月5日). http://e.kaigo110.co.jp/?p=1989 2016年9月20日閲覧。. 
  12. ^ 小林完吾 1992, p. 273, 巻末特別寄稿§.
  13. ^ 小林完吾 1992, p. 275, 巻末特別寄稿§.
  14. ^ 小林完吾 1992, p. 282, 巻末特別寄稿§.
  15. ^ 小林完吾 & 小林愛子 1996, p. 170, 4§.
  16. ^ a b c d 「夫婦の階段 小林完吾×愛子」、『週刊朝日』第102巻第27号、朝日新聞社、1997年6月20日、 114-117頁。
  17. ^ 小林完吾 1983, p. 212, 5§.
  18. ^ 小林完吾 1985, p. 134, 3§.
  19. ^ a b 小林完吾 1992, p. 284, 巻末特別寄稿§.
  20. ^ a b 小林完吾 1992, p. 288–291, 巻末特別寄稿§.
  21. ^ a b c d 東京事務所だより No.64 小林完吾氏の講演より (PDF) 」 、『広報 まつのやま』No.282、松之山町役場総務課、1999年8月13日、 7頁、2016年10月16日閲覧。
  22. ^ a b 小林完吾 1992, p. 291–292, 巻末特別寄稿§.
  23. ^ a b c d e f g テレビ・タレント人名事典 第6版、463-464頁。
  24. ^ a b 『MBC50年の軌跡』より。
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 小林完吾 1992, p. 270, III§.
  26. ^ 小林完吾 & 小林愛子 1996, p. 144–148, 4§.
  27. ^ 生涯学習フェスティバル〜地域で育てる小国っ子〜 (PDF) 」 、『ふれあい』、小国町教育委員会、1997年3月1日、 3頁、2016年9月20日閲覧。
  28. ^ 小林完吾 1992, p. 297, 巻末特別寄稿§- TBSテレビ『クイズダービー』出演当時の写真を掲載。
  29. ^ 『読売新聞』東京版夕刊、1983年4月1日付、16面。
  30. ^ 小林完吾 1992, p. 303, 著者紹介§.
  31. ^ 「赤坂のみんな、やったよ!!」TBS安住紳一郎が25年ぶり他局アナとして『いいとも!』生出演”. ORICON STYLE. oricon ME (2008年11月25日). 2016年9月16日閲覧。
  32. ^ 受賞者一覧(年別) 昭和58年(1983年)”. ゆうもあくらぶ~生活の中に健全な笑いを取り戻そう~. ゆうもあくらぶ. 2016年10月10日閲覧。
  33. ^ a b 良いおっぱい悪いおっぱい : 作品情報”. 映画.com. エイガ・ドット・コム. 2016年9月17日閲覧。
  34. ^ 小林完吾 1983, p. 213–224, 5§.
  35. ^ 『読売新聞』東京版朝刊、1994年10月18日付、テレビ欄。
  36. ^ 婦人公論』2006年11月12日号、p.62。(本人記事)
  37. ^ 『立ち止まる人生にこそいのち輝くときがある』 フリーアナウンサー、小林完吾さん。」、『サンガ』41号、真宗会館、2016年12月25日閲覧。
  38. ^ 小林完吾 1992, p. 200, III§.
  39. ^ a b 講師プロフィール 小林完吾”. 高知県中村市(現・四万十市). 2016年3月18日閲覧。
  40. ^ 小林完吾 & 小林愛子 1996, 著者紹介§.
  41. ^ a b c 第5回ふくしまつり (PDF) 」 、『広報としま』No.905、東京都豊島区、1993年11月25日、 192頁、2016年9月3日閲覧。
  42. ^ a b c 日出町文化講演会 (PDF) 」 、『広報 ひじ』No.777、大分県日出町2005年10月、 9頁、2016年11月12日閲覧。
  43. ^ 出演専門家プロフィール/アナウンサー 小林 完吾”. NHK健康ホームページ. NHK. 2004年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月12日閲覧。
  44. ^ がんばらない介護とは、すべてを自分でやらなければと自分を追い込まぬように関わる事。”. 専門家からの応援メッセージ. がんばらない介護生活を考える会 (2014年7月31日). 2016年9月17日閲覧。
  45. ^ “アナウンサーの小林完吾 日テレドラマで俳優デビュー”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社): p. 23. (1994年10月8日) 
  46. ^ 『読売新聞』東京版夕刊、1994年10月18日付、11面。
  47. ^ a b 脳卒中が起きたら2時間以内に病院へ 市民講座で呼びかけ”. 糖尿病ネットワーク (2009年1月15日). 2016年3月18日閲覧。
  48. ^ a b 「脳梗塞」体験記 小林完吾さんの場合 Vol.1 「元通りは無理でも、“元通り風”に」”. アテローム血栓症.jp. サノフィ・アベンティス. 2009年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月17日閲覧。
  49. ^ 「脳梗塞」体験記 小林完吾さんの場合 Vol.3 「さりげない告知」は20年来の信頼の積み重ねです。”. アテローム血栓症.jp. サノフィ・アベンティス. 2009年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月17日閲覧。
  50. ^ a b c 小林 完吾 の講演依頼”. 講師派遣は 日本経営開発協会/関西経営管理協会. 日本経営開発協会,関西経営管理協会. 2016年9月15日閲覧。
  51. ^ “私の介護録 アナウンサー 小林完吾(下) 闘病生活で母のつらさ知る”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 17. (1998年7月5日) 
  52. ^ 私の介護録 悔いなき看取りを、161頁。
  53. ^ “病を語る 盲腸憩室炎で手術 小林完吾さん 初めて「降参」”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 13. (1998年6月8日) 
  54. ^ 小林完吾 1985, p. 245, 4§.
  55. ^ 高齢化社会を考えるつどい 映画と講演 (PDF) 」 、『広報ひらつか』第520号、神奈川県平塚市1994年2月1日、 2頁、2016年11月24日閲覧。
  56. ^ 『読売新聞』東京版夕刊、1992年10月2日付、9面。
  57. ^ 『読売新聞』東京版夕刊、1993年3月26日付、9面。
  58. ^ 検索結果 ゴールデンボーイズ 1960笑売人ブルース”. 放送ライブラリ公式ページ. 放送番組センター. 2016年9月17日閲覧。
  59. ^ 小林節子 (2012年9月24日). “第350回 原村は黄金色に染まっています”. 小林節子の原村生活/原村より愛をこめて. 輪の舎. 2016年9月3日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
福富達國弘正雄
※「NNN JUST NEWS
平日夕方のNNNニュース
男性メインキャスター
(1983年 - 1984年
「NNN JUST NEWS」
次代:
久保晴生
※「NNN6:30きょうのニュース