クイズ王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クイズ王(クイズおう)とは、クイズ番組において優勝者に与えられる称号。より広い意味では優勝者に「クイズ王」の称号を用いていないものも含め、クイズ番組で活躍した人物をいう場合もある。

タレントに対して使用されることもあるが、多くの場合は一般人に対して使われる。21世紀に入って人工知能との対戦が企画され注目されることもある[1]

日本[編集]

定義[編集]

日本では後述のように優勝者に「クイズ王」の称号を与えていたクイズ番組が存在した。また、数々のクイズ番組で活躍した人物をいうときもある。

クイズ王という語について、明確な定義はないが、『TVクイズ番組攻略マニュアル3』(フレームワークジェイピー 著/新紀元社)では、こう呼ばれる人について3つに分類している。すなわち「数々のクイズ番組を制してきた人」「破格の優勝賞金を手に入れた人」「日本一決定戦で優勝した人」である。

しかし、これらの条件に当てはまらなくても、いわゆる「クイズの強者」「雑学博士」といった意味合いで「クイズ王」という呼称が使われることもある。

歴史[編集]

「クイズ王」という語が使われ始めたのは1970年代後半とみられる。優勝者を「日本一のクイズ王」と称した『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ)が、それにあたる。

「クイズ王」の名称が頻繁化し始めたのは1990年代に半年毎で放送された『史上最強のクイズ王決定戦』(TBS)と『FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦!』(フジテレビ)で、この2つの番組と「アメリカ横断ウルトラクイズ」との相乗効果によって「クイズ王ブーム」を生んだ。なお、「アメリカ横断ウルトラクイズ」での正式なクイズ王の名称は「日本一のクイズ王」である。

これらのブームの中でクイズ強者のキャラクタにも注目が集まり、『クイズは創造力』(長戸勇人 著/情報センター出版局)などの書籍の出版、『オールスター激突クイズ 当たってくだけろ!』(TBS)などの番組への(出場ではなく「クイズ王」としての)出演という動きが見られた。

これらの番組も1990年代半ばに次々と終了し、クイズ王のブームは沈静化したが、「クイズ王」という1つのブランドは(『料理の鉄人』の「鉄人」と同様)マニア以外の一般視聴者にも広く知られることとなった。

2000年頃の『タイムショック21』(テレビ朝日)は、「クイズ王」の語を多用した番組であった。番組後期に行われた個人戦出場者のほとんどが「クイズ王」と呼ばれたほか、大磯ロングビーチで行われた収録においては「大磯ロングビーチに集まった1万人のクイズ王たち」と表現された。

ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』(テレビ朝日)や『謎を解け!まさかのミステリー』(日本テレビ)などの番組で、クイズ王がタレントとして出演することがあった。しかし、ここで出演するのは1990年代前半に活躍したクイズ王が多く、顔ぶれがほとんど変わらない。

これらのクイズ王は、テレビとは関係しない愛好者たちの場である「クイズ界」において今なお一線で活躍する者もいれば、そうでない者もいる。これは、クイズ王の座を賭けて競えるテレビ企画が実施される機会が激減したためである。

2011年11月23日に放送された『ワールド・クイズ・クラシック』(TBS)では『ウルトラクイズ』初代優勝者の松尾清三ら往年のクイズ王や、近年の『全国高等学校クイズ選手権』の優勝者である現役学生、さらに予選を勝ち抜いたクイズ界の強豪など、10代から80代の歴代クイズ王が一堂に会して話題を呼んだ。その後も特別番組『THEクイズ神』と題し、数回放送されている。

主なクイズ王[編集]

  • 芸能人
  • クイズ作家・一般人など
    • 秋田芳巳(『パネルクイズ アタック25』20周年記念大会優勝など)
    • 安藤正信(第2回『超人気クイズ番組統一NO.1決定戦! THEクイズ神』優勝、『クイズ王最強決定戦〜THE OPEN〜』優勝など。TBSのドキュメンタリー番組『バース・デイ』にて「最強クイズ夫婦」として密着された)
    • 伊沢拓司(30回・31回『全国高等学校クイズ選手権』2連覇など)
    • 石野まゆみ(『20世紀クイズ王決定戦』『パネルクイズ アタック25』1996年チャンピオンなど15冠のクイズ女王)
    • 亀谷航平(『日本No.1の頭脳王!大決定戦!!』優勝、29回『全国高等学校クイズ選手権』準優勝)
    • 北川宣浩(『史上最大!第2回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝など)
    • 久保隆二(クイズ作家。『クイズ王最強決定戦〜THE OPEN〜』準優勝など)
    • 小林聖司(『史上最強のクイズ王決定戦』2回優勝など。『トリビアの泉』等に出演)
    • 小山鎮男(囲碁棋士。『輝け!クイズ日本一』優勝など。ホノルルクラブ初代会長)
    • 水津康夫(『史上最強のクイズ王決定戦』4回優勝、『アタック25』1978年チャンピオンなど。著書『水津康夫のクイズ全書』(情報センター出版局))
    • 隅田好史(28回『全国高等学校クイズ選手権』優勝チームリーダー、『ワールドクイズクラシック』優勝)
    • 田中健一(クイズ作家。『史上最大!第16回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝、『クイズ王最強決定戦〜THE OPEN〜』4回優勝など)
    • 永田喜彰(『クイズ$ミリオネア』1000万円獲得、『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦』2回優勝など)
    • 長束恭行(サッカージャーナリスト。学生時代に『史上最強のクイズ王決定戦』を中心に活躍)
    • 長戸勇人(クイズ作家。『史上最大!第13回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝など)
    • 仲西知憲(医師。『Qさま!!』第1回学力王優勝)
    • 西村顕治日本経済新聞社社員。『史上最強のクイズ王決定戦』5回優勝など。著書『情報スーパー活用術』(筑摩書房))
    • 布川尚之(『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦』優勝、『パネルクイズ アタック25』30周年記念大会優勝など)
    • 能勢一幸埼玉県職員。『史上最大!第15回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝、『クイズ$ミリオネア』1000万円獲得など)
    • 日高大介(クイズ作家。『クイズ王最強決定戦〜THE OPEN〜』準優勝2回。クイズ王としてテレビ出演も多数)
    • 深澤岳大(元・クイズ作家。中学校教師として『Qさま!!』で団体優勝)
    • 古川洋平(クイズ作家。『パネルクイズ アタック25』優勝、『クイズ30〜団結せよ!〜』にクイズモンスターとして出演など)
    • 松尾清三(『史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』の第1回大会優勝者)
    • 道蔦岳史(クイズ作家。『アップダウンクイズ』20周年記念大会優勝、『第3回クイズ実力日本一決定戦』優勝など)
    • 森田敬和(会社社長。『史上最大!第10回アメリカ横断ウルトラクイズ』優勝など)
    • 森本栄浩(MBSアナウンサー。学生時代に『パネルクイズ アタック25』に出場し1983年チャンピオンに輝く)
    • 矢野了平(放送作家。『パネルクイズ アタック25』優勝)
    • 水野文也(元・千葉県議会議員。道蔦岳史の高校の同級生で、道蔦とのチームで『クイズグランプリ』高校生大会に優勝など)
    • 渡辺匠(第1回『超人気クイズ番組統一NO.1決定戦! THEクイズ神』優勝、アマチュアのクイズ大会は優勝経験多数だがTV番組のタイトルはこれが初)

日本以外[編集]

日本以外でもクイズ番組やクイズの選手権で活躍して注目された人物がいる。

2011年2月16日にクイズ番組『ジェパディ!』でIBM社の人工知能ワトソンと人間の対戦が行われた[1]。当時、技術者たちの間では人間向けの自然言語を理解できるようにすることは容易でなく対戦に勝つのは到底無理と考えられていたが、結果は人工知能の勝利となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 神崎洋治『図解入門最新人工知能がよーくわかる本』秀和システム、2016年、201頁

参考文献[編集]

  • 『TVクイズ番組攻略マニュアル3』(フレームワークジェイピー 著/新紀元社/2003年)
  • 『最強!クイズ番組読本』(テレビ発掘プロジェクト 編/白夜書房/2003年)

関連項目[編集]