人工衛星クイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
人工衛星クイズ
ジャンル クイズ番組
放送時間 木曜日 19:30 - 20:54(84分)
放送期間 1984年3月22日 - 3月29日(2回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 児玉清
福留功男
山下真司
ほか
ナレーター 大平透
テンプレートを表示

人工衛星クイズ』(じんこうえいせいクイズ)は、日本テレビ系列(NNS)で放送された視聴者参加型クイズ番組1984年3月22日3月29日の2回のみ、『木曜スペシャル』の枠で特番の形で放送された。

概要[編集]

同局『アメリカ横断ウルトラクイズ』の制作スタッフが新たに制作した、今日でいうスピンオフに当たるクイズ番組だった[1]

男女2人のチームが地図に関する早押しクイズに答え、 正解すると指令を受け宝探しに挑戦する。宝探しは海外にいる山下真司に行ってもらい、日本テレビのスタジオと現地とを結ぶ、大西洋上とインド洋上にある人工衛星[2]を通じて指示を出す。指示は声だけが聞こえ、解答者の姿などは山下には見えていなかった。出される謎は、現地とその人々に関連する話、伝わる話や歴史、民話などから作られている。宝が隠された地域の広さは、東京23区に相当するとされていた[3]

宝探しは3段階に分けられ、第1問と第2問で宝を見つける手がかりの品を見つけ、第3問で実際の宝を探す。制限時間は45分。

賞金は、第1問と第2問は、正解の品にたどり着くまでの時間により決められ、15分以内であれば30万円、以後1分超過ごとに2万円ずつ減額。第3問は、100万円からそれまでの獲得賞金を引いた残り。ただし、制限時間内に見つけられない場合は0円となる。

3月22日の第1弾はチュニジア、3月29日の第2弾はスイスアルプスレマン湖近辺で宝探しを展開。

スイスでのスタート地点は「ロッシェ・ド・ネ」山頂で、使用したヘリコプターは最高時速300kmを誇ったスイス山岳救助隊の「ベル・ジェットレンジャー206」[4]。人工衛星回線はインテルサットIVと同IV-Aを使用した[5]

出演者[編集]

  • 児玉清(司会)
  • 山下真司
  • 福留功男(リポーター。ウルトラクイズとの関連を強調するためだけに登場するもので、番組開始前のオープニングにしか出演しない)
  • 大平透(天の声)


脚注[編集]

  1. ^ 1984年3月22日の各新聞テレビ欄より。
  2. ^ 1984年3月29日付 読売新聞テレビ欄 より。
  3. ^ 1984年3月22日付 毎日新聞テレビ欄 より。
  4. ^ 1984年3月29日付 中日新聞テレビ欄 より。
  5. ^ 1984年3月29日付 埼玉新聞テレビ欄 などより。