手紙-殺しへの招待-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

手紙-殺しへの招待-』(てがみ ころしへのしょうたい)は、日本テレビの「愛のサスペンス劇場」(花王石鹸一社提供)枠で放送されたテレビドラマ。放送期間は1975年11月3日から同月28日まで(全20話)。原作は天藤真の『殺しへの招待』。DVD化されている。

あらすじ[編集]

Y.Z(ワイゼット)と名乗る人物から、4人の男性に同じ文面の手紙が届いた。手紙はカナタイプで打たれており、Y.Zは、4人の男性の誰かの妻である、と名乗る。そして「1か月以内に夫を殺す」、と予告する。

疑心暗鬼に陥り、自らの妻を疑う4人。会社員の沖田(婿養子)、ルポライターのハトリ、高校教師のセキヤマ、建築技師のオヌマ。

Y.Zは、4人の男性を中華飯店に招待。3人は出向くが、沖田は部下のエマを偵察に向わせる。Y.Zは「4人の男性は共通の友人である」と書いていたが、ハトリ、セキヤマ、オヌマは初対面だった。安堵しつつも、なお疑惑を捨てきれない3人は、妻を疑い、家庭に波風を立ててしまう。

殺されたのは、沖田の妻・ミエコだった。自殺か他殺か?ミエコの友人・の証言により、沖田が逮捕される。残りの3人は、エマと協力して真相を暴こうとするのだが…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 初放映時には、「犯人当て100万円クイズ」が行われた。
  • サブタイトルはなく、「第○回」と出るのみである。
  • 日替わりの連続ドラマ(放送日は月~金)であるため、翌週の月曜日には、冒頭にナレーションが入り、あらすじが紹介される。
  • 小林完吾は、劇中のワイドショーの進行役として登場(『お昼のワイドショー』内の『女の事件』コーナー)。
  • 2008年にはテレビ岩手でも再放送されている。
  • 2011年10月3日よりテレビ愛知にて再放送される。
日本テレビ 愛のサスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
からみ合い 欲望
手紙-殺しへの招待-
嫉妬