NNN JUST NEWS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NNN JUST NEWS
ジャンル 報道番組
出演者 福富達
佐藤昭
小池裕美子
國弘正雄
石川牧子
荻原弘子
小林完吾
ほか
オープニング オープニングを参照
製作
放送分 20分
制作 日本テレビ放送網 (NNN)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年1月6日 - 1984年3月31日
放送時間 月曜日 - 土曜日 18:30 - 18:50
放送枠 日本テレビ系列夕方ニュース枠

NNN JUST NEWS』(エヌエヌエヌ ジャスト・ニュース)は、日本テレビ系列 (NNN) で1975年1月6日から1984年3月31日まで放送された夕方の総合ニュース番組である。

放送概要[編集]

放送時刻は一貫して月曜日から土曜日までの夕方18:30 - 18:50(JST)。

日本テレビでは1974年4月期改編からそれまでスポットニュース枠だった夕方の『NNNニュースフラッシュ』を時間枠拡大で放送し(開始当初は『NNNニュース』、それまでの昼のNNNニュースは『NNN昼のニュース』に変更)、1975年1月にタイトル変更した。

歴代のメインキャスター[編集]

「NNN JUST NEWS」歴代のキャスター
期間 男性 女性 土曜日
月 - 水 木・金 月 - 水 木・金
1975.1.6 1978.4.1 福富達佐藤昭 小池裕美子 (シフト勤務)
1978.4.3 1980.3.29 福富達 國弘正雄 石川牧子
1980.3.31 1983.4.2 荻原弘子 小池裕美子
1983.4.4 1984.3.31 小林完吾 荻原弘子2 本多当一郎1・2・3
青尾幸2・3

ネット局[編集]

系列は当番組終了時(1984年3月)のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作・幹事局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 [1]
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列 [2]
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟 開局日の1981年4月1日から
静岡県 静岡第一テレビ 開局直後の1979年7月2日から
富山県 北日本放送
福井県 福井放送
中京広域圏 中京テレビ
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県
島根県
日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岡山県
香川県
西日本放送 日本テレビ系列 [3]
広島県 広島テレビ [4]
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
熊本県 熊本県民テレビ 開局日の1982年4月1日から
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
1982年10月1日から

補足[編集]

  • 1980年10月1日に長野のNNN系列局としてテレビ信州が開局しているが放送当時はANNとのクロスネットで、朝・深夜はNNN、昼・夕方はANNと決めていたため、放送しなかった。また、九州のNNN系列局であるテレビ大分テレビ宮崎、現在はFNN単独局のテレビ長崎はFNNの夕方の全国ニュースをネットしていて、この番組の時間帯もローカルニュースだったため放送しなかった。
  • 現在はFNN単独局の新潟総合テレビもクロスネット局当時この時間帯はアニメ枠であり、テレビ新潟開局まで新潟県では放送しなかった。
  • キャスターの國弘正雄が挨拶を行うスタジオシーンで、走査線にビデオテープのドロップアウトが認められた事がある。当時のオープニングでは、いち早く導入された最新のタイプCフォーマットVTRをパンするシーンを流していたが、一部または全シーンを事前収録してオフライン放映していたと考えられる。
  • 北日本放送では18:50 - 19:00に自社制作のクイズ番組『ビバ!クイズ』を放送していたため18:50に当番組のネットを飛び降りており、後述の列島事件簿やAround The Worldは放送されなかった。
  • 1979年6月2日阪神タイガース戦(後楽園球場)で、江川卓読売ジャイアンツ)がプロ野球デビューを果たした。その時は19時からプロ野球土曜ナイター中継が始まることになっていたが、それに先駆け1回の立ち上がりの部分についてディレード(映像には「中継録画」と表記。解説・中村稔、実況・小川光明)で放送された。
なおこの模様は千葉テレビ放送テレビ神奈川テレビ埼玉トップリレーナイター(18:15-19:00)として放送されていた箇所で、以上3局が視聴できる地域は実質的な再放送であった。
またスコアカウントの表示はされていなかった(前述3局は各局出しにより表記)。

ネットしていた局の平日ローカルニュース[編集]

※ 当番組からワイドニュースを編成する局が現れた。スポットニュースのみも含む。

主なコーナー[編集]

  • 列島事件簿(月~木、後続番組の「NNN6:30きょうのニュース」でも継続。NNN系列のカメラが撮影した事件・事故の映像をリレーで紹介。ナレーションは根岸雄一。)
  • Around The World(金、読み:アラウンド・ザ・ワールド、内容は海外ニュースほか。)

※…これらのコーナーの放送画面表記上のテロップは、前者が「NNN 列島事件簿」、後者が「NNN Around The World」だった(放映当時の「NNN」の画面表示は、正式なネットワークロゴである)。

オープニング[編集]

  • 放送開始から1976年3月まで
    • 他のNNNニュース(「朝のニュース」、『昼のニュース』、『きょうの出来事』)と同様、地球をモチーフにしたアニメーションに「ジャストニュースNNN」と出ていた。この当時と、後述の2代目は画面が右に行くほど「NNN」のクレジットスペースを確保するため、やや斜めに狭く書かれていた。
  • 1976年4月から1980年3月まで
    • 「NNN」ロゴが波状になって(いわゆるウネウネ)表示されるOPに、回転する“ジャストニュース”ロゴが組み合わさったものが出ていた。
    • 何れも提供が表示されて(OPと提供の全国送出はこの当時行っていなかった)、挨拶「こんばんは、福富達(佐藤昭)です」→「小池裕美子(石川牧子)です」が流れる、というものであった。テーマ音楽は朝・昼のニュースや「日曜夕刊」、「きょうの出来事」、「よみうりニュース NNN」と同様、黛敏郎作曲の『NNNニュースのテーマ』だった。
    • 1979年、三枝成彰の作曲による新しいテーマ曲に変わった。また登場間もない1インチタイプCフォーマットVTR、BVH-1000 2台をパンするシーンが挿入された。
  • 1980年4月から1983年3月まで
    • 6:30を示すスタジオの副調整室の時計を写し、そこから「NNN JUSTニュース」のロゴを出した。提供クレジット出し(各局による)の時に副調整室→スタジオをフェイドで写し、テーマソングが終わると司会者が2人揃って「こんばんは」と挨拶。その後男性司会者が「JUSTニュースです」とコメントして本編となった。テーマ音楽は、この頃からシンセサイザーの独自のテーマ曲になり、1982年4月からは曲のアレンジが変わり、それが朝・昼のニュースや日曜夕刊にも使われるようになった。なお、JUSTニュースの曲は他で使われていた物よりも尺が長かった。しかし、1982年3月まで読売テレビではエンディングに『NNNニュースのテーマ』を引き続き使用していた(これは後続の『よみうりニュース NNN』(関西ローカル向け5分バージョン)にもそのまま使用された)。
    ※JUSTニュース以外のOPは、Nがたくさん飛んできて、タイトルになり、NNNの真ん中のNが残り、提供バックで回転していた(但し読売テレビでは三枝成彰作曲のテーマ曲更新後もこのOPを「日曜夕刊」以外一切使用せず、グード図法の世界地図をバックにした独自のOPを使用していた。詳細は後述)。
  • 1983年4月から終了まで
    • CGアニメーションで「NNN JUST NEWS」タイトルロゴを出し、直後映像が切り替わって小林が「こんばんは。JUST NEWSです」(または「司会の小林完吾です」)と挨拶した後、ヘッドラインを字幕で表し、提供クレジットのところで小林がキャスター席に座り、スタジオ全景を写したというものだった。その半年後にはヘッドラインと提供クレジットの部分がCGになり、そのCGの表示が終わったあと、小林と荻原の映像が映し出され、そのあと2人で「皆さんこんばんは」と挨拶していた。なお、この末期のみ独自のテーマ音楽を流していた。
    • 後期のヘッドラインはそのニュースの映像に要約の字幕を全面に出した形で表示されていた。
    ※土曜は当初先代のテーマ曲(朝・昼のニュースや日曜夕刊で使用の短縮版)だったが、その後スポンサークレジット部分をスローテンポにした音楽に変更され(エンディングのスポンサークレジットと同じ)、いずれも図形テロップでタイトルロゴを出した。

番組テーマ曲[編集]

番組テーマ曲を手がけたのは、作曲家の三枝成彰。なお、三枝は『きょうの出来事』を含むNTV全ニュースの番組テーマ、報道局担当番組の『6時です!4チャンネル』のテーマ曲も担当している。また、前述の通りNNN/NNS準キー局(読売テレビ)ではこれ以外に『よみうりニュース NNN』でも本社屋移転時のマスター更新までJUSTニュースのテーマ曲を使用していた。

ロゴ出し[編集]

  • 札幌テレビ等一部の系列局では、オープニング中のタイトルロゴの右下に局の略称ロゴを出していた。(JNNではよく見られたパターン。)

タイトルロゴ変遷[編集]

  • 1975年1月 - 1980年3月:ジャストニュースNNN
  • 1980年4月 - 1983年3月:NNN JUSTニュース
  • 1983年4月 - 1984年3月:NNN JUST NEWS

スポンサー[編集]

  • 当番組から『NNN6:30きょうのニュース』→『NNNライブオンネットワーク』→『NNNニュースプラス1』前期(1995年ごろ)までの間、番組スポンサーはネットワークセールス+各放送局ごとのローカルセールスの複数企業が協賛していたため、提供クレジット出し(読み)は各放送局個別で行っていた。

脚注[編集]

  1. ^ テレビ岩手(TVI)は開局から1980年3月31日まで、テレビ朝日系列にも加盟していた。
  2. ^ 福島中央テレビ(FCT)は開局から1981年9月30日まで、テレビ朝日系列にも加盟していた。
  3. ^ 但し、西日本放送(RNC)の放送エリアは1983年3月まで、香川県のみが対象。
  4. ^ 広島テレビ(HTV)は開局から1975年9月30日まで、フジテレビ系列にも加盟していた。
日本テレビおよびNNN系列 平日土曜夕方のNNNニュース
前番組 番組名 次番組
ジャストニュースNNN

NNN JUSTニュース

NNN JUST NEWS