NNNニュースジパング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジパングあさ6 > NNNニュースジパング
NNNニュースジパング
ジャンル 報道番組
出演者 キャスターを参照
製作
制作 日本テレビ放送網NNN
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送開始から1996年3月まで
放送期間1992年3月30日 - 1996年3月29日
放送時間平日 6:16 - 6:28
放送枠日本テレビ系列朝ニュース枠
放送分9分
1996年4月から放送終了まで
放送期間1996年4月1日 - 2001年9月28日
放送時間平日 6:14 - 6:22※
放送分8分

特記事項:
ジパングあさ6』に内包。
※正確な放送開始時刻は6:14.30。
テンプレートを表示

NNNニュースジパング』(エヌエヌエヌニュースジパング)は、1992年3月30日から2001年9月28日にかけて放送されたNNN日本テレビ系列)のニュース番組である。

概要[編集]

ルンルンあさ6生情報』と『NNN朝のニュース』を統合した『ジパングあさ6』の内の報道局主導によるニュースコーナーとして設置され、このため従来の『NNN朝のニュース』から改題された。『ジパング』のネット局・非ネット局関わらずこのコーナーのみネットセールスである事(『ジパングあさ6』自体はローカルセールス)、またNNN協定により必ずネットを受けなければならないと言う拘束力がある(クロスネット局の一部は除く)為、『ジパング』非ネット局でも本コーナーのみネットしていた。殊に四国放送では、『ジパング』打ち切り後は独立した番組として扱われた。後期では放送で使用したニュース映像が『ズームイン!!朝!』の「N.S.ヘッドライン」で使用(再利用)されていた。

番組の内容は『ジパングあさ6』司会担当と日本テレビ報道局キャスター室所属記者の2人で進行。通常のニュースに加えて記者の簡単な解説も織り込み、最後のフラッシュニュースではニューヨークの市況・為替情報を画面左上に掲載。担当記者は「あさ天5」(後にあさ天担当は別の記者に)と「ルックルックこんにちは」のニュースコーナーも担当していた。

本編は6:16.05から5秒間ネットスポンサーの提クレを表示してから開始していた[1]

項目見出しは、番組開始から1995年頃迄は光るパネル式が用いられていたが、1996年以降はディスプレイに表示する形に変更されている。

本編終了後の6:16から55秒間はローカル枠になっており、日本テレビでは関東地方の天気、『ジパング』のネット局・非ネット局は各地の天気予報等に充てていた[2][3]

2001年9月、『あさ天5』『ジパングあさ6』『ズームイン!!朝!』を統合した『ズームイン!!SUPER』の開始に伴い本番組は終了。『NNNニュースSUPER』が後継にあたる。

本番組以降、この枠のニュースは「NNNニュース○○」と、包含するワイド番組名から名づけられ続けている。又、当コーナーではネットスポンサーが付いており、『ジパング』のネット局・非ネット局関わらずこのコーナーの前後には中継カメラの映像と共にネットスポンサーの提クレが表示するとともにコメントが入る。ネットスポンサーのCMはローカル枠終了後の6:16.55から60秒に集約、ネットスポンサーのCM終了後、ジャンクションとして6:27.55から5秒間、ネットスポンサーの提クレ表示の後、『ジパング』のネット局は各局のスポンサーの提クレを表示した後に次のコーナー(新聞解説のキャスターによる「ここがポイント」)に移り、非ネット局は自社制作番組のスタジオの映像に切り替わる形だったが、1996年以降は提供クレジットの表式をカラー表示にし、コメントを廃止し後クレはニュースフラッシュ中に表示する形に変更した[4]

放送時間[編集]

以下の放送時間はすべてJST

  • 平日 6:16.05 - 6:28(1992年4月 - 1996年3月) - 理由は不明だが、『ジパング』ネット局では6:15.00に冒頭15分の各局のスポンサーの提クレを5秒間表示後、1分のスポット枠を挟んで開始していた。
  • 平日 6:14.30 - 6:22(1996年4月 - 2001年9月) - 90秒短縮。

キャスター[編集]

日本テレビアナウンサー
日本テレビ報道局キャスター
期間 月 - 水曜日 木・金曜日
1992.3.30 1996.3.29 笹尾敬子1 石田昭彦1
1996.4.1 1999.4.2 小栗泉1
1999.4.5 1999.12 高田元広1
2000.01 2001.3.30 高田元広1 庭野めぐみ1
2001.4.2 2001.9.28 近野宏明2


脚注[編集]

  1. ^ 1997年頃迄。1998年以降の後期は、ネットスポンサーが廃止となった為、すぐ本編が開始していた。
  2. ^ 非ネット局は自社制作番組のスタジオを利用してローカル天気予報等を放送している。
  3. ^ 1997年頃迄は当コーナー終了直後にローカル枠となっていたが、1998年以降は当コーナー終了後は『ジパング』のネット局では直ぐに次のコーナーに移り、非ネット局は自社制作番組に戻る形に変更されている。
  4. ^ 1997年頃迄。1998年以降の後期は、ネットスポンサーが廃止となった為、コーナーの途中でCMも放送されなくなった。

関連項目[編集]

日本テレビおよびNNN系列 平日朝のNNNニュース
前番組 番組名 次番組
NNNニュースジパング