山岸舞彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまぎし まい
山岸舞彩
プロフィール
愛称 肩さん・ギシマイ
生年月日 1987年2月9日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本 東京都中央区
血液型 O型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 168 cm / kg
スリーサイズ 84 - 57 - 84 cm
靴のサイズ 24 cm
備考 [1]
活動
デビュー 2005年
ジャンル ファッション、キャスター・リポーター
他の活動 2006年東レ水着キャンペーンガール
モデル: テンプレート - カテゴリ

山岸 舞彩(やまぎし まい、1987年2月9日 - )は、東京都中央区出身のフリーアナウンサーファッションモデルタレントセント・フォース所属。舞彩と書いて「まい」と読むことは極めて珍しい部類であるため、名前のテロップにルビが出る場合がある。

来歴・人物[編集]

幼稚園から日本女子大学まで、一貫して日本女子大学の系列校および同大学に学内進学で在籍。日本女子大学文学部日本文学科卒業。

大学入学後にモデルとしてデビューし、2005年秋には2006年東レ水着キャンペーンガールに選出された[2]

2006年春からは『激走!GT』(テレビ東京)で1年間リポーターを務めた。同番組への出演がきっかけでモータースポーツに興味を示すようになり、後にナビゲーターを務める世界ラリー選手権の番組では解説者に対し玄人ばりの鋭いツッコミを入れることもある。またプライベートでレース観戦にも行くようになった。ドラマでは、2006年秋の『だめんず・うぉ〜か〜』(テレビ朝日)、2007年、木曜時代劇『柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い』(NHK、第3回 のぶ役)に出演した。

2007年秋、アンジェリックから現在の所属事務所であるセント・フォースに移籍。同年10月から2009年3月まで、『やじうまプラス』(テレビ朝日)で天気予報交通情報キャスターを務めた。

2009年4月から2011年3月まで、『Jリーグタイム』(NHK BS1Jリーグ速報番組)のキャスターを担当。サッカーの知識が全くない状態での起用だったが、資料作成や試合会場・練習場への取材を重ねるにつれて、専門家以上の知識を習得するまでに到ったという[3]

2011年4月から2013年3月まで、NHK総合テレビの週末のスポーツニュース・情報番組(『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』)のメインキャスターを担当[注釈 1]

2012年、NHKロンドンオリンピック放送の現地キャスターに起用された[注釈 2]

2013年4月からは、『NEWS ZERO』(日本テレビ)にニュース・カルチャー担当キャスターとして出演する[4][5]

エピソード[編集]

  • 父親が築地市場(場外市場)で、1927年(昭和2年)創業の老舗卵焼き店『山勇』を経営している[2]テリー伊藤の兄・アニー伊藤こと伊藤光男が経営する卵焼き店「丸武」から100m程の場所にあり、本人が「丸武」へ手伝いに出ることもあった[6]
  • 書道は、2009年12月に現代書道研究所の教育部師範試験に合格し、2010年(平成22年)1月に師範免状を授与された。雅号は「彩周」(舞彩の「彩」+書道の師匠より「周」という一字を取っている)。2005年から毎日書道展に9年連続入選、2010年の第62回では「かな部1類」でただ一人U23新鋭賞を受賞。2013年の第65回では近代詩文書部で佳作賞を受賞した[7]。NHK『2010 FIFAワールドカップデイリーハイライト』では、大会終盤に設けられた「1文字で大会を振り返る」というコーナーの一筆を山岸が担当した[注釈 3]
  • 水泳は、背泳ぎでジュニアオリンピック東京都大会に出場する程の実力。水泳を続けてきたことで、肩幅ががっちりしている。そのことから「肩さん」というあだ名がインターネット上でついた[8]。自分のブログで自ら「肩さん」ネタに言及している[9]
  • ゴルフは、小学低学年から始め中学時代に関東6位。ベストスコアは75[2]
  • 2014年2月、東京マラソンに参加し完走[10]
  • 共演したセント・フォースの同僚の渡辺蘭とは非常に仲が良く、公式ブログでは彼女の話題が頻繁に登場している。渡辺以外の同僚では、松本あゆ美大澤亜季子伊藤友里とも仲が良い。特に松本あゆ美とは大学時代は面識がなかったが、卒業後、セント・フォースの撮影会で初めて会ってから急速に親しい仲に発展していった。また、ほぼ同年代のタレント・松本さゆきや前所属事務所および東レキャンギャルの後輩・澤山璃奈とも親交が深く、度々ブログに取り上げられている。

現在の出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

過去の出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

雑誌グラビア[編集]

出版物[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『サタデースポーツ』については、6年間の中断期をはさんだリメイク版での初代司会者に当たる。番組の系譜はサタデースポーツの項目参照
  2. ^ NHKの現地中継キャスターは工藤三郎
  3. ^ 7月12日決勝ハイライトにおいての本人弁 後に12月12日放映Jリーグタイム「今年の一文字」と題されたJリーガーの一文字回顧の企画のセット題字も山岸が手がけた
  4. ^ レギュラーとして、月曜 - 水曜の 4:25 - 6:00 のパートと、6時以降の交通情報、土曜の全パートの天気予報を担当。これとは別にレギュラー出演前の2007年9月17日 - 9月21日には、夏休み甲斐まり恵の代役として天気予報を担当した。
  5. ^ 最終回は予告編がなく、ミニコーナーもなかったため出演は25話放送の9月19日放送まで(この期間中は、BS・地上波のスポットにも登場し、Jリーグ中継との合同宣伝を行った)。また、サッカー新聞「エル・ゴラッソ」(スクワッド)では「GIANT KILLING」と「Jリーグタイム」のコラボレーションで、ツジトモが「イースト東京ユナイテッド」の達海監督に取材する山岸の姿を描いた広告が掲載された。
  6. ^ 212.6ヤ-ドの飛距離を記録し、アマチュア女子の部でドラコン賞獲得。
  7. ^ 最終回で今後はスペシャル番組として放送されることが告知された。
  8. ^ 第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝前の国立霞ヶ丘陸上競技場で、サッカー中継の最新技術についてリポートし、併せて天皇杯決勝のテレビ中継とその後のBSでの天皇杯回顧番組をPRした。
  9. ^ ゴルフバトル(宮里兄弟とゴルフ愛好家のタレントによるラウンド)の進行役兼プレーヤーとして出演。
  10. ^ サッカー日本代表サッカー日本女子代表の国際大会(前者:コパ・アメリカ2011=日本出場辞退、女子世界選手権ロンドンオリンピックアジア女子最終予選、2014 FIFAワールドカップアジア第3次予選)の中継シリーズ。スタジオ進行
  11. ^ 『2番組兼務。特に『サタデースポーツ』はリメーク版(第2期)の初代司会者で、松尾剛小宮山晃義(後者は後に酒井博司に交代)の各NHKアナウンサーとのトリプル司会となった
  12. ^ NHKとのキャスター契約期間の満了を機に、2013年3月末で両番組から卒業。後任の女性キャスターは、『NHKニュース おはよう日本』のスポーツキャスター・杉浦友紀(同局アナウンサー)。
  13. ^ ゼビオグループ傘下のゴルフ用品店「ゴルフパートナー」「ヴィクトリア」のCMに登場し、スゥイングを披露した。
  14. ^ これとは別にセント・フォース所属タレントとの共演によるカレンダーにも登場している。

出典[編集]

  1. ^ NHKロンドン五輪キャスター山岸舞彩「美脚どうぞごらんください」”. J-CAST (2012年7月27日). 2013年3月24日閲覧。
  2. ^ a b c 06年東レ水着キャンギャル/山岸アナ略歴”. ニッカンスポーツ (2012年7月27日). 2013年1月25日閲覧。
  3. ^ 2011年4月28日 日刊ゲンダイ(インターネット・アーカイブ)
  4. ^ ご報告。”. 山岸舞彩オフィシャルブログ (2013年2月8日). 2013年2月9日閲覧。
  5. ^ 山岸舞彩:「NEWS ZERO」キャスター決定!美脚封印”. 毎日新聞 (2013年2月7日). 2013年2月7日閲覧。
  6. ^ 美脚が人気のNHK山岸舞彩アナとテリー伊藤の関係が噂に”. NEWSポストセブン (2011年8月17日). 2014年4月15日閲覧。
  7. ^ 山岸舞彩、書道展入選は父母・先生のおかげ 喜びをつづる - シネマトゥデイ・2013年7月9日
  8. ^ 五輪中継で人気「肩さん」って誰? - web R25・2012年8月6日
  9. ^ すっかり - 山岸舞彩オフィシャルブログ・2012年12月6日
  10. ^ 告発された性悪素顔 美脚キャスター山岸舞彩“肉体営業”の真実 - リアルライブ
  11. ^ 商品サイト
  12. ^ CM紹介サイト

外部リンク[編集]