城山スズメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
城山スズメ
ジャンル 情報番組
放送期間 1953年10月10日 -
放送時間 平日 13:30 - 16:40(190分)
土曜 14:00 - 14:30(30分)
放送局 南日本放送
パーソナリティ 采野吉洋笹田美樹(平日)
野口たくお美坂理恵(土曜)
テーマ曲 花言葉の唄(インストゥルメンタル)
公式サイト 公式サイト
特記事項:
土曜のみ『ズバッ@RADIO〜青だよ!たくちゃん!〜』内で放送。
放送開始 - 2008年3月は日曜も放送。
テンプレートを表示

城山スズメ(しろやまスズメ)は、南日本放送(MBC)で放送されているラジオ番組。毎週月曜から土曜まで放送されている。

概要[編集]

1953年昭和28年)10月10日、ラジオ南日本として開局した日にスタートした。同日に放送を開始した『希望のリボン』と共に、日本のラジオ番組では60年以上続いている最長寿番組のひとつ。

  • 番組名は当時の放送部長により決定。城山は鹿児島市にある「城山」、スズメは「他愛もないお喋り」を意味する。テーマ曲として松平晃伏見信子のデュエット曲『花言葉の唄』のインストゥルメンタルが使用される(1968年 - 1981年は佐良直美の『世界は二人のために』)。
  • 番組内容は最近のニュースや音楽、鹿児島県の情報、リスナーからの投稿が中心である。音楽はリクエスト曲を中心に一日10数曲が流され、公式HPにも記載されている。なお、嘗(かつ)てのMBCラジオには深夜の洋楽番組『ユアヒットパレード』以外の番組では洋楽を流さないという方針があった。このため、2017年現在も、かかる音楽は邦楽が中心である。
  • 1978年1月 - 89年9月のこの期間には、TBSザ・ベストテン』(MBCテレビでもネットされていた)のラジオ総合ベスト10に、当番組のリクエストランキングデータがMBCのデータとして毎週送られていた。現在の平日パーソナリティ采野吉洋は、当時鹿児島地区の追っかけマンを務めた。また同番組内では、『城山スズメのベスト10』[1]と呼称していた。
  • 16時台の「MBCヘッドラインニュース」は、基本的にこの時間の司会者で担当する。原則はアナウンサー担当だが、タレントのみで担当した際は彼らがニュースを読んでいた。ただし、2014年時点で経験があるのは、ベテランの猪俣睦彦野口たくお二見いすず(元MBCアナウンサー)や笹田美樹のみである。また、この直後には「MBCニューズナウ」の告知で藤原一彦アナが登場する。

放送時間[編集]

番組開始時は15分番組。1961年から1時間、1973年から2時間と拡大された。2008年3月までは週末の当時間帯がワイド番組に内包されることもあったが、「城山スズメ枠」として前述の音楽を流してきた。しかし、同年4月からは毎週日曜に「おッつゥ〜かごしま」が放送開始された[2]ことで、開局から形式上続けられてきた「全日放送」は同年3月30日を最後に途切れた。

パーソナリティ[編集]

  • 番組開始時は放送日に出勤したアナウンサーが1人で担当し、1964年4月から曜日固定担当制となる。1973年7月に2人体制に変更したものの、1987年に再度1人体制に変更された。2005年4月以降は再び男女2人体制となっている。
  • 2005年4月4日からはパーソナリティを大幅に変更、長年パーソナリティを務めた猪俣睦彦が降板した。その後猪俣は2007年4月から1年ほど復帰し、2009年4月3日から金曜担当で2度目の復帰を果たす。2010年4月からは木曜日を担当していたが、2011年3月23日を最後に勇退した。また同じく30年あまり出演し続けた植田美千代も、2011年3月21日でレギュラー出演からは退いた(2013年現在も代理出演はしている)。
  • 2011年4月4日放送からは土曜日の「うねうねWEEKEND」で人気を博した采野吉洋笹田美樹が月曜から金曜までを担当している。平日のパーソナリティ統一は番組開始以来初めて。

2013年現在のパーソナリティ[編集]

★はMBCの局アナウンサー、☆はMBCタレント

平日
  • 采野吉洋★:アナウンス部長として会議や出張の為に休む事があり、その際は同僚が代役を務める。
  • 笹田美樹
土曜日

2010年度のパーソナリティ[編集]

基本的には曜日固定制であった。

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日

夜の城山スズメ[編集]

かつては、平日のナイターオフ期間(一時期、土曜日も含んだ)の10月から3月までの19時台 - 20時台に、『夜の城山スズメ』を放送していた時期があった。なお、パーソナリティは当日の昼の『城山スズメ』のパーソナリティがそのまま『夜の - 』も兼任していた時があった。以下は各時期のパーソナリティ(太字は、当時の同曜日の昼(本編)のパーソナリティ)。

1985年10月 - 1986年3月[編集]

1986年10月 - 1987年3月[編集]

放送時間:月曜日-金曜日 19:40 - 21:00

1987年10月 - 1988年3月[編集]

放送時間:月曜日-金曜日 19:40 - 21:00、土曜日 19:00 - 21:00

1988年10月 - 1989年3月[編集]

放送時間:火曜日-金曜日 19:40 - 21:00

  • 火曜日:植田美千代、城光寺剛
  • 水曜日:猪俣睦彦、山崎典子
  • 木曜日:古川廣生稗田尚子
  • 金曜日:采野吉洋木戸宏実

脚注[編集]

  1. ^ これとは別に、MBCラジオでは『今週の歌謡ベストテン』という番組も存在していた
  2. ^ その後、2012年3月に終了。

関連項目[編集]

上記の2番組は元々は「城山スズメ」日曜日の扱い。

参考文献[編集]

  • 南日本放送・編 『MBC50年の軌跡』 2004年。

外部リンク[編集]