宮井紀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮井紀行
生誕 (1977-09-14) 1977年9月14日(41歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 和歌山県美浜町[2]
学歴 第一工業大学 土木工学科卒業[3]
ジャンル J-POP
職業 歌手
ミュージシャン
公式サイト 宮井紀行オフィシャルWEB

宮井紀行(みやい のりゆき、1977年9月14日[1] - )は日本歌手ラジオパーソナリティである。和歌山県美浜町出身[2]鹿児島県鹿児島市在住[2]

概要[編集]

和歌山県出身。和歌山県立和歌山工業高等学校卒業。第一工業大学(鹿児島県霧島市、当時:国分市)在学中の1998年9月、倉田暁雄とフォークユニット「なまず」を結成[4]。鹿児島市の天文館で路上ライブを続け、1999年12月24日に「桜咲く頃」でインディーズデビュー[5]。2001年までに3枚のインディーズCDを発売し、1万8,000枚が完売した[4]。2001年7月20日に「明日をのせて」でコロムビアレコードよりメジャーデビューを果たす[4]

2005年3月21日に「なまず」は解散[6]。宮井は拠点を鹿児島に移し、ソロ活動を続けている。2006年10月よりMBCラジオ『城山スズメ』パーソナリティーを務め[7]、2011年以降は『Precious Music』を担当している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Biography 宮井紀行本人公式ウェブサイト。2013年8月20日閲覧時点。
  2. ^ a b c 「震災を語る 鹿児島人たちの思い 3 被災地支援 もがき続けて絆実感」『南日本新聞』2012年4月2日8面。
  3. ^ 「卒業式巣立ちの笑顔それぞれ 仲間へはなむけのリズム」『南日本新聞』2000年3月24日朝刊24面。
  4. ^ a b c 「『なまず』の歌で球児応援 KKBの野球中継」『南日本新聞』2001年6月20日夕刊3面。
  5. ^ 「天文館からCDデビュー 大学生2人の『なまず』直撃、2000枚売れねば歌手断念『南日本新聞』1999年12月25日朝刊13面。
  6. ^ 「なまず、新たな旅立ち 3月21日鹿児島市で解散ライブ」『南日本新聞』2005年3月6日朝刊12面。
  7. ^ 「MBCラジオ『城山スズメ』月曜パーソナリティー」『南日本新聞』2006年11月16日夕刊7面。

外部リンク[編集]