岡田祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 祐介(おかだ ゆうすけ、1977年1月20日 - )は、MBC南日本放送アナウンサー

来歴[編集]

  • 佐賀県生まれ。小学2年生まで長崎県諫早市に在住し、その後は大学時代を除き鹿児島市在住。本人曰く「本籍地は熊本県で、実家のお墓は宮崎県にある」という。
  • 鹿児島県立鶴丸高等学校法政大学文学部地理学科を卒業後、1999年に帰郷しMBCへ入社。法政大学時代は劇団に所属する一方で、アナウンサーを数多く送り出している「山本研究会」にも通っていた。卒業直前には俳優とアナウンサーのどちらを選ぶかで悩んだという。
  • 入社後はテレビ・ラジオともに満遍なく担当しており、2013年現在も朝の情報番組を担当している。また、2008年度までは松木圭介と高校スポーツの全国大会で密着取材を精力的に行っていた。

人物・エピソード[編集]

  • 2014年現在、MBCアナウンサーの中で唯一、自前のブログを開設している。また、男性アナウンサーでは唯一の地元(および九州)出身者でもある。
  • ライフワークとして鹿児島初のプロバスケットボールチーム鹿児島レブナイズのサポーターリーダーとしても活動中、ラジオ番組内でレポートコーナーを持つ。
  • J-POPからダンスミュージック、日本や海外のクラブシーン、音楽シーンに至るまで非常に精通しており、自身も地元天文館を中心にプライベートでクラブDJの活動を精力的に行っている。また、MBCラジオでも鹿児島で活動するクラブミュージックを中心に紹介する番組「Sound ex」を自ら立ち上げた。
  • 2007年から4年間、ラジオを中心に活動していた時には「祐子」「岡子」等と称しオカマや若い女性の声色でコントをすることも多かった。また当時の相方で猫好きな先輩・二見いすずの影響で、猫の鳴き真似の声帯模写も番組スポットでやっていた。
  • 入社から10年半に渡って独身だった為、周囲から結婚を促されたり、共演者・リスナーからも「まさか……」と疑われたりするなど、辛い思いも経験した様である[1]。しかし、2009年10月に結婚し、翌年には長女が誕生した。

担当番組[編集]

テレビ
ラジオ

過去に担当した番組[編集]

テレビ
ラジオ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]2009年2月24日「城山スズメ」ブログより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]