希望のリボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
希望のリボン
ジャンル トーク番組
放送方式

日曜金曜 録音

土曜 生放送
放送期間 1953年10月10日 - 現在
放送時間 毎日 7:30 - 7:40(10分)
放送局 南日本放送
パーソナリティ 山下美智代(日曜~金曜)、二見いすず(土曜)
テーマ曲 バラと蜜蜂
提供 山形屋
テンプレートを表示

希望のリボン(きぼうのリボン)は、南日本放送 (MBC) のラジオ番組で、山形屋一社提供[1]。現在の放送時間は、毎日 7:30 - 7:40(JST)であり、そのうち月曜 - 土曜はワイド内(月曜 - 金曜:『モーニングスマイル』、土曜:『二見いすずの土曜の朝は』)に一コーナーとして放送されて日曜のみ独立して放送されている。テーマ曲として野村俊夫が作詞、古関裕而が作曲を行い、二葉あき子が歌った『バラと蜜蜂』のインストゥルメンタル版が使用されている。

番組の歴史[編集]

前身のラジオ南日本が開局した1953年10月10日、城山スズメ歌のない歌謡曲と共に放送を開始。当初から一日も途切れることなく続き、2018年に放送開始から65年を迎えた、日本国内でも有数の長寿ラジオ番組である。

放送開始当時は太平洋戦争の戦災が未だ癒えぬ時節で、離散したままの家族、戦災孤児、消息が定かでないシベリア抑留者等も多く居たため、連絡がつかない家族、親族、友人に対してラジオで盛んに呼びかけを行っていた。これが集約され一つの番組となったという。ちなみに同時期のNHKのラジオ放送でも尋ね人の時間があったようで、まもなく県民の多くにすんなり請けいれられた。

番組の特色[編集]

  • MBCの女性アナウンサーまたはMBCタレントがパーソナリティーを務め、リクエスト曲に載せて、知人への誕生祝いや応援メッセージなどを伝えるシンプルな番組構成である。番組の最初と最後には、スポンサーである山形屋の催事案内をパーソナリティーが読み上げる生コマーシャルがある。最後の部分の生CMのBGMは、標準的なテレビCMに使われているものと同じであるが、フルサイズとなっている。
    • お中元お歳暮の時期などに限り、通常の催事案内の生コマーシャルとは別に、番組冒頭に通常のCMが流される。ただし、流れないときもある。
  • 開始当初から山形屋の一社提供である。番組開始当時、セロファンテープは高価につきまだ普及しておらず、百貨店では包装には必ずリボンが使われていた。そのため「番組により人と人の架け橋が限りなく繋がっていくこと」を込め、「希望のリボン」というタイトルが付けられたという。当時から放送時間は殆ど変っておらず[2]、朝の生ワイド番組開始後も暫くは独立番組として継続された。
  • 番組のオープニング音楽のメロディーと編曲は何十年も変わっておらず、一時期MBCラジオ・MBCテレビで山形屋のCMに必ず使われた。現在ではMBCラジオ向けの山形屋のCMの一部に使われている。
  • 2000年代に入り、「ゆーすけ・かおりのMorningPalette」までは朝ワイド担当の女性アナウンサーによる生放送が続いたが、「田辺令吉のおはよう!発車オーライ」が始まった2011年3月28日以降はかつてのような録音放送となり、担当者もMBCタレント(女性)に変更された。ただし、土曜日だけは生放送が継続されている。
  • リクエスト曲に関しては2枠あり、必ず1枠は子供向けの曲がかかる。これは、親が子供の誕生日を祝うメッセージが多いので、子供の聴取率が午前7時台にしては異常に高いため。幼稚園保育所の園児の誕生日も祝うメッセージ(主に常連)まである。
    • メッセージが多いときはリクエスト曲をバックにメッセージを読み上げるが、子供向けの曲だけは単独で流すこともあるため、優遇されている。

リクエストの締切について[編集]

放送日の先週の同じ曜日までであるが、日曜日だけは先々週の金曜日までである。これは、金曜日の放送回と日曜日の放送回を同時に収録するためである。

現在の案内役[編集]

  • 山下 美智代(やました みちよ) (2011年3月28日~、月 - 金・日)
    • 番組を休む場合はピンチヒッターが務める。
  • 二見 いすず(ふたみ いすず) (土)

過去の出演者[編集]

  • 同局の歴代女子アナウンサーは必ず一度は案内役を務めていると言っても過言ではないほど多く人が出演してきた。
  • 開局当時は男性アナウンサーが案内役をつとめたとの話もあるが、ここ数十年はほとんどない。

脚注[編集]

  1. ^ 番組終了後のヒッチハイクは大阪屋製菓が提供。
  2. ^ 2013年(平成25年)10月9日放送のMBCテレビ『どーんと鹿児島』2時間スペシャルより。1955年(昭和30年)のラジオ南日本番組表でも、「7時半開始」と記載されている事が紹介された。