新井満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新井 満(あらい まん、1946年5月7日 - )は、日本の男性著作家、作詞作曲家歌手写真家、環境映像プロデューサー、絵本画家。新潟県新潟市生まれ、北海道亀田郡七飯町在住。本名:滿(みつる)。

来歴[編集]

新潟市立寄居中学校新潟明訓高等学校上智大学法学部卒業。上智大学グリークラブ(男声合唱団)に所属するも、入院退部。電通に入社し環境ビデオ映像の製作に携わるかたわら、小説・歌などの創作活動に入る。2006年5月末日に定年退職した。 1971年、東京出身の三田部紀子(1947年生、東京農工大学卒)と結婚[1]。のち新井紀子として共著を数点刊行している。 1977年(昭和52年)、カネボウのCMソングとして自ら歌唱した『ワインカラーのときめき』(作詞:阿久悠 作曲:森田公一)がヒット曲となる。

1987年(昭和62年)、『ヴェクサシオン』で第9回野間文芸新人賞受賞。1988年(昭和63年)の『尋ね人の時間』で第99回芥川賞受賞。都会生活を営む現代人の心象を、詩的な物語性によって繊細に描く作風と評価される。

日本ペンクラブ常務理事として、平和と環境問題を担当。

2001年平成13年)、妻をがんで亡くしたふるさとの友人を慰めるために『千の風になって』を作曲。作曲にあたって原詩である 『Do not stand at my grave and weep(直訳:私のお墓で佇み泣かないで)』 を訳して自ら歌い、CDに録音したものを30枚作成。友人や希望者に配布した。しかし、曲を聴きたいという希望者が膨れあがり、2003年に朝日新聞の天声人語で取り上げられると問い合わせが殺到。急遽ポニーキャニオンからCDが発売され、訳詩を掲載した本も講談社から発売された。この曲は秋川雅史加藤登紀子スーザン・オズボーン新垣勉ウィーン少年合唱団などプロの歌手たちにカバーされ、100万枚を越える大ヒットとなった。同曲によって2007年(平成19年)第49回日本レコード大賞作曲賞を受賞。ラジオドラマ、テレビドラマ、劇映画にもなった。

2003年(平成15年)、市民創作函館野外劇の実行委員会からの要望でテーマソング『星のまち Hakodate』を作詞・作曲[2]。毎年7月と8月に開催される函館野外劇では出演者によって全編で歌われている。

2005年(平成17年)、『この街で』(作詞:新井満、作曲:新井満、三宮麻由子)を制作。この曲は元々2000年10月に松山市で開催された「21世紀に残したいことば」あなたのことばで元気になれる『だから、ことば大募集』」で松山市長賞を受賞した「恋し、結婚し、母になったこの街で、おばあちゃんになりたい!」がモチーフとなっている[3]日本ペンクラブ「平和の日・松山の集い」 のイベントで松山を訪れていた新井はこの言葉に感動し、エッセイストの三宮麻由子と協力して即興で作詞・作曲した。イベント終了後もう一度聞きたいという要望が寄せられたため、後日新井がプライベートで録音してCD原盤を作成。CDの製造・販売権も新井から松山市に譲渡され、松山市役所の窓口で販売された。CDの売上金はすべて街づくりのイベント等の資金として役立てられている。

2009年(平成21年)、平城遷都1300年の記念行事の一環として万葉集研究の第一人者である中西進から万葉集の和歌にメロディーを付けて楽曲を作って欲しいという依頼があり[4]、『万葉恋歌 ああ、君待つと』を制作。万葉集の中から額田王磐姫皇后播磨娘子ら女性歌人の恋歌を新井が編纂し、曲をつけた。この曲は、演歌歌手の小林幸子の歌唱でCD化され、『第60回NHK紅白歌合戦』でも小林によって歌われた。

2011年(平成23年)11月、NHK『ラジオ深夜便』で朗読し反響となった詩『希望の木』を写真詩集として刊行。これは、津波で7万本あった高田松原の松の木が、たった一本を残して全滅した事実を踏まえて作られた詩で、初版印税の全額と一冊につき100円の復興応援金を寄付するチャリティー本となっている。

2016年(平成28年)7月、在住する北海道七飯町大沼国定公園にて開催された音楽イベント「北海道新幹線開業記念音楽祭「第1回千の風音楽祭」in大沼~イランカラプテ~」をプロデュースした[5]

『千の風になって』をめぐる議論[編集]

作品リスト[編集]

小説・絵本[編集]

  • 『にちようびだゾウ!』サンリード(創作えほん) 1983年
  • 『ヴェクサシオン』文藝春秋、1987年 のち文庫、新風舎文庫
  • 『尋ね人の時間』文藝春秋、1988年 のち文庫
  • 『サンセット・ビーチ・ホテル』文藝春秋、1988年 のち文庫
  • 『海辺の生活』文藝春秋、1991年
  • 『カフカの外套』文藝春秋、1991年
  • 『オンフルールの少年』マガジンハウス 1992年
  • 『朝のパンセ』ラウル・デュフィティビーエス・ブリタニカ 1993年
  • 『エッフェル塔の黒猫』講談社 1999年
  • 『黒い傷のある部屋』集英社 2000年
  • 『カメラマンと犬』集英社 2002年
  • 『月子』PHP研究所 2004年
  • 『朱鷺のキンちゃん空を飛ぶ』佐竹美保理論社 2005年

エッセイなど[編集]

  • 『美女が来た! 男に勝とうとは思わないだから負けもしない』CBS・ソニー出版 1983年
  • 『足し算の時代引き算の思想 対談集』PHP研究所 1990年 のち文庫
  • 『環境ビデオの時代』主婦の友社 1990年
  • 『サティ紀行 ノルマンディー・パリ音楽の旅』主婦の友社 1990年
  • 『幸福論』PHP研究所 1992年 「幸せさがし」のち文庫
  • 森敦-月に還った人』文藝春秋 1992年
  • 『新井満の人間交響楽』講談社 1995年
  • 『私の小さな美術館』文藝春秋 1996年
  • 『そこはかとなく』河出書房新社 1997年
  • 『星になったサン=テグジュペリ』文春ネスコ 2000年
  • 『千の風になって』講談社 2003年
  • 『結婚おめでとう』PHP研究所 2004年
  • 『死んだら風に生まれかわる』河出書房新社 2004年 のち朝日文庫
  • 『死んだら星に生まれかわる』河出書房新社 2004年 のち朝日文庫
  • 『新井満と語る風のごとく、自然体で』新風舎文庫 2004年
  • 『新井満と語る威厳をもった老後と哀れな老後と』新風舎文庫 2004年
  • 『お墓参りは楽しい』朝日新聞社 2005年 「お墓めぐりの旅」文庫
  • 『この街で』黒井健絵 PHP研究所 2006年
  • 『子どもにおくる般若心経朝日新聞出版 2008年
  • 『希望の木』大和出版 2011年

共著[編集]

  • 『ハイジ紀行 ふたりで行く「アルプスの少女ハイジ」の旅』新井紀子共著 白泉社 1994年 のち講談社文庫
  • 木を植えた男を訪ねて ふたりで行く南仏プロヴァンスの旅』新井紀子 白泉社 1996年 のち講談社文庫
  • ピーターラビット紀行 ふたりで行くイギリス湖水地方の旅』新井紀子 河出書房新社 2002年
  • 『死の授業』NHK共著 講談社 2010年

翻訳[編集]

音楽作品[編集]

アルバム[編集]

  • 組曲『月山』
    1976年作品。森敦の第70回芥川賞受賞作である小説『月山』の一節を歌曲化したもの。
  • 『アルファベット・アベニュー』
    1976年作品。
  • 『アデュー』
    1977年作品。
  • 『マンダーランド』(KING SKS-1015 CD:KICS-1308)
    1978年作品。音楽アルバム。大滝詠一作曲の『消防署の火事』が収録されている。2007年に初CD化。
  • 『髪』
    1982年作品。
  • 『尋ね人の時間』
    1989年作品。自作の小説をベースにした作品。
  • 組曲『鳥海山』
    1994年作品。
  • 『千の風になって』
    2003年作品。「千の風になって」の第1弾作品。
  • 『千の風になって~再生~』
    2004年作品。
  • 『この街で』
    2006年作品。
  • 『啄木・組曲ふるさとの山に向かいて』
    2007年作品。石川啄木の短歌を歌曲化したもの。
  • 『千の風になって メモリアル盤』
    2007年作品。
  • 『プーさんの鼻のララバイ』
    2008年作品。
  • 『万葉恋歌 君待つと』
    2009年作品。万葉集を歌曲化したもの。
  • 新井満コレクション1『風神』
    2009年作品。

シングル[編集]

  • 『オクトーバー14・外は雨』
    1976年作品。
  • 『ワインカラーのときめき』
    1977年作品。カネボウのCMソング。歌唱を担当。作詞は阿久悠、作曲は森田公一。CMモデルは古泉まり子
  • 『ありふれた仲でなく』
    1978年作品。
  • 『時が過ぎて』
    1978年作品。
  • 『眼を閉じて』
    1979年作品。
  • 展覧会で逢った女の子
    作詞と歌唱を担当。作曲は大野雄二。1980年6‐7月のNHK「みんなのうた」で発表。
  • 『髪』
    1982年作品。作詞を小椋佳が担当。
  • 『尋ね人の時間』
    1989年作品。
  • 『千の風になって』
    前述の『Do not stand at my grave and weep』日本語訳に、新井満が曲をつけたもの。新井自らが歌い、CD化された。のち、第57回NHK紅白歌合戦テノール歌手・秋川雅史がこの歌を熱唱した結果問い合わせが殺到、2007年1月22日付のオリコン総合チャートで1位を獲得し、好セールスを記録した。
  • 『ふるさとの山に向かいて』
    2006年作品。

脚注[編集]

  1. ^ 『芥川賞全集16』年譜
  2. ^ 市民創作函館野外劇 野外劇の足跡
  3. ^ 松山市のホームページ 「ことばのちから」イベントで生まれた歌「この街で」について
  4. ^ 産経関西 小林幸子さん「万葉恋歌」熱唱 春日大社
  5. ^ 函館市公式観光サイト「はこぶら」【7/23・24】大沼湖水まつりと、千の風音楽祭 in大沼

関連項目[編集]

  • 安藤忠雄 - 住吉の長屋 - 電通では「住吉の長屋」の施主と席が隣であり、安藤に建築を依頼をすることを話した時に「ゲリラそんな変わった人、やめとき」と忠告した。のちに安藤が聞いたときには「そんなこといっていない」と言った。

外部リンク[編集]