水村美苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水村 美苗(みずむら みなえ、1951年[1] - )は、日本小説家評論家。夫は東京大学経済学部名誉教授岩井克人

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。母は八木義徳に師事して、78歳で初の自伝的小説『高台にある家』を上梓した水村節子(1922-2008)。父親の仕事の関係で12歳の時に渡米。ボストン美術学校en)、イェール大学フランス文学専攻、イェール大学大学院仏文科博士課程修了。ポール・ド・マンの教えを受ける。

プリンストン大学講師、ミシガン大学客員助教授、スタンフォード大学客員教授として、日本近代文学を教える。

プリンストン大学で教鞭を執る傍ら日本語小説を書き始める。夏目漱石の未完に終わった『明暗』の続きを書いた『續明暗』で、1990年芸術選奨新人賞を受賞。欧文が部分的に混在する横書きの『私小説 from left to right』で、1995年野間文芸新人賞を受賞。エミリー・ブロンテの『嵐が丘』を戦後日本を舞台に書き換えた『本格小説』で、2003年読売文学賞を受賞。2009年には『日本語が亡びるとき』で小林秀雄賞を受賞し、同賞を夫婦でものにしたことになる。その時点ですべての単著が賞をとっている。2012年、『新聞小説 母の遺産』で大佛次郎賞を受賞。

著書[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

[編集]

  1. ^ コトバンクに記載。