伊井直行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊井 直行
(いい なおゆき)
誕生 (1953-09-01) 1953年9月1日(69歳)
日本の旗 日本宮崎県延岡市
職業 小説家大学教員
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 慶應義塾大学文学部史学科民族学・考古学専攻卒業
活動期間 1983年 -
ジャンル 小説
代表作 『さして重要でない一日』(1989年)
『進化の時計』(1993年)
『濁った激流にかかる橋』(2000年)
主な受賞歴 群像新人文学賞(1983年)
野間文芸新人賞(1989年)
平林たい子賞(1994年)
読売文学賞(2001年)
デビュー作 『草のかんむり』(1983年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊井 直行(いい なおゆき、1953年9月1日 - )は、日本の小説家東海大学文学部文芸創作学科教授[1]

宮崎県延岡市大瀬出身、慶應義塾大学文学部史学科民族学・考古学専攻卒業。出版社勤務を経て、1983年「草のかんむり」で第26回群像新人文学賞を受賞して小説家デビュー。

受賞歴[編集]

著書[編集]

小説[編集]

  • 『草のかんむり』(1983年、講談社/1990年、講談社文庫)
  • 『さして重要でない一日』(1989年、講談社/1993年、講談社文庫)講談社文芸文庫 
    • 「さして重要でない一日」
    • 「パパの伝説」
  • 『湯微島訪問記』(1990年、新潮社
  • 『本当の名前を捜しつづける彫刻の話』(1991年、筑摩書房
  • 『雷山からの下山』(1991年、新潮社)
  • 『星の見えない夜』(1991年、講談社)
  • 『悲しみの航海』(1992年、朝日新聞社/1995年、朝日文芸文庫)
  • 『進化の時計』(1993年、講談社)
  • 『ジャンナ』(1995年、朝日新聞社)
  • 『三月生まれ』(1996年、講談社)
  • 『服部さんの幸福な日』(2000年、講談社)
  • 『濁った激流にかかる橋』(2000年、講談社 のち講談社文芸文庫)
  • 『お母さんの恋人』(2003年、講談社)
  • 『青猫家族輾転録』(2006年、新潮社)
  • 『愛と癒しと殺人に欠けた小説集』(2006年、講談社)
  • 『ポケットの中のレワニワ』(2009年、講談社)
  • 『尻尾と心臓』(2016年、講談社)

評論[編集]

  • 岩崎彌太郎 「会社」の創造』 (2010年、講談社現代新書) 
  • 『会社員とは何者か?』(2012年、講談社)

注釈[編集]