第29回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第29回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1978年12月31日(NHK紅白歌合戦第29回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第29回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1978年12月31日
放送時間 1978年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第29回NHK紅白歌合戦』(だいにじゅうきゅうかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1978年12月31日NHKホールで行われた、通算29回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

出演者[編集]

司会者[編集]

森は16年ぶり2度目、山川は7年連続7度目(白組司会は5年連続5度目)、相川は4年連続4度目の担当。
前年まで4年続いた佐良直美と山川のコンビは「さすがにマンネリ」との声が上がったため紅組司会が交代することとなり、小柳ルミ子や浅茅などが候補に挙がる中、前年まで日本レコード大賞の司会を務めていた森が16年ぶりに司会に復帰した[1]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
榊原郁恵(初) 夏のお嬢さん 郷ひろみ(6) バイブレーション (胸から胸へ)
岩崎宏美(4) シンデレラ・ハネムーン 平尾昌晃(4)・畑中葉子(初) カナダからの手紙
石川さゆり(2) 火の国へ 狩人(2) 国道ささめ雪
研ナオコ(2) かもめはかもめ 野口五郎(7) グッド・ラック
芹洋子(初) 坊がつる讃歌 角川博(初) 許してください
桜田淳子(5) しあわせ芝居 西城秀樹(5) ブルースカイブルー
庄野真代(初) 飛んでイスタンブール ツイスト(初) あんたのバラード
サーカス(初) Mr.サマータイム さとう宗幸(初) 青葉城恋唄
渡辺真知子(初) 迷い道 原田真二(初) タイム・トラベル
佐良直美(12) 愛の消しゴム 加山雄三(5) 海 その愛
中原理恵(初) 東京ららばい 新沼謙治(3) 北挽歌
高田みづえ(2) 花しぐれ 細川たかし(4) 港夜景
和田アキ子(9) コーラス・ガール 千昌夫(6) 北国の春
水前寺清子(14) 肥後の駒下駄 フランク永井(22) 公園の手品師
太田裕美(3) ドール 内山田洋とクール・ファイブ(7) さようならの彼方へ
西川峰子(4) 東京ラブ・コール 菅原洋一(12) 恋歌師
青江三奈(12) ふられぐせ 春日八郎(20) さよなら宗谷
八代亜紀(6) 故郷へ… 五木ひろし(8) 熱愛
小柳ルミ子(8) 雨… 北島三郎(16) 与作
森昌子(6) 彼岸花 三波春夫(21) さくら日本花の旅
由紀さおり(10) トーキョー・バビロン 布施明(12) めぐり逢い紡いで
島倉千代子(22) りんどう峠 村田英雄(17) 人生劇場
都はるみ(14) なんで女に 森進一(11) きみよ荒野へ
山口百恵(5) プレイバックPart2 沢田研二(6) LOVE (抱きしめたい)

演奏[編集]

審査員[編集]

主なゲスト出演者[編集]

当日のステージ[編集]

  • 紅白初のテレビでのステレオ放送開始。以後、全てステレオ放送。
  • ニューミュージックコーナー」が設けられ、庄野から原田までが6組立て続けに披露した。
  • 佐良の歌唱前、森光子は「去年も一昨年も昨一昨年もその前も紅組の司会、本当に御苦労様でございました」「あなたの作り上げてくださった紅組のチームワークに守られて帰り新参の私も頑張っております」と感謝のメッセージを述べた。
  • 古賀政男の追悼ステージは、島倉千代子村田英雄が行った。
  • 前述のとおり、演歌が不作であったことから、企画の段階からの今回のトリは人気No.1のポップス系歌手で、という方針は固まっていた。また、ピンク・レディーの裏番組出演に対抗する意味も込めて[7]、山口百恵と沢田研二の対決となった。
  • 山口百恵の「プレイバックPart2」では、商品名の「ポルシェ」がNHKの規制に抵触する可能性があったが[注釈 3]、元詞通り歌った。当時山口百恵は19歳で、10代の歌手がトリを担当したのはこの1回のみである。
  • 沢田は大トリ担当を「俺はアーティストとして、自分の歌を歌い切りたい。出演者全員が並ぶ前で歌うのは、茶化されるようでどうしても嫌」と嫌ったという[8]
  • 白組が優勝(通算14勝15敗)。審査員の山本浩二から山川に優勝旗が授与された。なお審査員の代表による授与は今回で一旦区切りとなり、翌年の第30回以降は再び大会委員長であるNHK放送総局長が行う形となる(第55回2004年)まで)。審査員の代表による授与は第57回2006年)で復活している。
  • 現存するVTRには実況音声が録音されていない。

後日譚[編集]

  • 1993年と1999年に『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で再放送された。
  • 今回以前の再放送時は映像・音声が乱れる場合がある旨が表示されるが、される今回以降の再放送時からステレオで放送されたためか、番組内の注意書きで映像が乱れる場合がある旨を伝えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当年4月4日限りで解散。
  2. ^ 学業専念のため、当年限りで引退。
  3. ^ レッツゴーヤング』、『NHKヤング歌の祭典』などでは、「ポルシェ」を「クルマ」に変えて歌っていた。

出典[編集]

  1. ^ a b 合田, p. 131.
  2. ^ 合田, p. 129.
  3. ^ 合田, pp. 130-131.
  4. ^ 合田, pp. 129-131.
  5. ^ a b c 「ニューミュージック躍進 三橋美智也落選 "売り物"なき紅白でささやかれる出場歌手選考の問題点」『サンデー毎日』1978年12月10日号、162-163頁。
  6. ^ 『読売新聞』1978年12月9日付夕刊、3頁。
  7. ^ 太田省一『紅白歌合戦と日本人』、172頁。
  8. ^ 『週刊FLASH』2018年1月2・9日合併号

参考文献[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)
  • 合田道人 『紅白歌合戦の舞台裏』 全音楽譜出版社、2012年12月15日ISBN 978-4-11-880178-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]