勝部領樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝部 領樹(かつべ りょうじゅ、1931年3月30日[1] - 2018年12月18日[2])は、日本の放送記者、ニュースキャスターNHKで活動した。

生涯[編集]

島根県佐田町出身。青山学院大学文学部英米文学科を卒業してNHKに入局し、故郷に近い松江放送局が初任であった[3]。以後、社会部の記者として活動。

1966年に旅客機墜落事故が連続して発生した当時はNHK本局の社会部キャップを務めており、勝部の下で遊軍記者だった柳田邦男がこれらの事故を題材にして刊行した『マッハの恐怖』には当時の勝部が登場している[4]

1977年、磯村尚徳の後任として2代目の「ニュースセンター9時」キャスターとなり、2年間務めた。

キャスター退任後は「NHK特集」リポーターなどを務め、1979年には南極昭和基地からのテレビ中継で取材団長となっている[3]

1988年、NHKを定年退職[5]NHKエンタープライズに移籍し、当初はキャスター、後には同社の顧問となり、2001年まで務めた[5]

2018年12月18日、誤嚥性肺炎のため死去[2]。87歳没。

共著[編集]

  • 『南の隣国台湾・フィリピン』 (NHK海外シリーズ)川竹和夫,松本裕人共著. 日本放送出版協会 1965
  • 『食糧・国家の選択 世界の中の日本 NHK特集=緊急リポート』NHK日本プロジェクト取材班共著 日本放送出版協会 1988.

脚注[編集]

  1. ^ 「神奈川年鑑」『神奈川新聞社』1995年。914P
  2. ^ a b “元NHKキャスター勝部領樹さん死去 南極から生中継”. 朝日新聞. (2019年2月23日). https://www.asahi.com/articles/ASM2R4JJ5M2RUCFI001.html?ref=tw_asahi 2019年2月23日閲覧。 
  3. ^ a b 21世紀はこうなる そのとき島根は
  4. ^ 勝部は1986年に刊行された新潮文庫版の『マッハの恐怖』に解説文を寄稿した。
  5. ^ a b 勝部領樹プロフィール - システムブレーン