めぐり逢い紡いで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
めぐり逢い紡いで
大塚博堂シングル
初出アルバム『もう少しの居眠りを
B面 小さな幸福でよければ
リリース
ジャンル ニューミュージック
レーベル 日本フォノグラム
大塚博堂 シングル 年表
哀しみ通せんぼ
(1978年)
めぐり逢い紡いで
(1978年)
LOVE IS GONE
(1978年)
収録アルバムもう少しの居眠りを
翌朝
(2)
めぐり逢い紡いで
(3)
野良犬
(4)
テンプレートを表示
めぐり逢い紡いで
布施明シングル
初出アルバム『めぐり逢い紡いで
B面 かもめよ
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル キングレコード
チャート最高順位
布施明 シングル 年表
君の歌が聞こえる
(1978年)
めぐり逢い紡いで
(1978年)
君は薔薇より美しい
(1979年)
収録アルバムめぐり逢い紡いで
冬の散歩道
(4)
めぐり逢い紡いで
(5)
かもめよ
(6)
テンプレートを表示

めぐり逢い紡いで」(めぐりあいつむいで)は、大塚博堂の曲である。作詞はるい(小坂洋二)、作曲は大塚による。1978年2月5日発売の3枚目のアルバム『もう少しの居眠りを』に収録され、同年7月5日にシングルカットされた。

布施明との競作であり、布施によるシングルは1978年9月5日にリリースされ、同年12月5日には同曲を表題作とするアルバム『めぐり逢い紡いで』もリリースされた。布施は同年の『第29回NHK紅白歌合戦』で同曲を歌った。

エピソード[編集]

  • 渡辺プロダクションで、この曲をほかの人に歌わせたいということで募集をかけたところ、布施明と森進一が名乗りを挙げた。布施や森はコンサートでこの曲を歌っており、自分の曲にしたいという思いが強かった。事務所の判断で布施が歌うことになったが、森もコンサートやディナーショーなどでその後も歌っている。
  • 『紅白歌合戦』で布施が歌ったが、それが博堂の作品だと知ったNHKがレコード店で博堂のLPを探し、「旅でもしようか」をNHKのキャンペーンソングに採用した。
  • 漫画家はらたいらの著書に「めぐり逢い紡いで」があるが、この題名はこの曲から付けたものである。

編曲の違い[編集]

博堂の「めぐり逢い紡いで」は、2通りのアレンジがある。アルバムがあかのたちお、シングルは林哲司が担当した。

アルバムのイントロはオーボエ等を使い語るような静かな演奏で、2コーラスが終わった後にさび返しがあり、博堂の歌唱も淡々としている。シングルの方は、エレキギターを中心に女性のスキャットが入り、2コーラスだけでキーがアルバムよりも高い。カラオケで配信されているのは、アルバムのアレンジである。CDなど以前はアルバムの方がメディアに露出する機会が多かったが、最近はシングルの露出も多くなった。

布施の「めぐり逢い紡いで」は、宮川泰の他に、岩崎文紀井川雅幸がアレンジしたものもある。

大塚博堂のシングルの収録曲[編集]

  1. めぐり逢い紡いで(作詞:るい/作曲:大塚博堂/編曲:林哲司)
  2. 小さな幸福でよければ(作詞:るい/作曲:大塚博堂/編曲:林哲司)

布施明のシングルの収録曲[編集]

  1. めぐり逢い紡いで(作詞:るい/作曲:大塚博堂/編曲:宮川泰
  2. かもめよ(作詞・作曲:布施明/編曲:宮川泰)

その他のカヴァー[編集]