はらたいら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はら たいら
本名 原 平(はら たいら)
生誕 1943年3月8日
高知県香美郡土佐山田町
(現・香美市
死没 2006年11月10日(満63歳没)
埼玉県富士見市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家随筆家タレント
ジャンル 4コマ漫画
代表作 モンローちゃん
ゴシップちゃん 他多数
テンプレートを表示

はら たいら(本名:原 平1943年3月8日 - 2006年11月10日)は、東京都文京区小石川に居住していた、高知県香美郡土佐山田町(現香美市)出身の男性漫画家随筆家タレント血液型B型

略歴[編集]

父・太郎、母・小夜子の長男として生まれる。姉の美和は元バスガイド。父・太郎は、たいらが生まれる前に結核で病死。餓鬼大将としての逸話を持っている。その逸話は後に「最後のガキ大将」という題で著書になり、後に「ガキ大将がやってきた」(TBS系)という題名でドラマ化された。

高知県立山田高等学校普通科1961年3月に卒業。在学中からナンセンス漫画の才能を発揮していたが、上京後は木賃宿を根城として作品を出版社に持ち込んでは断られる生活が続く[1]。生活苦から、高校の1級後輩の森本ちず子に生活費の援助を受け「俺はおまえのヒモだ」と自嘲していた[1]

1963年、『週刊漫画TIMES』(芳文社)の連載『新宿B・B(ベベ)』でデビュー。翌1964年森本ちず子と結婚。1972年週刊漫画ゴラク』の連載『モンローちゃん』がヒットする。その後、1980年 サンケイ新聞の『ルートさん』、1988年 北海道新聞中日新聞東京新聞)、西日本新聞の各夕刊連載の『セロりん』、1981年 - 1983年,1989年 - 1990年 日本経済新聞連載の『ゲンペーくん』、沖縄タイムスの『グルくん』、公明新聞の『ポッコちゃん』、京都新聞の『パトロールのパトさん』、日刊ゲンダイの『ゴシップちゃん』など、数多くの新聞漫画を手がける。

野球にも造詣が深く、1976年から放送されたプロ野球ニュースフジテレビ系)の2代目週末司会を務める(1977年)も、生放送中の原稿を読み終えた後に、アドリブが利かなかったといったトラブルや、本業との兼ね合いからわずか3ヶ月で押阪忍と交代することになる。しかし、それでも野球への情熱は冷めることはなく1978年には大ファンであった阪神タイガース掛布雅之に「掛布と31匹の虫」の作詞を手がけ、プロデュースした。ちなみに、「掛布と31匹の虫」という曲はオムニバスCD『えっ!あの人がこんな歌を…。』(1990年7月21日発売)にも収録されている。

過去に地元の民放局であるテレビ高知が放送した、はらたいらが高知県内各地を訪れる『はらたいらのおらんく風土記』という人情ドキュメンタリー番組が大好評を博した。

また、落語愛好者には笑福亭鶴光の弟子の名付け親としても知られる。

1992年秋口から、更年期障碍による眩暈や集中力低下を訴え連載を減らし、闘病生活に。その時の一連の経過は、著書「はらたいらのジタバタ男の更年期」・「男も『更年期』がわかると楽になる」などに詳しい。また経験を生かし晩年は男性更年期障碍の講演も行った。テレビクイズ番組クイズダービー」に1977年1月22日~1992年6月27日までの間レギュラー出演するが、クイズ番組以外ではトークを求められることが多く、これが原因でうつ病を発症。公演中に倒れ、うつ病の診断を受けその後は仕事を20%ほど減らした。ほぼ同時期に、妻のちず子が乳がんを患ったが、はらはちず子がいないと何もできないことを熟知していたため、早期に退院できる方法として検査機関の短い乳房を残さない全摘出手術を選ぶ。手術後にちず子のもとを訪れたはらは、チューブ類が繋がれた妻の様子を見て卒倒して意識を失い、妻とともに入院する。退院後は、2人で旅行をするなどして楽しんでいたものの、それも長くは続かず、高校生時代から患っていた肝硬変を悪化させるが、飲酒量が多かったことなどもありすでに手遅れの状態だった。病院では、ナースコールすら押せないほど気弱な一面を見せ、2時間おきに妻のちず子に電話をしていた。このため、ちず子も不眠の日々が続き、時にはこっそり病院に泊まりこむ日もあった。「生まれ変わってもお前と夫婦でいたい」が最初で最後の夫婦らしい会話であったという[2]

娘の原麻衣子バレリーナ(元スターダンサーズ・バレエ団)である。正保ひろみなど、弟子筋の作家も輩出している。

2006年11月10日肝臓癌により、埼玉県富士見市の病院で死去。63歳没。当初の死因は肝不全と伝えられたが、2006年9月に検査入院した際に、元々肝硬変であった上に末期癌であったことが判明したという。はらは生前、大の酒好きで知られていたため、訃報に接した大橋巨泉は「飲み過ぎたのかな」と語った。戒名は曼照院智徳道晃居士。はらの妻・ちず子が葬儀後に語ったところによると、はら自身は亡くなる前、医師の忠告を無視して酒を飲み続けた末の63歳の死について「不服はない。本望だ」と言っていたという。

故郷に程近い高知県南国市の「はらたいらと世界のオルゴールの館」(後免町駅徒歩2分)では原画を含め作品を鑑賞することができた(2004年12月30日閉館)。

クイズダービーの出演[編集]

かつてTBSで放映された視聴者参加クイズ番組クイズダービー』に、1976年に同じ漫画家の黒鉄ヒロシと交代する形で、長らく3枠のレギュラー解答者として活躍した。番組出演記録は、隣の4枠レギュラー解答者だった竹下景子に次いで第2位の記録である。

番組出演者の中では驚異的な正解率(.747)を誇っており、はらのオッズは原則として2倍程度、時には1倍と低く設定されていた。風刺漫画家という職業柄、はらは多数の新聞や雑誌の記事の切り抜きをまめに行っていたが、番組では「はらは正解で当然」という期待があったため、番組用にも特別にスクラップブックを作っていた。収録前のはらは緊張のためいつも口数が少なかった[3]。はらに高いポイントが掛けられることが多く「はらたいらさんに3000点」という言葉が「相手の予想に同意する」ことの代名詞となった。最後の問題では「はらたいらさんに全部」と言う出演者が非常に多く見受けられた。驚異的な正解率に「事前に正解を知っているのでは」と度々聞かれウンザリしていたはらは「問題を作っているのは僕なんですよ」とジョークで返していた。なお、クイズダービーではやらせは一切排除されており、番組司会の大橋巨泉ですら問題を知らされるのは収録15分前だった。驚異的な正解率は全てはらの実力による正解である[4]。最多連勝(連続正解)は27連勝(2度達成)で、同番組では歴代1位の連勝記録だった(連勝記録の歴代2位はゲスト解答者として出演した黒沢久雄の24連勝。竹下は16連勝で歴代3位)。

主な著書[編集]

  • 『愛を旅する人へ』(講談社
  • 『シャレと遊びと人生と』(広済堂
  • 『めぐり逢い紡いで』(講談社)
  • 『知的遊戯』(新星出版社
  • 『竜馬のジントニック』(実業之日本社
  • 『はらたいらのスパイス人生論・心におやつ』(小学館
  • 『最後のガキ大将』(フレーベル館
  • 『女29歳は生き方微妙どき』 (講談社)
  • 『はらたいらのシャッターはおどる』写真集(北泉社
  • 『はらたいらのてこにあわん』(高知新聞社
  • 『平成乱気流』(広済堂)
  • 『たまにはマジに遊ぼうか』(近代文芸社
  • デジタル漫遊記『パソコン音痴が行く』(日経BP社
  • 『4コマ漫画英語塾』(成星出版社
  • 『はらたいらのジタバタ男の更年期』(芳賀書店
  • 『はらたいらの日本国憲法』(広済堂)
  • 『「60歳の壁」をらくーに越える5つのこころ術』(海竜社
  • 『男も更年期がわかると楽になる』(主婦の友社)2002年11月
  • 『はらたいらのハラハラ人生劇場』(三省堂書店)2003年4月
  • 『はらたいらのジタバタ男の更年期』(小学館)2003年4月
  • 『「60歳の壁」をらく〜に越える5つのこころ術』(海竜社)2003年9月
  • 『はらたいら「60歳からの幸福論」更年期障害を乗り越えて』(コスミック出版)2004年4月
  • 『はらたいらの「ボケてたまるか」』(祥伝社)2004年11月
  • 『はらたいらのパソコンでつくる自分史』(翔泳社)2005年10月
  • 『はらたいらのまんが川柳』(イープロジェクト)2005年10月

テレビCM[編集]

テレビ出演[編集]

テレビドラマ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 原ちず子さん(故・はらたいらの妻):闘病記:がんサポート
  2. ^ 2015/3/17 レシピエンヌ - あの偉人を陰で支えたニッポンの妻SP はらたいらのうつ病と肝硬変を支えた、森本ちず子さんの一途な一生
  3. ^ 共演者・篠沢教授が明かす…はらたいらさんの「全部」
  4. ^ 現代ビジネス

関連項目[編集]