わたしは海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
連続テレビ小説 > わたしは海
連続テレビ小説
通番 題名 放映期間
第21作 おていちゃん 1978年4月3日
- 9月30日
第22作 わたしは海 1978年10月2日
- 1979年3月31日
第23作 マー姉ちゃん 1979年4月2日
- 9月29日
わたしは海
ジャンル ドラマ
脚本 岩間芳樹
出演者 あいはら友子
小野進也
井上昭文
三島ゆり子
坂本スミ子
ほか
ナレーター 倍賞千恵子
時代設定 昭和初期〜終戦直後
製作
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1978年10月2日 - 1979年3月31日
放送時間月曜 - 土曜8:15~8:30
放送枠連続テレビ小説
放送分15分
回数153
テンプレートを表示

わたしは海』(わたしはうみ)は、1978年昭和53年)10月2日から1979年(昭和54年)3月31日まで放送されたNHK連続テレビ小説第22作である。NHK大阪放送局制作第5作目。

特徴[編集]

広島県倉橋島呉市を主な舞台に身寄りのない戦争孤児を育てながら生きたヒロインの半生を描いている[1]。放送期間が半年体制となってからのNHK大阪放送局制作(大阪制作)第4作目となる。また、広島県の他に京都府福岡県も舞台になっており、三県とも朝ドラが半年体制になってからは初めてで、京都と福岡は大阪制作の作品では初めて舞台になった[2]

1979年1月に放送された「阿修羅のごとく」第二話にて里見家の朝食のシーンでテレビでこの番組の1シーンが映っている。

映像の現存状況[編集]

第1話と最終話のみ現存とされていたが、2007年に視聴者から話数不明のVHSテープ(第131回と思われる)が寄贈された[3]

NHKではマスターテープが失われた過去の放送番組の収集(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を進めている[4]

放送ライブラリーでは最終回が公開[5]

キャスト[編集]

※参考文献『朝ドラの55年 全93作品完全保存版』(NHKドラマ編集部、2015年)

スタッフ[編集]

視聴率[編集]

  • 本番組は1978年10月19日の放送で42.1%をマークするも、その後視聴率は不振となり、平均視聴率35.9%と振るわなかった。結果的に本番組は放送開始2か月目から終了の時期まで視聴率が不振になった[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「NHKトピックス/NHK10月の番組改定/ラジオ周波数変更」『放送教育』第33巻第7号、日本放送教育協会、1978年10月1日、 86頁。NDLJP:2341410/44
  2. ^ 「NHK放送史『朝ドラ100』」の「ご当地マップ『京都』、『広島』、『福岡』」を参照。
  3. ^ NHKアーカイブス公式ページ『お宝発見ニュース』第18回
  4. ^ NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト
  5. ^ a b c d e f g h i 放送ライブラリー program番号:177839
  6. ^ 中原ひとみ - NHK人物録
  7. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
わたしは海