水澤心吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みさわ しんご
水澤 心吾
本名 永谷 吉美
別名義 三沢 慎吾(旧芸名)
生年月日 (1950-02-17) 1950年2月17日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 滋賀県高島市
身長 177 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優・心理トレーナー
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1974年 -
公式サイト 水澤心吾オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
わたしは海
舞台
『決断 命のビザ〜SEMPO杉原千畝物語〜』

水澤 心吾(みさわ しんご、1950年2月17日 - )は、日本の俳優、心理トレーナー。旧芸名、三沢 慎吾(読み同じ)。本名、永谷 吉美[1]

滋賀県高島市出身。高島高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

19歳の時に歌手を目指して上京の後、役者に転向[2]1974年に「劇団俳少」に入団し舞台に立つ。1977年、舞台『天守物語』で坂東玉三郎の相手役に抜擢され本格的に俳優としての道を歩む。1978年にはNHK連続テレビ小説わたしは海』に出演、ヒロインの恋人役を演じる。以降はNHK大河ドラマなどテレビドラマ映画舞台に出演。また、現在[いつ?]セラピストとしても活動。

1990年三沢 慎吾から水澤 心吾へと改名。

36歳で離婚。40歳の時に自身が出演したテレビドラマを見て自らの演技に疑問を抱き、俳優活動を休業。アメリカハワイにて10年間にわたりビジョン心理学を学びつつ、心理トレーナーとして演技メソッドと心理学を融合させた独自のセミナーを主宰する[3][4]

2001年オーストラリアのテレビドラマシリーズ『チャンギ捕虜収容所英語: Changi (miniseries))』に出演するなど、俳優として活動を再開。3年後の2004年頃より舞台にも復帰する[5]

テレビ番組で存在を知った「日本のシンドラー」こと外交官杉原千畝に感銘を受け、その生涯の舞台化を決意。2001年頃より脚本を執筆開始し、一人芝居『決断 命のビザ〜SEMPO杉原千畝物語〜』として2007年に初演。以来、貯金を切り崩しつつ自主公演を重ね、全国各地にてロングラン公演を続けている。2008年にはアメリカロサンゼルス2016年にはリトアニアの首都ビリニュスおよび物語の舞台となったカウナスでの海外公演も実現した。上演回数は2016年時点で240回あまりを数え、1000公演の達成を目標としている[2][5][6][7]

クリスチャンだった杉原千畝の影響を受け、自らも受洗三浦綾子の小説『塩狩峠』を三堀峰吉の物語として構成し、朗読劇『塩狩峠 三堀峰吉物語』として上演している[5]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • ファイヤー(1975年、渋谷ジァン・ジァン
  • 天守物語(1977年、日生劇場
  • 白鷺(1982年、明治座新歌舞伎座中日劇場
  • 真夜中のパーティー(1983年、PARCO劇場
  • 人形の家(1984年、渋谷ジァン・ジァン)
  • カッコウの巣の上を(1985年、本多劇場
  • 三文オペラ(1989年、PARCO3)
  • マクベス(1989年、セゾン劇場
  • 一人芝居・決断 命のビザ〜SEMPO杉原千畝物語〜(2004年、原宿ギャラリーハセガワ)
  • 友情(2004年 - 2005年、アートスフィア 他) - 島崎保 役
  • 中村美津子 公演(2006年、御園座・明治座)
  • 同期の桜(2006年、九段会館
  • 下町演劇祭(2006年、日本橋劇場)
  • ミュージカル Friendship 友情-未来をください(2006年、博品館劇場
  • 一人芝居・決断 命のビザ〜SEMPO杉原千畝物語〜(2007年、原宿ギャラリーハセガワ)
  • 京劇 覇王別姫(2007年、よみうりホール
  • ミュージカル SEMPO(2008年、新国立劇場
  • 一人芝居・決断 命のビザ〜SEMPO杉原千畝物語〜(2008年、原宿ギャラリーハセガワ)

著書[編集]

  • 水澤心吾の杉原千畝物語 一人芝居「決断・命のビザ」ノート(2012年10月23日、三五館、ISBN 978-4-88320-570-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 水澤 心吾”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年9月11日閲覧。
  2. ^ a b 牛尾梓 (2016年4月28日). “杉原千畝演じ230回 一人芝居の水澤さん、3日に帰国公演へ”. 朝日新聞デジタル. http://digital.asahi.com/articles/DA3S12333771.html 2016年9月13日閲覧。 
  3. ^ “日本のシンドラー”を一人芝居で表現 俳優・水澤心吾さん”. 定年時代. 新聞編集センター (2014年4月). 2016年9月11日閲覧。
  4. ^ “杉原千畝の決断描く一人芝居 東京で11月4日”. クリスチャントゥデイ. (2011年11月1日). http://www.christiantoday.co.jp/articles/9755/20111101/news.htm 2016年9月11日閲覧。 
  5. ^ a b c 坂本直子 (2015年4月20日). “6千人の命を救った杉原千畝のように 「無条件の愛」を知らされた俳優・水澤心吾”. クリスチャントゥデイ. http://www.christiantoday.co.jp/articles/15813/20150420/sugihara-chiune-misawa-shingo.htm 2016年9月11日閲覧。 
  6. ^ “杉原千畝が題材 一人芝居「命のビザ」 11月にカナダ公演”. 東京新聞. (2016年7月6日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201607/CK2016070602000156.html 2016年9月11日閲覧。 
  7. ^ 賀川智子 (2016年9月2日). “一人芝居 日本のシンドラー・杉原千畝の精神学んで 水澤心吾さん、千代田で17日 /東京”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160902/ddl/k13/200/042000c 2016年9月11日閲覧。 

外部リンク[編集]