おはようさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
連続テレビ小説
通番 題名 放映期間
第15作 水色の時 1975年4月7日
- 1975年10月4日
第16作 おはようさん 1975年10月6日
- 1976年4月3日
第17作 雲のじゅうたん 1976年4月5日
- 1976年10月2日
おはようさん
ジャンル ドラマ
原作 田辺聖子
脚本 松田暢子
出演者 秋野暢子
中田喜子
三田和代
ほか
ナレーター 秋野暢子
時代設定 現代
製作
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1975年10月6日 - 1976年4月3日
放送時間月曜 - 土曜8:15~8:30
放送枠連続テレビ小説
放送分15分
回数150[1][2]
テンプレートを表示

おはようさん』は、1975年昭和50年)10月6日から1976年(昭和51年)4月3日まで放送されたNHK連続テレビ小説第16作。NHK大阪放送局制作第2作目。

特徴[編集]

原作は田辺聖子の小説「甘い関係」。ヒロインは地元大阪出身の秋野暢子が務めた。大阪を舞台に、あるOLの日常を描いた作品。中田喜子も元々大阪弁のキャラクターであったが、練習するも上達しなかったため「あなたは標準語でいきましょう」と言われて共通語の役となったと2014年11月25日放送の『スタジオパークからこんにちは』で証言した。

本番組の時代設定は、前番組の『水色の時』に続いて現代(1975年前後)である。

またオープニングには、アントニオ・ヴィヴァルディの『四季』の春の第1楽章をポップス調に編曲したものが使われた。これも従来の路線と比して新機軸であった。

撮影方法は「ドラマの原点に戻る」をコンセプトに1本分15分をカメラを止めずに最初から最後まで、場面の順番どおりに撮影する方法がとられている。つまり場面移動も俳優がセット上で着替える、撮影中に別セットでは朝食を夕食に換える、効果音、音楽も同時録音するなど、不手際があると最初から全部撮影し直すことになった。放送期間が半年体制となって初のNHK大阪放送局制作となる。

1975〜76年の平均視聴率は39.6%、最高視聴率は44.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[3]

2008年時点でNHKに第1話、第18話、第54話と最終話が現存していた。また、NHKアーカイブスに視聴者から送られたものが数本保存されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
おはようさん