おていちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
連続テレビ小説 > おていちゃん
連続テレビ小説
通番 題名 放映期間
第20作 風見鶏 1977年10月3日
- 1978年4月1日
第21作 おていちゃん 1978年4月3日
- 9月30日
第22作 わたしは海 1978年10月2日
- 1979年3月31日
おていちゃん
ジャンル ドラマ
原作 沢村貞子
脚本 寺内小春
出演者 友里千賀子
荻島真一
長門裕之
日色ともゑ
萩尾みどり
坂東八十助
中村智太郎
古手川祐子
ナレーター 相川浩
時代設定 大正初期〜終戦直後
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1978年4月3日 - 9月30日
放送時間15分
回数全156[1]
テンプレートを表示

おていちゃん』は、1978年昭和53年)4月3日から9月30日まで放送されたNHKの「連続テレビ小説」第21作目。

特徴[編集]

一人の女性が、悩み、傷つきながらも、自分の幸せを手に入れるまでを描く。女優・沢村貞子の半生記[2]

連続テレビ小説」(朝ドラ)で実在する女性の生涯、半生をモデルにするのは『いちばん星』以来である。モデルが存命な作品としては『おはなはん』以来2作目であった。また、物語の舞台が東京都のみなのは『あしたこそ』以来であり、朝ドラが半年体制なってからは初めてである[3]

映像の現存状況[編集]

本番組は第1話、第2話、第4話、第5話、第12話、第20話、第21話、第26話、第30話、第45話の冒頭5分と最終話がNHKに残されている[4][5]。2021年に一般視聴者によって第78話、第79話、第81話、第82話、第84話、第96話がNHKに提供された[5]

NHKではマスターテープが失われた過去の放送番組の収集(制作関係者や一般視聴者らへのビデオテープ提供の呼びかけなど)を進めている[6]

放送ライブラリーでは第1回が公開[7]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

視聴率[編集]

1978年の平均視聴率は43.0%、最高視聴率は50.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2015年春の特集 こんな番組探しています! - NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト
  2. ^ 『映画情報』第43巻第5号、国際情報社、1978年5月1日、 44 - 45頁。NDLJP:10339927/44
  3. ^ 「NHK放送史『朝ドラ100』」の「ご当地マップ」を参照。
  4. ^ NHKクロニクル | NHKアーカイブス” (日本語). NHKクロニクル. 2022年1月29日閲覧。
  5. ^ a b NHK. “1978年 朝ドラ『おていちゃん』6話分発掘!” (日本語). NHK番組発掘プロジェクト通信. 2022年1月29日閲覧。
  6. ^ NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト
  7. ^ a b c d e f g h i j k 放送ライブラリー program番号:177838
  8. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
おていちゃん