カムカムエヴリバディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カムカムエヴリバディ
ジャンル テレビドラマ
原作 藤本有紀
原案 藤本有紀
藤本有紀
演出 安達もじり
橋爪紳一朗
松岡一史
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 昭和 - 令和
製作
制作統括 堀之内礼二郎
櫻井賢
プロデューサー 葛西勇也
橋本果奈
齋藤明日香
撮影地 日本の旗 日本 京都府
日本の旗 日本 岡山県
日本の旗 日本 大阪府
製作 NHK大阪放送局
放送
放送局 NHK総合
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2021年秋 - (予定)
放送時間 月曜 - 金曜 8:00 - 8:15(予定)
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
テンプレートを表示

カムカムエヴリバディ』は、2021年度後期放送のNHK連続テレビ小説」第105作として、同年秋から放送予定の日本テレビドラマ京都岡山大阪を舞台に、昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの100年におよぶ家族の物語をハートフルコメディとして描く。藤本有紀[1][2]

製作[編集]

2007年度後期放送の連続テレビ小説第77作『ちりとてちん』の脚本を手掛けた藤本有紀によるオリジナル作品である。福井県が舞台の同作の撮影当時にNHK福井放送局にてディレクターを務め、藤本の執筆した台本を目にして「そのあまりの面白さに衝撃を受け」「いつかきっと藤本さんと一緒にドラマを作ろう」と夢見ていたという制作統括の堀之内礼二郎の指名により、2度目の連続テレビ小説への起用となった[1]

題材となる「NHKのラジオ英語講座」は藤本が「いつか2度目の連続テレビ小説を書かせていただく機会に恵まれたなら、きっと書こう」として温めていたもので、1925年大正14年)の日本のラジオ放送開始とともに始まった英語講座の歴史を紐解くことはそれにまつわる百年の物語を見つけて紡ぎ上げることと同義であり、自然な成り行きとして3世代のヒロインの物語という発想に至ったという。作品名は、1946年から1951年にかけてNHKラジオ第1放送で放送され「カムカム英語」として親しまれた語学番組『英語会話教室』の主題歌「Come, Come, Everybody」(童謡証城寺の狸囃子」の替え歌。作詞は平川唯一)から採られている[1][3][4]

3名のヒロインは連続テレビ史上初であり、3名のヒロインの少なくとも1名は2020年夏頃に開催予定の出演者オーディションによって決定し、同年冬頃の発表を予定している[1][2]

撮影は2021年春頃のクランクインを予定している[1]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

安子(やすこ)
祖母。
戦争により夫と死別し、娘を残して渡米する。
るい
母。
親と英語を憎んで育つも、ジャズソングによって道を切り開く。
ひなた
娘。
時代劇の世界に憧れつつ、紆余曲折を経てラジオ英語講座に居場所を見出す。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
NHK総合テレビ 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
カムカムエヴリバディ
-