あしたの風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あしたの風』(あしたのかぜ)は、壺井栄による日本短編小説。また、これを表題作とした短編小説集。

本作を原作として、2度テレビドラマ化された。

概説[編集]

短編としての『あしたの風』は戦後に入ってすぐの時期において『小学五年生』(小学館刊)に掲載されたとされる児童文学ジャンルの短編小説である。将来の姿を悲観することなく「現在」に地に足をつけて生きる母子の姿を描き出した作品。のち、1958年新潮社より本作を表題作とした短編集の単行本が出版された。

なお、後にNHKにて制作された「連続テレビ小説」(後述)は、原作そのもののボリュームの不足から、短編集に同時収録されていた同作者による複数作の短編を元に、脚本家である山下与志一らの手によってストーリーラインおよびテーマそのものが再構成されたため、内容が大幅に改変されたものになったとされる。

あらすじ[編集]

戦災母子家庭で育つ夏子は、最近、雨が降ると機嫌が悪くなることが多かった。なぜなら、それまで履いていた長靴を弟に譲ってしまったため、夏子の履く長靴がなかったためであった。夏子の家は貧しいので、そう簡単には新しい長靴を買うわけにはいけない。夏子も事情は分かっているし、他にも長靴を持てない子もいるのだが、それでも新しい長靴が欲しいと言って、母を困らせてしまう。

ある朝、新しい長靴が玄関に置かれていた。夏子のためにと、お母さんが新しい長靴を買ってくれたのだった。大喜びの夏子は、今度は雨の日が待ち遠しくなる。そして、しとしと雨の降る日、夏子は胸を張り新しい長靴を履いて学校に向かった。しかし学校で授業を受けている間に、せっかく買ってもらった夏子の長靴はなくなってしまう。誇らしげな夏子を妬んで誰かが長靴を隠して捨ててしまったのか、それとも、勝手に履いて帰ってしまったのか。夏子はびしょぬれになりながら、校内くまなく必死になって探すが、長靴は見つからない。もう誰もいない運動場で、強くなる雨の中、ずぶ濡れになり泣き続ける夏子に、迎えにやって来たお母さんは優しく呼びかける。

長靴を失くした事を泣きじゃくって詫びる夏子を、母はにこやかに笑いながら靴屋に連れて行く。母は夏子のために、靴屋に頭を必死に下げて、もう一度同じ長靴を都合してもらおうとする。裸足の夏子の姿に、事情を慮った靴屋は嫌な顔一つせず、もう一度同じ長靴を都合してくれた。帰り道、余計なお金を使わす事を詫びて心配する夏子に、母は「娘(夏子)にあしたまで泣いた顔をさせるのはしのびない」から気にしなくていいと諭して「あしたはあしたの風が吹く」とにっこり笑うのであった。

テレビドラマ[編集]

1961年・単発[編集]

NHKにおいて1961年5月21日に単発ドラマとして放送。

出演者[編集]

ほか

スタッフ[編集]

  • 脚本:西沢裕子
  • 演出:藤原杉雄

1962年・朝ドラ[編集]

あしたの風
ジャンル ドラマ
放送時間 月曜 - 土曜8:15~8:30(15分)
放送期間 1962年4月2日 - 1963年3月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
原作 壺井栄
脚本 山下与志一
出演者 渡辺富美子
増田順司
ほか
ナレーター 竹内三郎
時代設定 昭和20年代
テンプレートを表示

NHK連続テレビ小説の第2作で、1962年4月2日から翌1963年3月30日までに放送された。

原作は上記の通り短編および短編集であるが、同作者による同傾向のテーマを持つ中短編小説を複数作組み合わせて脚本を筆頭にテレビドラマスタッフ側で物語を再構成し、番組独自の展開を行った結果として“家族制度”を追及した作品として知られている。

NHKには最終話のみ現存する。

この作品から月曜日土曜日の放送、8:15分開始の15分バージョンとなった。15分バージョンはこれ以後定着するようになった。8:15開始は2009年秋の『ウェルかめ』まで48年間続く。また再放送はこの作品から月曜日~土曜日の12時台となったが、当時は12:40~12:55と、現在より5分早かった。12:40開始は1965年の『たまゆら』まで続く。

スタッフ[編集]

  • 原作:壺井栄(「風」「右文覚え書」「母のない子と子のない母と」「あしたの風」「雑居家族」より)
  • 脚本:山下与志一
  • 音楽:斉藤高順
  • 演出:中山三雄
  • 語り:竹内三郎アナウンサー

キャスト[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
あしたの風
NHK 月 - 土8:15 - 8:30枠
あしたの風(本放送)
あかつき
NHK 月 - 土12:40 - 12:55枠
あしたの風(再放送)
あかつき