浅茅しのぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

浅茅 しのぶ(あさじ しのぶ、1925年11月14日[1] - )は、日本女優

大阪府出身[1]。志母沢事務所に所属していた[1]

来歴[編集]

宝塚歌劇団出身(28期生。在団1938年 - 1954年)。同期に1963年から1976年まで月組組長を務めた美山しぐれがいる。宝塚入団時の成績は29人中16位[2]

宝塚歌劇団在団中の1953年6月13日ベルリン国際映画祭に出席のため、山口淑子川喜多長政稲垣浩監督・五所平之助監督とともにドイツへ出発。同年7月29日、稲垣監督と帰国。

1954年1月31日[2]に宝塚を退団。最終出演公演の演目は星組公演『薔薇の大地[2]』である。

宝塚退団後は、映画舞台テレビドラマに出演。

特技は日本舞踊

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • マノン・レスコオ
  • 東京・ニューヨーク
  • ロミオとジュリエット - ジュリエット 役(宝塚歌劇団星組公演)(1950年2月1日 - 2月27日、宝塚大劇場
  • モンテカルロの結婚(宝塚歌劇団星組公演)(1950年6月1日 - 6月29日、宝塚大劇場)
  • 恋は御法度/ヤマ・ローサ(宝塚歌劇団星組公演)(1950年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 虞美人 (宝塚歌劇) - 呂妃 役(宝塚歌劇団月組公演)(1951年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 薔薇の大地(宝塚歌劇団星組公演)(1953年10月1日 - 10月30日、宝塚大劇場)
  • 源氏物語

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本タレント名鑑1993』 VIPタイムズ社、1993年、379頁。
  2. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(監修:小林公一2014年4月1日阪急コミュニケーションズ、p.34)ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]