芋たこなんきん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芋たこなんきん
ジャンル ドラマ
放送時間 15分
放送期間 2006年10月2日 - 2007年3月31日(全151回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
原作 田辺聖子(原案)
脚本 長川千佳子
出演者 藤山直美
國村隼
田畑智子
香川京子
いしだあゆみ
ナレーター 住田功一
オープニング FAYRAYひとりよりふたり
テンプレートを表示

芋たこなんきん』(いもたこなんきん)は、NHK連続テレビ小説2006年度下半期の作品である。シリーズ通算第75作目で、大阪放送局が制作するシリーズでは通算30作目となる。

放送期間は、2006年10月2日 - 2007年3月31日(全151回)。2007年には、衛星第2テレビでゴールデンタイムの19:30-19:45に再放送された。

概要[編集]

脚本は長川千佳子、原案・題字は田辺聖子で、田辺の自伝的ドラマである[1]

舞台は大阪天満商店街である。

歴代の連続テレビ小説は時系列に沿った年代記(主人公の少女時代を初めに描き、大人時代の話をメインに据えるという手法)であったが、本作品では舞台設定を常に「ヒロインの現在」にし、その中に過去のエピソードを織り交ぜていくという連続テレビ小説では珍しい物語構成を採りいれた。基本的に1週間で完結するエピソードを週に2、3本織り交ぜており、途中から見ても楽しめるようになっている。また、土曜日放送の回には、徳永家で料理を食べるシーンが恒例になり、そのうち何回かは料理のレシピも紹介するという、それまでの連続テレビ小説にはない趣向が凝らされた。

ふたりっ子』『やんちゃくれ』『てるてる家族』のように、大阪が舞台の朝ドラと言えば「コテコテな笑い」を描くのが常であったが、本作では極力そのような笑いを排しているのが特徴である。

このドラマは大半が固定スタジオセットで撮影され、ロケが極度に抑えられた。主要な回想シーンは大半がVFXによるCG再現となり、昭和の町並みの場面では、路面電車(大阪市電)のトロリーポールビューゲル架線の接点から火花が飛ぶところまで再現され、夜景では特に映えた。「ウルトライダー」という、ウルトラマン仮面ライダーを合わせた名前のメタルヒーローが登場する挿話があった。ウルトラシリーズから始まる当時の特撮ブームを背景にしている。使用されたコスチュームは同じくNHK大阪制作の『オードリー』の劇中でも使用されていた。

関東地区の2006年 - 2007年の最高視聴率は20.3%[2]、平均視聴率は16.8%であった(ビデオリサーチ調べ)[2]

2017年現在、ソフト化されていない。ソフト化が行われていない作品としては、一番新しい作品である(次作『どんど晴れ』以降は『ウェルかめ』を除き完全版DVDが発売されており、『ウェルかめ』についても総集編のソフト化が行われている)。なお、番組公開ライブラリーでは総集編のみではあるが視聴が可能。

キャスト[編集]

前作の『純情きらり』に引き続き、ヒロインの選定オーディションは行われず、藤山直美が直接キャスティングされている。恒例のヒロイン引き継ぎの「バトンタッチセレモニー」も催されなかった。なお、藤山は当時47歳で「史上最年長ヒロイン」とも呼ばれた[3](「単独主演」では2017年現在でも最年長記録[4])。

一方、このドラマでは異例にも4人もの朝ドラ主役経験者[5]が出演した(『私の青空』の田畑智子、『やんちゃくれ』の小西美帆、『青春家族』のいしだあゆみ、『ふたりっ子』の菊池麻衣子)。また『やんちゃくれ』で小西演じるヒロインの姉役であった高田聖子がゲスト出演し、小西と共演するシーンが設けられるなど、朝ドラファンを意識した演出もなされた。

なお、藤山・國村の名コンビは、1997年にNHKのドラマ新銀河この指とまれ2』、2000年に映画『』でも共演している。また少女時代の町子役を演じた尾高杏奈は、前々作の朝ドラ『風のハルカ』で少女時代のちい役を演じていた。

花岡家[編集]

徳永家[編集]

  • 徳永健次郎(町子の夫)
    • 少年時代 - 永井樹
    • 41歳以降 - 國村隼
  • 徳永喜八郎(健次郎の父) - 小島慶四郎
  • 徳永イシ(健次郎の母) - 岩本多代
  • 徳永昭一(健次郎の兄)
    • 少年時代 - 長江竜馬
    • 昭和40年以降 - 火野正平
  • 徳永晴子(健次郎の妹) - 田畑智子
  • 徳永由利子(健次郎の長女)
    • 昭和38 - 40年(9 - 11歳) - 土岐明里
    • 昭和45年(17歳)以降 - 邑野みあ
  • 徳永清志(健次郎の長男)
  • 徳永登(健次郎の次男)
    • 昭和38 - 40年(6 - 8歳) - 神保守
    • 昭和45年(中1) - 長澤翼
    • 平成3年以降 - 杉浦太雄
  • 徳永隆(健次郎の三男)
    • 昭和38 - 40年(4 - 6歳) - 土井洋輝
    • 昭和45年(小6) - 中村孔哉
    • 平成3年以降 - 平手嶺佑
  • 徳永亜紀(健次郎の次女)
  • 藤木澄子(健次郎の亡き前妻、川野彰子がモデル) - 中井佳代(写真のみ)
  • 清二(由利子の夫) - 中村靖日
  • 東條祥吾(晴子の部下で晴子の夫) - 山口智充
  • 東條の長女 - 小林美稀
  • 東條の次女 - 本田りん
  • 平真佐美(昭一の内縁の妻) - なるみ
  • 徳永花子(清志の妻) - 安田ひとみ
  • 徳永由香(登の妻) - 村中香織
  • 徳永亜佐美(隆の妻) - 羽島百々恵
  • 達夫(亜紀の夫) - 西川浩介

NHK大阪放送会館のアトリウムで2007年2月20日から3月12日まで、スタジオセットの一部が無料公開され、公開されたセットは、徳永家の居間・応接室・町子の仕事部屋・中庭等。

その他[編集]

本作が女優デビュー作となる。なお、劇中で「We Shall Overcome」や挿入歌「大切なもの」をアコースティックギターで弾き語りをしている。
  • 野村寛司(町子の幼なじみで徳一が開いた写真教室の生徒。後にベトナム戦争を取材する報道カメラマンとなる) - 森田直幸(少年時代) → 平田満(昭和45年)
  • 徳一の町内会の仲間 - 酒井くにお・とおる
  • 二ノ宮留夫(町子への弟子入り志望者) - マギー
  • 二ノ宮かなえ(二ノ宮留夫の妻) - 衣通真由美
  • 南野福子(町子に間違われる漫才師) - 天童よしみ
  • 小柳(南野福子のマネージャー兼所属事務所の社長) - 鈴木ヤスシ
  • マスター(南野福子の出入りするスナック「波止場」のマスター) - 入川保則
  • 堀之内(南野福子の出入りするスナック「波止場」の客) - ぼんちおさむ
  • 坂本(南野福子の出入りするスナック「波止場」の客) - 国木田かっぱ
  • 片桐婦長(町子が入院した浪速大学附属病院の婦長) - 山田スミ子
  • 南野きぬ子(南野福子の母親で健次郎の患者) - 鳴尾よね子
  • 南野麗子(南野福子の娘) - 大西土筆子
  • 畑山耕三(「上方文化」の出版社の社長、雑誌「上方芸能」編集長で立命館大学元教授 木津川計 がモデル) - 平泉成
  • 笑楽亭米春 - 小島秀哉
  • 笑楽亭米三郎(健次郎の医学生時代の知り合いで落語家、米春の弟子) - 曽我廼家玉太呂
  • 吉永東子(着物デザイナー) - 高田聖子
  • エディ・スペンサー(ハリウッド映画の大スターで生き別れになったりんの息子) - チャド・マレーン
  • 田村駒蔵(ツチノコ研究家) - 石橋蓮司
  • 中川利男(ツチノコの目撃者) - 阿南健治
  • 中川伸江(利男の妻でツチノコの目撃者) - 林英世
  • 大村(丹波の村の役場職員) - 西野大作
  • 高橋修(亜紀が好意をよせるクラスメイト) - 森永悠希
  • 田村一郎(田村駒蔵の息子) - 樋口浩二
  • 北野吾郎(編集者・出張中の松岡の代理) - RIKIYA
  • 井村秀樹(有名人のスキャンダル専門の週刊誌「週刊ウォッチャー」記者) - 髙川裕也
  • 矢木沢久米夫(矢木沢純子の父) - 米倉斉加年
  • 新庄尚之(片平鯛子の交際相手) - 山中達矢
  • 引っ越し業者(徳永家へ引っ越してきた和代の引っ越しを請け負う) - 浮世亭いちぢ
  • 毛利医師(脳出血で入院した時の健次郎の主治医) - 嶋田久作
  • 羽田婦長(健次郎が脳出血で入院した病院の婦長) - 湖条千秋
  • 広明(平真佐美の兄) - 小西博之
  • 鮫島(町子の家に迷い込んだ小鳥の飼い主) - 三浦誠己
  • 加藤医師(肺がんで入院した時の健次郎の主治医) - 串田和美
  • 看護婦(肺がんで入院した健次郎担当の看護婦) - 八田麻住
  • 近所の婦人 - 田辺聖子・安宅みどり(矢木沢純子のモデルの秘書さん)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

  • 第5週:町子が招かれる新刊本サイン会の会場の住所が「神戸市中央区」となっているが、神戸市中央区が成立したのは1980年であり、当時は葺合区または生田区であった。また、「すれちがい」で健次郎から町子に婚姻届を出すよう促す会話があったが、モデルとなった田辺聖子は忙しいのを理由に婚姻届を提出しないまま事実婚を通した。
  • 第14週:公式サイトでは当初「年越し…」と記され、後に訂正された。第86回に登場したカチカチボールは万博の年には輸入されておらず、日本で流行したのは翌1971年3月6日に輸入されて以後のことである[1]
  • 第21週:亜紀のクラスメイト高橋修は青いハンカチで顔を拭くという小ネタが使われた。放送当時人気があった斎藤佑樹(当時、早稲田実業高校在学)が高校野球の試合中に青いハンカチで顔を拭いていたことが元ネタである。
放送週 放送日 サブタイトル
01週 2006年10月02日 - 10月07日 ふたり
02週 10月09日 - 10月14日 お祝い!?
03週 10月16日 - 10月21日 かぜひき
04週 10月23日 - 10月28日 しゃべる、しゃべる
05週 10月30日 - 11月04日 すれちがい
06週 11月06日 - 11月11日 思いやる心
07週 11月13日 - 11月18日 おくりもの!?
08週 11月20日 - 11月27日 おおきに
09週 11月27日 - 12月02日 最後の一人まで
第10週 12月04日 - 12月09日 いのり
第11週 12月11日 - 12月16日 おとうちゃん
第12週 12月18日 - 12月23日 おかあちゃん
第13週 12月25日 - 12月28日 年越し しんしんと……
第14週 2007年01月04日 - 01月06日 年明け ほんわかと……
第15週 01月08日 - 01月13日 奄美想いて
第16週 01月15日 - 01月20日 禁じられても……
第17週 01月22日 - 01月27日 しもたっ!
第18週 01月29日 - 02月03日 いつか光が……
第19週 02月05日 - 02月10日 カーテンコール
第20週 02月12日 - 02月17日 ここに花咲く
第21週 02月19日 - 02月24日 子離れ、親離れ
第22週 02月26日 - 03月03日 春のあらし
第23週 03月05日 - 03月10日 山があるから……
第24週 03月12日 - 03月17日 出会い
第25週 03月19日 - 03月24日 お兄ちゃん
最終週 03月26日 - 03月31日 ほな、また!

劇中本[編集]

ロケ地[編集]

エンディング5秒[編集]

エンディングはこれまではドラマに関連した映像資料などを放送したが、この番組では翌日放送分のさわりの部分を取り上げている。(従来からの土曜日の1分間の予告編も継続中)

特別編[編集]

  • 2006年10月9日の本編後(8:35 - 9:20、総合)に「芋たこなんきんスペシャル」(副音声解説なし。ステレオ放送のみ)が放送された。同番組の見どころをまとめ、また収録メイキングなどを交えたものである。
  • 2007年1月3日に「お年玉スペシャル」(8:15-8:44、総合 同上)と題された特番が放送された。案内役は晴れ着姿の田畑智子小西美帆で、収録現場や編集スタジオなどをレポートし、前半の総集編と後半の見どころをまとめて取り上げた。
  • 2007年4月30日 - 5月3日に「総集編」(18:00-18:45、BS2)が放送された。
    • 第1章「スランプとカモカ」4月30日(月) :町子と健次郎の出会いから結婚を決意するまで
    • 第2章「町子てんやわんや」5月1日(火) :矢木沢との出会い、昭一が徳永家を訪れるまで
    • 第3章「奄美想いて」5月2日(水) :喜八郎とイシのエピソード、健次郎が医者になった理由
    • 最終章「夫婦の絆(きずな)」5月3日(木) :子供たちの独立後、晴子の結婚、健次郎の入退院など
  • 2007年5月20日に「思い出スペシャル」(14:00 - 15:49、総合)と題された特番が放送された。もう一度見たい名場面をドラマの原案・田辺聖子のお話を交えて構成。さらに、ドラマの舞台である大阪を小西美帆が、健次郎の出身地である奄美大島岩本多代土井洋輝が旅をした。

脚注[編集]

  1. ^ 原作:田辺・主演:藤山の組み合わせは1979年にNHKの銀河テレビ小説欲しがりません勝つまでは』で先に実現している。さらにこのドラマは『芋たこなんきん』と同じく田辺の自伝的作品という共通項も持ち合わせている。
  2. ^ a b ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ
  3. ^ TVライフ 「宮崎あおい、藤山直美が朝ドラヒロインに」 2005年8月24日
  4. ^ 双子に最年長47歳…朝ドラ異色のヒロインずらり ― スポニチ Sponichi Annex 芸能、2013年11月19日
  5. ^ のちに「カーネーション」で朝ドラ主役を演ずる尾野真千子も出演
  6. ^ 結婚後もオープニングのクレジット苗字は「花岡」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
芋たこなんきん