七尾伶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ななお れいこ
七尾 伶子
七尾 伶子
1955年
生年月日 (1925-01-12) 1925年1月12日
没年月日 (2006-07-02) 2006年7月2日(81歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府
死没地 日本の旗 日本東京都大田区
民族 日本人
職業 俳優声優
配偶者 臼井正明
著名な家族 水木京太(父)

七尾 伶子(ななお れいこ、本名:臼井 伶子(うすい れいこ)、1925年1月12日 - 2006年7月2日)は、日本の女優声優東京都出身。父は大正期の劇作家水木京太。母豊子は浅利慶太の父浅利鶴雄の妹。夫は俳優臼井正明

来歴・人物[編集]

東京府立第三高等女学校(現・東京都立駒場高等学校)在学中の1942年NHK東京放送劇団に一期生として入団。ラジオドラマ「君の名は」に出演するなど声優の草分けとして活躍。1956年、フリーに[1]

その後も「赤ひげ」、「」などの黒澤明監督作品に出演するなど映画、テレビ、舞台などで幅広く活躍。1976年からは劇団文学座に在籍していた。

テレビ草創期を舞台とした黒柳徹子原作の映画「トットチャンネル」(1987年)に登場する中野瑛子は彼女がモデルである。

2006年7月2日午後0時44分、肺梗塞のため東京都大田区の病院で死去。享年81。

1952年、ラジオドラマ「時計」で第7回芸術祭奨励賞受賞[2]。1993年、映画「病院で死ぬということ」で日本映画批評家賞激励賞[3]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞人物データベース
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報

関連項目[編集]