セルマ・リッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セルマ・リッター
Thelma Ritter
Thelma Ritter
The Mating Season』(1951年)予告編より
生年月日 (1902-02-14) 1902年2月14日
没年月日 (1969-02-05) 1969年2月5日(66歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 ブルックリン
死没地 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 舞台、映画
活動期間 1947年 – 1968年
配偶者 ジョセフ・モラン(1927年 - 1969年)

セルマ・リッター(Thelma Ritter, 1902年2月14日 - 1969年2月5日)はアメリカ合衆国女優

生涯[編集]

ニューヨークブルックリンに生まれ。幼い頃から演劇に興味を持ち、小学校時代から舞台に立っていた。ハイスクールを卒業後、AADA(アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ)で本格的に演技を学ぶ。舞台でさまざまな経験を積んだが、一時引退し子育てに専念した。

1940年代に仕事を再開し、ラジオで活躍するようになる。映画初出演は1947年の『三十四丁目の奇蹟』(監督:ジョージ・シートン)で、端役だがプロの注目を集めた。翌1949年の『三人の妻への手紙』(監督:ジョゼフ・L・マンキーウィッツ)ではかなり重要な役が与えられ、さらに同監督の『イヴの総て』(1950年)でアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた。

裏窓』(監督:アルフレッド・ヒッチコック)の看護婦役など、1950年代から1960年代を通じて個性的な脇役として映画ファンに親しまれた。アカデミー賞のノミネートも通算6回にわたったが、結局オスカーを手にすることはなかった。1957年、ブロードウェイミュージカル『New Girl In Town』に出演したリッターは、共演のグウェン・ヴァードンと共にトニー賞を受賞している。

1969年2月5日、ニューヨークで心臓発作により死去。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1947 三十四丁目の奇蹟
Miracle on 34th Street
ピーターの母親
1949 三人の妻への手紙
A letter to Three Wives
サディ
1950 イヴの総て
All About Eve
バーディー
1952 わが心に歌えば
With a Song in My Heart
クランシー
1953 タイタニックの最期
Titanic
モード・ヤング
拾った女
Pickup on South Street
Moe
1954 裏窓
Rear Window
ステラ
1955 足ながおじさん
Daddy Long Legs
アリシア・プリチャード
テキサスの白いバラ
Lucy Gallant
モリー
1956 誇りと冒涜
The Proud and Profane
ケイト・コナーズ
1959 波も涙も暖かい
A Hole in the Head
ソフィー
夜を楽しく
Pillow Talk
アルマ
1961 荒馬と女
The Misfits
イザベル・スティアーズ
ママは二挺拳銃
The Second Time Around
アギー・ゲイツ
1962 終身犯
Birdman of Alcatraz
エリザベス・ストラウド
西部開拓史
How the West Was Won
アガサ
1963 恋のクレジット
For Love or Money
クロエ
パリが恋するとき
A New Kind of Love
レーナ
女房は生きていた
Move Over, Darling
グレイス・アーデン
1965 ボーイング・ボーイング
Boeing (707) Boeing (707)
バーサ
1967 ある戦慄
The Incident
バーサ・ベッカーマン

外部リンク[編集]