三人の妻への手紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三人の妻への手紙
A Letter to Three Wives
監督 ジョセフ・L・マンキーウィッツ
脚本 ジョセフ・L・マンキーウィッツ
ヴェラ・キャスパリー
製作 ソル・C・シーゲル
出演者 ジーン・クレイン
リンダ・ダーネル
アン・サザーン
カーク・ダグラス
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 アーサー・C・ミラー
編集 J・ワトソン・ウェッブJr
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年1月20日
日本の旗 1950年5月9日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

三人の妻への手紙』(A Letter to Three Wives)は、1949年アメリカ映画

作品概要[編集]

コスモポリタン誌に掲載されたジョン・クレンプナー原作の『五人の妻への手紙』を映画化したもの。

主な出演者[編集]

ストーリー[編集]

話の舞台はニューヨーク近郊のベッドタウン。今日は5月の第2土曜日、子供の為のボランティア活動として子供達とピクニックに出かけようと遊覧船に乗船する直前に三人の妻達:デボラ(ジーン・クレイン)、ローラ(リンダ・ダーネル)、リタ(アン・サザーン)の元に街でうわさの美女アディ(セレステ・ホルム、※声のみ)からの「拝啓、親愛なる三人の皆様へ。<中略>あなた方のご主人(ジョージ:カーク・ダグラス、ポーター:ポール・ダグラス、ブラッド:ジェフリー・リン)の内の一人と駆け落ちします。」と女文字で書かれた手紙が届けられる。内容に動揺し、真相を確かめたかった彼女らだが、遊覧船は船着場を離れていってしまう。

三人の妻達はそれぞれ最近の夫婦関係を思い起こして、アディと駆け落ちするのは自分の夫ではないか、と思い当たるエピソードがあり、それぞれにエピソードを詳しく回想し始める・・・。

エピソード[編集]

  • 原作は『五人の妻への手紙』であるが、映画では三人の妻だけの話に変更された。
  • ザ・シンプソンズ』シーズン21の第21話「駆け落ちするのは誰?:Moe Letter Blues」は、男女を交換した本作のパロディ・エピソードとして作られている。

受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]