探偵スルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
探偵<スルース>
Sleuth
Lord Olivier 10 Allan Warren.jpg
主演のオリヴィエ(本作の楽屋にて撮影)
監督 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
脚本 アンソニー・シェーファー
原作 アンソニー・シェーファー
『探偵<スルース>』
製作 モートン・ゴットリーブ英語版
製作総指揮 エドガー・J・シェリック
出演者 ローレンス・オリヴィエ
マイケル・ケイン
音楽 ジョン・アディソン英語版
撮影 オズワルド・モリス
編集 リチャード・マーデン
製作会社 Palomar Pictures
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年12月10日
日本の旗 1973年5月19日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
イタリア語
テンプレートを表示

探偵<スルース>』(たんていスルース、原題: Sleuth)は、1972年アメリカ合衆国イギリスミステリ映画ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ監督の最後の作品で、出演はローレンス・オリヴィエマイケル・ケインなど。 アンソニー・シェーファートニー賞受賞の舞台『探偵<スルース>』(原題: Sleuth)をシェーファー自らの脚本で映画化。 なお、原作舞台劇が2007年に『スルース』として再映画化された際には、本作に出演したマイケル・ケインが逆の役で再出演している。

ストーリー[編集]

著名なミステリー作家のワイクは、妻の不倫相手で美容師のティンドルを自宅に呼びつけた。不倫の追及を受けるものと思っていたティンドルだったが、ワイクは「浪費家の妻にはほとほと困り果てていた」「私にも素敵な愛人がいる」と切り出し、自宅の金庫に保管している宝石を泥棒に扮して盗んで欲しいと言い出した。宝石には盗難保険がかかっているため、双方に利益があるという言い分であった。あまりにも虫の良い話だったが、金銭的に厳しいティンドルはワイクの筋書きどおりに、珍妙な手順で宝石を盗み始める。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 監督賞 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ ノミネート
主演男優賞 ローレンス・オリヴィエ
マイケル・ケイン
作曲賞 ジョン・アディソン
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 ローレンス・オリヴィエ 受賞
エドガー賞 映画賞 アンソニー・シェーファー 受賞

出典[編集]

外部リンク[編集]