野郎どもと女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野郎どもと女たち
Guys and Dolls
監督 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
脚本 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
ベン・ヘクト[1]
原作 デイモン・ラニアン
The Idyll of Miss Sarah Brown
Blood Pressure
ミュージカル脚本
ジョー・スワーリング英語版
エイブ・バロウズ英語版
フランク・レッサー(作詞)
ガイズ&ドールズ
製作 サミュエル・ゴールドウィン
出演者 マーロン・ブランド
ジーン・シモンズ
フランク・シナトラ
音楽 フランク・レッサー
撮影 ハリー・ストラドリング
編集 ダニエル・マンデル
製作会社 サミュエル・ゴールドウィン・プロダクションズ
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年11月3日
日本の旗 1956年4月7日
上映時間 150分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,500,000[2]
興行収入 日本の旗 ¥360,000,000[要出典]
テンプレートを表示

野郎どもと女たち』(やろうどもとおんなたち、Guys and Dolls)は1955年アメリカ合衆国ミュージカル映画。監督はジョーゼフ・L・マンキーウィッツ、出演はマーロン・ブランドフランク・シナトラなど。デイモン・ラニアンの2つの短編『The Idyll of Miss Sarah Brown』『Blood Pressure』を原作とするブロードウェイミュージカルガイズ&ドールズ』を映画化した作品である。

ストーリー[編集]

原作舞台劇との違い[編集]

Pet Me Poppa』と『Adelaide』の2曲は原作ミュージカルにはなく、映画版のために作られた歌である[3]。また原作のミュージカルでは、ネイサンは『Guys and Dolls』を歌わないが、映画版ではフランク・シナトラの歌唱パートを増やすためにネイサンも歌うことになった[3]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

エピソード[編集]

ヴィヴィアン・ブレイン英語版スタビー・ケイ英語版B・S・プリイ英語版ジョニー・シルヴァー英語版は原作ミュージカルでも同じ役を演じている[3]。また、マリリン・モンローがアデレイド役を希望したが、マンキーウィッツ監督は彼女と再び仕事をすることを嫌がり、彼女からの電話を無視した[3]。アデレイド役にはベティ・グレイブルも候補に挙がっていた[3]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、32件の評論のうち高評価は91%にあたる29件で、平均点は10点満点中7.69点となっている[4]

受賞歴[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
第28回アカデミー賞 ミュージカル映画音楽賞 ジェイ・ブラックトン
シリル・J・モックリッジ
ノミネート
美術監督賞 (カラー作品) オリバー・スミス(美術)
ジョセフ・C・ライト(美術)
ハワード・ブリストル(装置)
撮影賞 (カラー作品) ハリー・ストラドリング
衣裳デザイン賞 (カラー作品) アイリーン・シャラフ
第13回ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ジーン・シモンズ
第10回英国アカデミー賞 総合作品賞 ノミネート
最優秀外国女優賞 ジーン・シモンズ

出典[編集]

  1. ^ Guys and Dolls (1955) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2012年6月15日閲覧。
  2. ^ Guys and Dolls (1955)” (英語). IMDb. 2012年6月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e Guys and Dolls (1955) - Trivia” (英語). TCM.com. 2012年6月15日閲覧。
  4. ^ Guys and Dolls (1955)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]