去年の夏 突然に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
去年の夏 突然に
Suddenly, Last Summer
Katharine Hepburn in Suddenly, Last Summer.jpg
キャサリン・ヘプバーン(予告編より)
監督 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
脚本 テネシー・ウィリアムズ
ゴア・ヴィダル
原作 テネシー・ウィリアムズ
製作 サム・スピーゲル
出演者 エリザベス・テイラー
キャサリン・ヘプバーン
モンゴメリー・クリフト
音楽 マルコム・アーノルド
バクストン・オール
撮影 ジャック・ヒルドヤード
編集 ウィリアム・ホーンベック
トーマス・スタンフォード
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年12月22日
日本の旗 1960年3月15日
上映時間 114分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約3,000,000ドル
興行収入 6,375,000ドル(北米市場配給収入)
テンプレートを表示

去年の夏 突然に』(きょねんのなつとつぜんに、原題:Suddenly, Last Summer)は、テネシー・ウィリアムズの1958年の戯曲。映画化は1959年に製作・公開されたイギリスアメリカ合作映画である。

映画化の概要[編集]

1958年オフ・ブロードウェイで初演されたテネシー・ウィリアムズの戯曲の映画化であり、ジョーゼフ・L・マンキーウィッツが監督を務め、エリザベス・テイラーキャサリン・ヘプバーンモンゴメリー・クリフトが主演した。テイラーは同年の『熱いトタン屋根の猫』に続き、ウィリアムズ作品への出演となった。ボーゼ・ハドリー英語版の『ラヴェンダー・スクリーン』(白夜書房)には、本作がアメリカ映画史上初の男性の同性愛者を登場させた映画と書いてある[1]。脚本のウィリアムズとゴア・ヴィダルは、ゲイであることでも知られる[2][3]

セット撮影はイギリスのシェパートン・スタジオで行われている。

ストーリー[編集]

1937年ニューオーリンズ。若い女性キャサリン・ホリー(エリザベス・テイラー)は、従兄弟のセバスチャン・ヴェナブルがヨーロッパでの夏季休暇中に不審な死を遂げた事による、重度の情緒障害で私立の女性精神病院に収容されていた。セバスチャンの裕福な母親ヴァイオレット・ヴェナブル(キャサリン・ヘップバーン)は、息子とその死の裏に隠された好ましからざる真実を否定し、隠匿する努力を惜しまなかった。そのために、彼女は州立病院の責任者であるホックスタドラー博士(アルバート・デッカー)に賄賂を贈り、優秀な若い外科医ジョン・クックロヴィッツ博士(モンゴメリー・クリフト)に姪のキャサリンにロボトミー手術を施してもらい、キャサリンの「卑猥な独り言」から真実が明らかになることを未然に防ごうとした。

クックロヴィッツはキャサリンを訪ね、観察を開始した。クックロヴィッツが彼女にインタビューすると、セバスチャンの死とその後の崩壊につながる特定の出来事を思い出すのに苦労するが、思い出したいと心からの願望を表明した。キャサリンにロボトミーが必要であるとは考えなかったクックロヴィッチ博士は、キャサリンが彼女の恐れを払拭する手助けしようとする。クックロヴィッツは継続的な観察のためにキャサリンを州立病院に移すことに決めた。キャサリンの母親グレース(マーセデス・マッケンブリッジ)と兄弟のジョージ(ゲイリー・レイモンド)が彼女を訪ね、セバスチャンが高額の財産を残していることを明らかにする。しかし、ヴェナブル夫人は相続の条件としてキャサリンを施設に預け、ロボトミー手術実施を許諾することを強要していた。キャサリンは親兄弟が買収されている事を知って、逃亡を試みるが未遂に終わり部屋に戻される。

キャサリンを救う最後の手段としてクックロヴィッツは彼女をヴェナブルの地所に連れて行き、その夏の出来事を思い出すことへの抵抗を克服するため自白剤を投与した。叔母、母と弟、ミス・フォックスヒル(メイヴィス・ヴィラーズ)、ホックスタドラー博士、ベンソン看護士(パトリシア・マーモント)らの聴衆が見守る中、ジャングルのようなパティオでクックロヴィッツは質問を開始する。あの夏、セバスチャンは男たちを引き寄せる餌としてキャサリンを連れて行ったのだった。それまでは母親のヴァイオレットがその役を担っていたが、老いてきたためにキャサリンが代わりに選ばれたのだった。スペインのカベサ・デ・ロボのビーチでキャサリンは水中に引きずり込まれ、白い水着の生地が透けた。思惑通りに隣の公共ビーチから彼女を見守っていた若い男性のグループが近づいてきた。

灼熱のある日、セバスチャンとキャサリンは物乞いの少年たちに悩まされていた。セバスチャンが彼らを拒否すると、彼らは通りを追跡し始める。セバスチャンは逃げようと試みるが、何度も少年たちに群がられる。彼はついに丘の上にある寺院の廃墟の中に追い詰められた。キャサリンは必死に追いかけるが、目に映ったのは男たちに制圧されるセバスチャンであった。彼女が助けを求めて泣き叫ぶ中、彼らはセバスチャンを引き裂き始め、彼の肉を食べ始めた。セバスチャンの死について語るこの時点で、キャサリンは地面に倒れ伏しすすり泣いた。キャサリンの話を聞いたショックでヴェナブル夫人は発狂した。ゆっくりと席から立ち上がってクックロヴィッツの手を取り彼をセバスチャンと呼んだ。ヴェナブル夫人は連れ去られ、クックロヴィッツは回復したキャサリンの手を取り、二人は一緒に家に入った。

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹替の順で表記。

初回放送 - 1970年8月2日(日) NET日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
  • 製作:サム・スピーゲル
  • 脚本:テネシー・ウィリアムズ、ゴア・ヴィダル
  • 音楽:マルコム・アーノルド、バクストン・オール
  • 撮影:ジャック・ヒルドヤード
  • 編集:ウィリアム・ホーンベック、トーマス・スタンフォード
  • プロダクションデザイン:オリヴァー・メッセル
  • 美術:ウィリアム・ケルナー
  • エリザベス・テイラーの衣裳:ジャン・ルイ
  • キャサリン・ヘプバーンの衣裳:ノーマン・ハートネル

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボーゼ・ハドリー「2 このホモセクシュアリティ『去年の夏突然に』」『ラヴェンダー・スクリーン ゲイ&レズビアン・フィルム・ガイド』奥田祐士訳、白夜書房、1993年9月30日、初版、21頁。ISBN 978-4-89367-364-0
  2. ^ ハドリー; 奥田、1993年9月30日、28頁。
  3. ^ モンゴメリー・クリフトも同性愛者として知られ、ジェローム・ロビンズとも関係があった。

外部リンク[編集]