ロザリンド・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロザリンド・ラッセル
Rosalind Russell
Rosalind Russell
The Women』(1939年) 予告編
本名 Catherine Rosalind Russell
生年月日 1907年6月4日
没年月日 1976年11月28日(満69歳没)
出生地 コネチカット州ウォーターバリー
死没地 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1929年 - 1972年
配偶者 Frederick Brisson (1941-1976)
主な作品
映画
ヒズ・ガール・フライデー
ピクニック
メイム叔母さん

ロザリンド・ラッセルRosalind Russell, 1907年6月4日 - 1976年11月28日)は、アメリカ合衆国女優

来歴[編集]

コネティカット州出身。カトリック学校に通った後、ニューヨークのアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アート(American Academy of Dramatic Arts)で演技を学んだ。

ファッション・モデルやブロードウェイでの経験を経た後、ユニヴァーサル映画と契約したが、すぐにメトロ・ゴールドウィン・メイヤーに移り、1934年に映画デビュー。コメディでその持ち味を発揮し、1940年に製作されたハワード・ホークス監督のスクリューボール・コメディヒズ・ガール・フライデー』のヒロイン役は特に有名である。

アカデミー賞ノミネートは4回、ゴールデングローブ賞を5度受賞、トニー賞も受賞しており、映画・舞台の両方で活躍した。

主な出演作品[編集]

  • 悪夢 Evelyn Prentice (1934)
  • 結婚十分前 Forsaking All Others (1934)
  • 春の宵 The Night Is Young (1935)
  • 空の軍隊 West Point of the Air (1935)
  • 無軌道行進曲 Reckless (1935)
  • 支那海 China Seas (1935)
  • 米国の機密室 Rendezvouz (1935)
  • 何が彼をそうさせたか It Had to Happen (1936)
  • 二国旗の下に Under Two Flags (1936)
  • 姫君御満足 Trouble for Two (1936)
  • クレイグの妻 Craig's Wife (1936)
  • 夜は必ず来る Night Must Fall (1937)
  • 結婚スクラム Four's a Crowd (1938)
  • 城砦 The Citadel (1938)
  • ザ・ウィメン The Women (1939)
  • ヒズ・ガール・フライデー His Girl Friday (1940)
  • 風を起す女 What a Woman! (1943)
  • 世界の母 Sister Kenny (1946)
  • 特ダネ女史 A Woman of Distinction (1950)
  • ピクニック Picnic (1955) - キネマ旬報ベストテン第3位
  • メイム叔母さん Auntie Mame (1958)
  • ジプシー Gypsy (1962)
  • 青春がいっぱい The Trouble with Angels (1966)
  • 青春ダイナマイト Where Angels Go Trouble Follows! (1968)
  • 危険な国から愛をこめて Mrs. Pollifax-Spy (1970)

脚注[編集]

外部リンク[編集]